「令和元年」夏の甲子園2019年の大分県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の大分県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


スポンサーリンク

「令和元年」夏の甲子園2019・大分県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園大分県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季大分大会、2018年秋季大分大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の大分県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の大分県からの出場校はどこになるのか?

それではまず大分県の出場校予想から見ていきましょう。

 

「夏の甲子園」2019年の大分県出場校の本命は明豊!

本命 明豊
対抗 大分工
情報科学
大穴 大分

 

本命には明豊高校を選びました。

甲子園で2年生ながらエースとして若杉晟汰投手だけでなく、狭間大暉投手、大畑蓮投手、更には怪我から復帰の寺迫涼生投手と、一流の投手が4名もいます。

先の試合のことを考えずに投球ができるという点で、非常に優位だと考えました。

対抗には大分工業を推します。

昨年2年生からエースを務める日高翔太投手は、昨夏、明豊高校を苦しめました。

初戦から明豊高校と当たってしまう組み合わせだったため、成績としては1回戦敗退ですが、明豊高校に延長まで戦わせたというのは強さの表れです。

その日高投手はこの春の大分県大会は同点の9回裏無死満塁でリリーフ登板をし、1点でも与えられたら試合が終わってしまう場面を抑えました。

去年からの成長度は高く、逆転も有り得ます。

穴には情報科学を挙げます。

春の大分県大会は後藤翔太投手、坂本大翔投手、平佐拓海投手の3選手が安定した投球で、準決勝までの4試合を僅か6点に抑えました。

決勝戦こそ、大分工業の打線に打ち込まれましたが、暑い夏は1人で試合を投げ切るのは困難であり、守備が安定していて継投で勝ち上がって行ける学校にはチャンスが高まります。

大穴には大分高校を挙げます。

秋の県大会は接戦をモノにしながら甲子園にも出場しました。

学校初の甲子園出場の2014年以降安定して力があり、経験を活かせれば大分県を制する力は十分にあると考えます。

 

「夏の甲子園」2019年春季大分大会の結果

決勝

大分工 10 – 9 情報科学

準決勝

情報科学 7 – 0 三重総合
大分工 3 – 0 大分舞鶴

準々決勝

大分舞鶴 6 – 4 佐伯鶴城
大分工 12 – 4 鶴崎工
三重総合 6 – 4 中津東
情報科学 2 – 0 日本文理大附

 

「夏の甲子園」2018年秋季大分大会の結果

決勝

明豊 11 – 6 大分

準決勝

大分 2 – 1 日本文理大附
明豊 4 – 3 津久見

準々決勝

日本文理大附 5 – 2 大分工 
津久見 5 – 2 佐伯鶴城
大分 8 – 5 藤蔭
明豊 7 – 0 柳ヶ浦

 

「夏の甲子園」過去5年の大分県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 藤蔭 1回戦敗退
2017 明豊 ベスト8
2016 大分 1回戦敗退
2015 明豊 1回戦敗退
2014 大分 1回戦敗退

 

まとめ

日程的にも余裕がある日程だったとは言え、春のセンバツ甲子園でも3勝を挙げ、ベスト4まで残った明豊高校を本命として挙げます。

しかし、春の県大会等を見ていると、夏の大分県をそこまで楽に制すことが出来るとは言えないでしょう。

上位に挙げた3校はいずれも投手が良く、しっかりと抑えられれば、チャンスはあります。

また、ここ数年大分県勢は甲子園でもあまり勝つことが出来ず、過去10年で明豊高校が出場した3回以外は、7回の1回戦敗退でした。

しかし、春の九州大会は大分から出場した3校がいずれも初戦を突破!

ベスト8に勝ち残る等、県全体のレベルが上がっている感が感じられ、夏の県予選はハイレベルな争いが見られそうです。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の大分県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


スポンサーリンク

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です