ソラーテが受賞したトニー・コニグリアロ賞とは?癌で妻を失うも好成績を残した!

ソラーテ トニーコニグリアロ賞

阪神タイガースに新加入したヤンゲルビス・ソラーテ選手がかつて受賞した「トニー・コニグリアロ賞」についてシェアしていきます。

打線の起爆剤として期待される阪神タイガースのソラーテ選手は、2016年に「トニー・コニグリアロ賞」を受賞しました。

ソラーテ選手は妻を癌で亡くしており、闘病する妻を支えながらプレーしていました。

このことが「トニー・コニグリアロ賞」の受賞につながっていました。

ガイア
辛い過去があったんだね…阪神で成功してほしい!

ソラーテが受賞したトニー・コニグリアロ賞とは?

ソラーテ選手が受賞した「トニー・コニグリアロ賞」は、難病や逆境を克服した選手に贈られる賞で1990年に制定されました。

年に1人受賞するのが通例(2000、2001年は2人)で、ソラーテ選手は2016年に受賞しています。

 

「トニー・コニグリアロ」というのは1964~1975年までメジャーリーグで活躍した選手で、20歳の時に史上最年少で本塁打王を獲得した経歴をもっています。

ガイア
20歳でメジャーリーグのホームラン王ってヤバイね…

 

しかし、トニー・コニグリアロは1967年に顔面に死球を受け、ほお骨を骨折するというアクシデントに見舞われます。

合わせて網膜も損傷し、翌1968年はシーズンを通してメジャーでプレーすることはできませんでした。

 

再起不能だと思われたトニー・コニグリアロ。

しかし1969年に奇跡的にカムバックし、141試合で打率.255、20本塁打、82打点の成績を残しカムバック賞を受賞しました。

ガイア
精神も相当強かったのだと思う

 

その後、1975年に引退したトニー・コニグリアロ。

37歳だった1982年に心臓発作を発症し、1990年に45歳の若さで亡くなりました。

そのトニー・コニグリアロが大きなケガを克服してカムバックした功績が讃えられ、トニー・コニグリアロが亡くなった1990年に「トニー・コニグリアロ」が制定され、現在に至ります。

 

それでは阪神に入団したソラーテ選手はなぜ「トニー・コニグリアロ賞」を受賞したのでしょうか?

ソラーテは癌で闘病中の妻を支えながらプレーしトニー・コニグリアロ賞を受賞!

メジャー3年目の2016年はサンディエゴ・パドレスに所属していたソラーテ選手。

ソラーテ選手は2016年に109試合の出場ながら打率.286、15本塁打、71打点の好成績を残しました。

ガイア
メジャーでもレギュラークラスの立派な成績だよね

 

しかし、プライベートでは癌で闘病中の妻を献身的に支えていたのです!

チームを離れて愛妻の元へ寄り添う日もあったというソラーテ。

辛い中でもチームの中では明るく振る舞い懸命にプレーしていました。

 

しかし、不幸にもソラーテの妻はその年の9月に亡くなってしまいました。

闘病する妻を支えながらプレーし、不運にも妻を亡くしてしまったソラーテ。

彼自身も辛い気持ちを抱えながらプレーしていたと思います。

しかも愛妻を亡くしてしまった時の悲しみは相当なものだったはずです。

 

そんな中でもメジャーリーガーとして立派にプレーし、好成績を収めたソラーテ。

「逆境を克服した選手」として認められ、ソラーテは2016年のトニー・コニグリアロ賞の受賞者となりました。

 

辛い悲劇に見舞われたソラーテですが、この年に残した成績を見ると立派で相当な精神力の持ち主だと感じます。

阪神での活躍に期待したいところです。

ガイア
まさに不屈の精神

まとめ:ソラーテが受賞したトニー・コニグリアロ賞

ここまでソラーテ選手が受賞したトニー・コニグリアロ賞と、受賞の理由について見てきました。

まとめると、

  • トニー・コニグリアロ賞は難病や逆境を克服した選手に贈られる賞
  • ソラーテは2016年に癌で闘病中の妻を支えながら好成績を残した
  • ソラーテ妻を亡くしたが「逆境を克服した選手」としてトニー・コニグリアロ賞を受賞した

になります。

 

こちらは再婚した妻なんですかね?

手をつないでいて仲良さそう♪

 

ソラーテは阪神への入団に際し、

阪神タイガースと契約することができ、非常に興奮しています。1日でも早く日本に行き、自分が持っているものを全て出してチームに貢献し、チームが日本シリーズに出場できるようにベストを尽くしたいと思います。阪神タイガースのユニホームを着てプレーができることを楽しみにしています。

引用元:日刊スポーツ

とコメントしています。

 

2019年のソラーテはメジャーとマイナーを行き来していました。

ずっとプレーはしていたので、コンディションは整っていると判断されます。

優勝を目指している途中加入ですので、阪神の相当な期待が垣間見えます。

誰も経験していないような困難を乗り越えてプレーしたソラーテは、きっと阪神でも懸命のプレーを見せてくれるはずです。

ガイア
内外野守れるユーティリティープレーヤーなんだね!

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です