ハリルホジッチを続投したほうがいいのはなぜ?3つの理由と反応まとめ

サッカー

ハリルホジッチを続投したほうがいいのはなぜ?3つの理由と反応まとめ

ロシアワールドカップまで3か月を切り、「ハリルホジッチ解任か?」とウワサされています。

2010年の南アフリカワールドカップの時も同様に、サッカー日本代表はワールドカップ直前まで迷走してました。

ハリルホジッチは解任したほうがよいという声もあるなか、続投を支持する声も多くあるのが事実です。

ここでは、なぜハリルホジッチを続投したほうがいいのか?

その理由3つについてシェアします。



ハリルホジッチを続投したほうがいいのはなぜ?

ベクトルの向きが本番までにそろう可能性あり!

ハリルホジッチ監督は少なくともアルジェリア代表監督としてワールドカップ史上初のベスト16に導いた実績の持ち主だ。

そして忘れてならないのは、今の日本代表選手の個人の力は、日本では有名な選手が海外でなかなか出場機会を得られないことからもわかる様に、明らかに世界の一流国に対して大きな開きがあることだ。

今は昔に比べて個人の力は明らかに劣化している。

ハリルホジッチ監督は身体能力の高い国々でサッカーを選手として、監督として経験してきた。

今の日本の選手の能力では緻密な戦術や戦略よりも、どんどん縦パスを使って洗練されていない方法、運任せでも、とにかく試合に勝っていくための泥臭さが必要だ。

そんな意識をチーム全体に浸透させて、ベクトルを合わせるためにハリルホジッチ監督は試合をこなし、練習させているのだろう。

これをマスコミ向けのインタビューで語ったところで何の得にもならないし、むしろ被害の方が多いだろう。

監督の考え方を理解している選手は実際にチームから外れたことはめったに無い。

代表チームメンバーが決定してからワールドカップ本選が始まるまでの短い期間に監督が狙うベクトルの向きがきれいにそろってチームが化ける可能性もあるはずだ。

だからハリルホジッチ監督を続投させて最後まで結果を確認しながら、日本代表の本当の力を分析していかなければならない。

残念なのは、各チームの利害関係や選手間のチームに残れるのかという不安をマスコミが煽るために、なかなか日本代表としてのベクトルがそろわないことに尽きる。



解任しても代替案がない!

ワールドカップ第二次予選のシンガポール戦でのまさかの引き分け(0-0)。

そして最終予選でのアラブ首長国連邦での敗戦(1-2)の時もハリルホジッチ監督を解任すべし、という話は熱を帯びました。

そして、今回の2試合の強化試合の結果、1敗1分けという芳しくない結果に終わり、さらに解任の話は高まってきました。

結果が出ていない以上、解任の話は仕方無いのは理解します。

ただ現状、ハリルホジッチ監督は解任すべきではない、と考えます。

その一番の理由は、ワールドカップを6月とあとわずか3カ月前になって代替案がない、と言う点が挙げられます。

今、解任するのであれば、チーム力を絶対に現状より高められる人材の配置が必要です。

ただ、強化試合は国内でのガーナ戦(5月30日)のみです。

この一試合でしか新体制での試験はできません。

これまでに新しい体制を整え、本番に臨む、というのは無謀な賭けだと思います。

「相手の裏をかけ」といってもできていない等の戦術上の問題も有ると思います。

ただ、いまだに本田、長谷部、長友などのベテラン頼りで選手個々の能力がそれ程上がっていない以上、多少戦術が変わっても結果はそれ程変わらないと思います。

それであれば、現状の戦術をできる限り高める、ということに注力をしたほうが良いと思います。

解任は逆に混乱を招くだけ!

ロシアW杯は6月に迫っています。

直前の仮想敵国相手の親善試合は残念ながら1分1敗に終わりました。

親善試合はあくまでも本番前の確認的な位置付けであって、成績が悪かったからと言って落胆する必要はありません。

むしろ課題が明確になったという意味では試合を行ってよかったということになるのではないでしょうか。

現在に日本代表はベテランと若手の組み合わせのチームとなっています。

前回までに活躍した本田選手、香川選手、岡崎選手が準レギュラー的な存在になりつつある中で、長谷部選手や今回は出場していなかった吉田選手はいまだにチームの中心となっています。

完全にベテランをベンチに追いやる若手が出てきていないので、混在した状態は仕方ないと思われます。

ただ以前の日本代表ではワンタッチやツータッチでの見事なパスワークでゴールに迫っていましたが、最近の試合はそれが見られません。

フィジカルに弱い日本はまともに相手選手と対峙すると負けてしまいます。

それをカバーするのが相手選手に付かれる前にパスを出してしまうという手法です。

これが十分に機能しなければ敵にボールを奪われたり、パスミスからの逆襲を喫してしまいます。

あと少しで本番ですが、合宿を何度も行い十分にパスワークが機能するようにしてほしいです。

ハリルホジッチ監督を今解任すると混乱を招くだけです。

ここまで任せてきた監督なので、本番までは信用しましょう。

本来なら外国人監督よりもむしろ日本人のことが良く分かった日本人監督がいいと思います。

ロシアの予選リーグにおいて「ハリルホジッチ監督で良かった」と思える試合をしてほしいです。

ネット上の反応

まとめ

ここではサッカー日本代表・ハリルホジッチ監督を続投したほうがいい3つの理由についてシェアしました。

続投すべき理由は、

  1. ベクトルの向きが本番までにそろう可能性あり!

  2. 解任しても代替案がない!

  3. 解任は逆に混乱を招くだけ!

この3つです。

サッカーワールドカップは4年に1度のビッグイベント。

ハリルホジッチの理想とするサッカーで日本代表は予選と突破することができるのでしょうか?

日本国民をガッカリさせない試合を見せてほしいと切に願います。

8年前の南アフリカワールドカップの時のような、下馬評を覆す活躍に期待します。





最後までごらんいただきありがとうございます!

ハロ男

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

当サイトでは今後もスポーツの興味深い新しい情報を配信していきます♪

 

今回の記事の感想やご意見などございましたらコメント欄よりコメントをいただけたら嬉しいです!

 

LINE@にてお友達登録していただければ、いち早く情報をお届けできますので、よろしければ下のボタンからお友達登録をよろしくお願いいたします!

 

友だち追加