武尊選手のトレーニングメニューは?筋肉のムキムキ具合がハンパない!

注目の格闘家であり人気急上昇中の武尊ですを知っていますか?

現在は、あのK1のチャンピオンでありイケメンと鍛えられたボディで人気です。

最近は、格闘家の枠を越え、テレビや雑誌などメディアに取り上げられています。

特にあのSASUKEに出場して活躍しましたから、知名度もぐんぐん伸びているのです。

そんな武尊選手のトレーニングやプロフィールなどを詳しく調べてみました!



武尊選手のトレーニングメニューとは?

武尊は、K1選手ですから毎日のジムワークがトレーニングの中心になります。

キックボックサーは、朝のランニングから始まりその後にジムワークが、始まります。

  • 縄跳び
  • シャドーボクシング
  • ミット打ち
  • サンドバッグ
  • スパーリング

というのがベーシックなジムワークになります。

例えばミット打ちですが3分間打ちまくりますから、有酸素運動と無酸素運動と筋力トレーニングの効果があります。

武尊選手の無駄な脂肪がついていない身体は、こういうジムワークから作られているのです。

しかし一流選手になるとこれだけでトレーニングは、終わりません。

ウェイトトレーニングなどを中心にやるのですが、武尊選手のトレーニングは独特です。

武尊選手曰く、あのSASUKEに出場してからトレーニングに変化が現れたようです。

SASUKEに出場して格闘技と違う筋肉が使われることを知り、トレーニングに取り入れたそうです。

ジムの天井から吊るしたロープを腕だけで登ったり。

ジムの壁を腕力だけ平行移動したり。

懸垂や逆立ちやマット運動したりなどSASUKE流トレーニングを取り入れているのです。

このトレーニングを始めてから、違う筋肉も鍛えられ筋力のバランスが良くなったのです。

あのK1でのパフォーマンスには、武尊流の筋バランストレーニングの成果と言えるでしょう。



武尊選手ってどんな人?

武尊選手は、現在26歳で現役のK1チャンピオンです。

ただのチャンピオンではなく三階級制覇しているのでトップスターといえるでしょう。

プロになってからは、若手の時に一敗しただけでその他は負けしらずです。

これだけ強い武尊選手ですが高校時代に出場したK1甲子園では、まさかの予選敗退しています。

その悔しさから上京してチャンピオンにまで上り詰めた努力家でもあるのです。

武尊選手は、K1のリングでは無敵となり階級を上げても連勝していますから相手がいない状況です。

軽いクラスながらKO率の高さも武尊選手の人気の秘密でもあります。

ファンとしては、他団体の神童!と言われる那須川天心選手との激突が期待されています。

武尊選手から目が離せません!

武尊選手のムキムキ筋肉のハンパない画像!

まとめ

武尊選手の強さの秘密といえるトレーニングについて詳しく調べてみました。

K1選手である武尊選手のトレーニングは、他のスポーツのトップ選手と比べても質が高いのがわかりました。

武尊選手も格闘家としてもアスリートとしても、もっとメジャーになる!と宣言しています。

来年あたりには、スーパースターになるような予感もします!