柿木蓮の最速や球種・投球スタイルは?ヤンキーとのウワサがあるが…

柿木蓮

大阪桐蔭高校のピッチャー、柿木蓮投手。

昨年の夏も甲子園のマウンドに立ち、今回の第100回大会でも活躍が期待されています。

強豪校の大阪桐蔭高校の選手ということもあって、柿木蓮投手は中学時代から注目の選手でした。

もちろん投手として注目されていたのですが、「ヤンキー」といった意味深なウワサが柿木蓮投手には出てきます。

一体どういうことなのでしょう?

この記事では、

・柿木蓮投手プロフィール
・柿木蓮投手の最速や球種・投球スタイル
・柿木蓮がヤンキーでキャッチャー?その真相とは?

についてお伝えします。

柿木蓮投手が、優勝を目指す大阪桐蔭高校の
カギを握る選手であることは間違いありません!

もちろん今秋のドラフトの上位指名候補!

スポンサーリンク

柿木蓮投手プロフィール

柿木蓮投手は2000年6月25日生まれの18歳。

体格は181cm、85kgの右投右打です。

佐賀県多久市出身で、小学校2年生時から多久北部少年野球部で野球を始め、中学生時代は佐賀東松ボーイズでプレーしました。

柿木蓮投手は中学生時代にはすでに最速142kmを投げていたほどの速球投手で、三振を取りまくっていました。

そして、中学3年生の夏には日本代表メンバーに選ばれて、世界少年野球大会にも出場しています。

超中学級だった柿木蓮

 

この実績を大阪桐蔭高校の西谷浩一監督に見込まれて、柿木蓮投手は大阪桐蔭高校に進学します。

柿木蓮投手は、大阪桐蔭高校打線の9番に入ることが多いです。

大阪桐蔭高校の投手は、ふだんは5番ショートを守る「二刀流」根尾昂選手と、柿木蓮投手の2枚看板で、さらに身長190cmの長身左腕、横川旋投手が控えています。


スポンサーリンク

柿木蓮投手の最速や球種・投球スタイル

柿木蓮投手は、がっちりした体格から投げ下ろすストレートの威力が最大の特徴です。

ストレートの最速は148kmで、ふだんストレートは130km台後半から140km台前半です。

球速150kmを超える高校生投手がゴロゴロいる現代野球で、柿木蓮投手の球速はものすごく速いわけではありません。

しかし、回転のいい重い球を投げていると感じます。

変化球の球種としては、120km台の縦横2種類のスライダーに130km台のフォーク、100km台のカーブです。

柿木蓮投手は、高校生では球種の多い部類のピッチャーといえます。

投球スタイルとしては、
力強いストレートを中心に
変化球をおりまぜたピッチング
勝負します。

柿木蓮投手は制球力が抜群で、1試合における四死球は2~3、失点は0~2と抜群の安定感を誇っています。

2年生夏の大阪大会での奪三振率は驚異の11.08という数字をたたき出しました。

2年生秋の大会では大阪桐蔭高校とならぶ大阪の強豪・履正社高校に2失点完投勝ち。

そして、近畿大会決勝の智辯和歌山戦では
完封勝ちをおさめています。

また、投手ということであまり話題にされることはありませんが、実は50mを6秒2の数字で走る脚力を誇っています。

実は足が速い選手が多い大阪桐蔭

 

大阪桐蔭高校には柿木蓮投手以外にも
才能あふれる選手が多くいて、
また投手というのもあって目立ちませんが
これは野手の走力としても一流の数字です。

史上初の2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭高校にとって、柿木蓮投手がキーマンの1人になることは間違いありません。

柿木蓮投手に加えて、
走攻守にレベルの高い能力を持つ根尾昂選手。

この強力な2枚看板を擁する大阪桐蔭高校が、
第100回記念大会の優勝候補筆頭です!

暑さも懸念されるので、3人ピッチャーがいるのは心強いですね。

柿木蓮がヤンキーでキャッチャー?その真相とは?

https://twitter.com/marvin2100nao/status/1009221781922574336

柿木蓮投手については、
「ヤンキー」とか「キャッチャー」とか
ネット上でウワサになっています。

まず「ヤンキー」についてですが、
特にそういった過去があるという事実はなく、
単に柿木蓮投手の地元・佐賀県での
ウワサ話程度のことと考えられます。

なんでこんなウワサが出た?

 

次に「キャッチャー」についてのウワサですが、
これについても事実確認はできませんでした。

現在のポジションがピッチャーでキャッチャー出身の選手と言うと、メジャーリーガー田中将大選手が有名です。

そういうこともあって「元々キャッチャーだったが強肩に目をつけられてピッチャーになった」というエピソードかと思いました。

しかし、実際には2年生の春の選抜の時に背番号2番で出場したということで、これがキャッチャーだと誤解されたのかもしれません。

この時は正捕手の岩本選手が怪我をしていたために、調子がよかった柿木蓮投手が背番号2で登録されたということでした。

柿木蓮投手は、中学生の時にすでに最速142kmを投げるほどの投手でした。

大阪桐蔭高校の西谷浩一監督は、
柿木蓮投手をスカウトするために
佐賀県の山道を何度も登っていった
というエピソードが残っています。

柿木蓮投手は3年生の春の選抜の初戦で、自身の出身である佐賀県の伊万里高校と対戦していますが、圧巻のピッチングで全く相手を寄せ付けませんでした。

これほどの投手であるのに野球のエリート揃いの大阪桐蔭高校ではほかにも素晴らしい選手がいるため、柿木蓮投手は「大エース」というわけではありません。

しかし、柿木蓮投手の躍動感にあふれ、
力強いピッチングが第100回記念大会で見られると
期待しています。


スポンサーリンク


ハロ男

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

当サイトでは今後もスポーツの興味深い新しい情報を配信していきます♪

 

今回の記事の感想やご意見などございましたらコメント欄よりコメントをいただけたら嬉しいです!

 

LINE@にてお友達登録していただければ、いち早く情報をお届けできますので、よろしければ下のボタンからお友達登録をよろしくお願いいたします!

 

友だち追加