WBSSの賞金額がスゴイ!2018年の日程や出場選手をまとめてみた!

ボクシング

WBSSは「ワールドボクシングスーパーシリーズ」の略で、各階級の最強のボクサーを決めるためのトーナメント方式で行われる大会のことです。

昨年2017年は、ボクシングの本場であるアメリカとドイツのプロモーターによって第一回大会が開催され、クルーザー級とスーパーミドル級の2つの階級で試合が行われました。

参加資格は、主要4団体のWBA、WBC、IBF、WBOの4団体の世界チャンピオンと、世界ランキング15位以内にランキングされているボクサーです。

第一回大会は、スーパーミドル級とクルーザー級の2階級で各階級8名ずつビッグネームや世界チャンピオンが出場して大好評でした。

そして、今年2018年の第二回大会では、バンタム級(井上尚弥選手出場)とスーパーライト級で開催されます。


スポンサーリンク

2018年のWBSS開催日程は?

2018年のWBSS開催時期は秋になります。

ただし、時間、開催場所、テレビ放送などの詳細はまだ未定です。

井上尚弥選手が出場する初戦は、ファン・カルロス・パヤノに決定しました。

日程は詳しく分かり次第、ここでご紹介しますね。

WBSSの賞金額は?

WBSSの魅力といえば、やはりその賞金額。

その賞金総額はなんと、5000万ドル!

日本円に換算すると約55億円です。

その賞金総額のうち、優勝者には11億円の賞金が用意されています。


スポンサーリンク

2018年のWBSS出場選手をご紹介!

今年2018年のWBSSに出場する予定の選手をご紹介します。

バンタム級

井上尚弥

現WBA世界チャンピオン。
通称モンスター。
日本人最速で、世界3階級制覇を達成した日本ボクシング界の至宝。
戦績は、16戦16勝14KO無敗。

 

ライアン・バーネット

現WBA世界バンタム級スーパーチャンピオン。
元IBF世界バンタム級チャンピオン。
現在のバンタム級で、最強と言っても過言ではない。
戦績は、19戦19勝9KO無敗。

 

 

ゾラニ・テテ

現WBO世界バンタム級チャンピオン。
通称11秒の男。
バンタム級の世界タイトルマッチの最速記録11秒で勝利したため、11秒の男と呼ばれている。
戦績は、30戦27勝21KO3敗。

 

ファン・カルロス・パヤノ

元WBA世界バンタム級スーパーチャンピオン。
井上尚弥の初戦の対戦相手。
戦績は、21戦20勝9KO1敗。

 

 

ノニト・ドネア

元IBF世界フライ級王者、元WBA世界スーパーフライ級暫定王者、元WBC、WBO世界バンタム級統一王者、元IBF、WBO世界スーパーバンタム級統一王者、元WBA世界フェザー級王者。
世界5階級制覇王者。
戦績は、43戦38勝24KO5敗。

 

エマヌエル・ロドリゲス

現IBF世界バンタム級チャンピオン。
戦績は、18戦18勝12KO無敗。

 

ミーシャ・アーロン

ロンドン五輪銅メダリスト。
戦績は、4戦4勝0KO無敗。

 

ジェイソン・モロニー

IBF世界バンタム級3位。
ロドリゲスの指名挑戦者。
戦績は、17戦17勝14KO無敗。

 

以上の選手がバンタム級から出場予定です。

井上尚弥選手が統一王者になることを期待しています。

 

続いてスーパーライト級の出場予定選手です。

スーパーライト級

 

キリル・レリク

現WBA世界スーパーライト級チャンピオン。
戦績は、24戦22勝19KO2敗。

 

エドアルド・トロヤノフスキー

元IBF世界スーパーライト級チャンピオン。
戦績は、28戦27勝24KO1敗

 

レジス・プログレイス

現WBC世界スーパーライト級チャンピオン。
戦績は、22戦22勝19KO無敗。

 

テリー・フラナガン

元WBO世界スーパーライト級チャンピオン。
戦績は、34戦33勝13KO無敗。

 

ジョシュ・テイラー

ロンドン五輪イギリス代表。
戦績は、12戦12勝11KO無敗。

 

イバン・バランチェック

戦績は、18戦18勝11KO無敗。

 

アンソニー・イギット

戦績は、22戦21勝7KO無敗1分。

 

ライアン・マーティン

戦績は、22戦22勝12KO無敗。

以上の選手がスーパーライト級から出場予定です。

ネームバリューは劣りますが、しっかり実力差が出てきました。

WBSSに対するネット上の反応

ボクシングにWBSS:World Boxing Super Series なんていう魅了的な大会が出来てたんだね。 これぞ本物の世界チャンピオン、って思える大会だね。
WBSS優勝候補の井上尚弥選手 ・ミドル級のMRTさん ・アウェーで防衛を果たしたKMR翔選手 ・米国のリングでガチ強豪相手に復帰戦を行う井岡選手 ・米国のリングで世界王座を戴冠した伊藤選手 海外で名前を轟かせる選手をこれだけ抱えている今のボクシング界って黄金期だよねww
井上尚弥氏、WBSSで対戦相手にファン・カルロス・パヤマ?氏を指名した模様! 流石尚弥氏! 勿論勝ってほしーし、優勝もしてほしー! でも負けてもいーんだよ! 強者とやる心意気が好きなんだよ! 頑張れ! 日本ボクシング史上最高傑作!
井上尚弥。 ロシアであったWBSSの対戦カード抽選会のイベント。 あそこに井上尚弥が立ってた事に感動。 初戦は、パヤノ戦か。 日本ボクシング界史上初めて、本物の世界的スーパースターが誕生するかもしれない。 歴史が生まれる瞬間を見られる幸せ。 試合、待ち遠しいなぁ。
ボクシングのバンタム級最強決定トーナメント、各団体チャンピオンと世界ランカーが8人エントリーしてるのに井上尚弥への掛け金が全体の7割近く占めてるのほんとに草生える(オッズ1.67倍) 相当評価高いな??
普段ボクシングとか見ずにufcとかrizinとかk-1見てるけど、WBSSだけはみる
ボクシングWBSS 開催地は全て入札でやれば良いんじゃないの? 一番利益出せる人に任せれば良いのでは…。
井上尚弥のWBSS一回戦の相手が決まったり、井岡一翔の現役復帰が決まったり、ボクシングの方も色々面白くなってきたな。

 


スポンサーリンク


ハロ男

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

当サイトでは今後もスポーツの興味深い新しい情報を配信していきます♪

 

今回の記事の感想やご意見などございましたらコメント欄よりコメントをいただけたら嬉しいです!

 

LINE@にてお友達登録していただければ、いち早く情報をお届けできますので、よろしければ下のボタンからお友達登録をよろしくお願いいたします!

 

友だち追加