小園海斗はドラフト上位候補!「ハンパないって!」と相手に言われた!

高校野球

夏の甲子園100回大会で注目されている選手のひとりが、報徳学園高校の小園海斗選手です。

走攻守三拍子そろった安定したブレーぶりで、ドラフトの上位候補に挙げられています。

中学時代にも全国制覇を成し遂げている小園海斗選手。

その「ハンパない」能力に迫ります。

プロで活躍している同タイプの選手が何人かいる…

小園海斗選手はドラフト上位候補!

小園海斗選手は、2000年6月7日に兵庫県宝塚市で生まれました。

報徳学園高校3年生の小園海斗選手は、
超高校級の遊撃手として今大会注目されています。

身長は178センチ、体重は79キロ。

抜群の身体能力と技術を持ち、
ドラフト上位候補として注目の存在です。

 

中学時代は全国制覇も果たしています。

鍛冶舎監督が率いていた名門シニア「枚方ボーイズ」でプレーし、U15の日本代表にも選出されました。

またボーイズ選手権大会を2連覇するなど
圧倒的な成績を残します。

枚方ボーイズ時代のチームメートが大阪桐蔭高校の藤原恭大選手で、二人は1・2番コンビを組んでいました。

 

藤原恭大選手の記事も合わせてどうぞ♪
⇒ 藤原恭大の兄との悲しいエピソードや特徴はこちら

 

中学卒業後、小園海斗選手は
現在所属する報徳学園高校に進学します。

報徳学園は兵庫県の野球名門校で、
彼の実家から近く、小園海斗選手は
子供のころから報徳学園にあこがれていたそうです。

 

そして中学時代と同じくU18の日本代表に、
なんと高校2年生の時から選出されます。

そしてその2年生時には選抜甲子園に出場し、
チームはベスト4に進出。

 

初戦の多治見高校戦で小園海斗選手は
ホームランを打っています。

 

今回の第100回大会にももちろん出場しており、
活躍が期待されています。

小園海斗選手は走攻守の三拍子そろった選手で
報徳学園高校の中心選手。

 

西兵庫大会で破れた滝川二高の選手から、
「小園、ハンパないって!」
と言われたそうです。

 

ロシアワールドカップで流行った言葉ですね。

今秋のドラフトの上位候補の逸材であることは
間違いありません!

 

次に小園海斗選手の「走攻守」それぞれの特徴を見ていきます。

野球なら何でもできてしまいそうな小園海斗

スポンサーリンク

小園海斗選手の特徴「守備の名手」か!?

小園海斗選手の特徴を語るうえで1番の注目ポイントは守備力です。

何といっても守備範囲が広いです。

ネット等にも動画が上がっていますが、
とにかく打球に対する1歩目が速いです。

打った瞬間ヒットだという打球に追いつき、
ことごとくアウトにします。

それでいてエラーも少なく、安定感のある守備を披露します。

動きが美しく「華麗な守備」という言葉がぴったりです。

 

プロ野球選手で言えば、
ソフトバンクの今宮健太選手をほうふつとさせます。

少し前の時代でいえば、
中日で活躍した立浪和義さんのようなタイプでしょうか。

 

ふたりとも決して大きな選手ではありませんが、
長く安定して高いレベルでプレーする選手です。

彼らと同様に、小園海斗選手は高卒でプロに行ったとしても
十分に通用する守備力を持っているのではないでしょうか。

 

ぜひ一度、生か動画で彼のプレーを見ていただきたいです。

 

そして、広い守備範囲を可能にするのが走力です。

1塁までの塁間タイムは4秒前後で、
これは速い部類であると言えます。

また、凡打時もヒット時もカバーリング時も
全力疾走を怠らないところが、
彼のすばらしさを表しています。

 

打撃面では、シュアな打撃が売りです。

体格が大型ではないので、長距離砲ではありませんが
インサイドアウトの美しいスイングから鋭い打球を連発します。

左打ちですが左投手を苦にする様子もなく、
広角に打ち分けることができます。

 

また長距離打者ではないものの、
スタンドインする力は十分にあり、
ホームランも期待できる打者です。

 

一つ課題を上げるとすれば、木製バットへの対応でしょうか。

2年生時のU18世界選手権では、打撃面で苦労をしている様子はありました。

もちろんミート力は素晴らしいものがあるのですが、
なかなか鋭い長打を打つことはできていませんでした。

 

この課題をクリアすると、さらに成長できるのではないでしょうか。

体作りも課題かもしれませんね

小園海斗はドラフト上位候補まとめ

小園海斗選手の特徴として、

  • プロレベルの守備力に安定した脚力
  • 全力疾走を怠らないひたむきな姿勢
  • 広角に鋭い打球を放つことができる打撃

どれをとっても「超高校級」という言葉が
ぴったりとあてはまります。

その実力は下級生の時から、プロのスカウトに注目されるほどです。

 

U18の世界選手権では2年生時からレギュラーに選ばれるなど、同世代の中では抜きんでているものがあります。

間違いなく、今秋のドラフト会議で指名される逸材といえます。

小園海斗選手もプロ野球選手になりたいと考えていて、
おそらくプロの道へ進むことは間違いないでしょう。

私も彼にはぜひ、プロの道に進んでほしいと思います。

 

小園海斗選手は、ソフトバンクの今宮健太選手をほうふつとさせる守備力ですが、現時点では今宮健太選手のような抜群の肩力があるわけではありません。

将来像は巨人の坂本勇人選手や、広島の菊池涼介選手といったところでしょうか。

プロ野球の世界には、素晴らしい遊撃手が数多くいます。

個人的には、大学や社会人の道に進むよりはいち早くプロ野球の道に進み、見本となる選手を見つけその選手の背中を追いかけ、素晴らしい選手に成長してほしいと思います。

現時点での課題は、木製バットへの対応です。

金属バッドで広角に長打を打つことはできているので、同じことが木製バットでできればプロで頭角を現すのも早くなるでしょう。

その前にまずは今回の夏の甲子園100回記念大会。

報徳学園高校としても小園海斗選手としても
去年の選抜甲子園以来の1年半ぶりの甲子園となります。

攻守に存在感を示し、チームとともに活躍することを期待しましょう。

 

甲子園でも
「小園ハンパないって!」
と呼ばれるぐらい暴れてほしいですね。

大阪桐蔭と報徳学園の対決が見たい!


最後までごらんいただきありがとうございます!

ハロ男

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

当サイトでは今後もスポーツの興味深い新しい情報を配信していきます♪

 

今回の記事の感想やご意見などございましたらコメント欄よりコメントをいただけたら嬉しいです!

 

LINE@にてお友達登録していただければ、いち早く情報をお届けできますので、よろしければ下のボタンからお友達登録をよろしくお願いいたします!

 

友だち追加