「令和元年」夏の甲子園2019年の鹿児島県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の鹿児島県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。

「令和元年」夏の甲子園2019・鹿児島県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園鹿児島県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季鹿児島大会、2018年秋季鹿児島大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の鹿児島県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の鹿児島県からの出場校はどこになるのか?

それではまず鹿児島県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の鹿児島県出場校の本命は神村学園!

本命 神村学園
対抗 鹿児島商
鹿児島実
大穴 鹿児島情報

 

本命には、神村学園高校を推します。

新チーム結成後、秋の鹿児島県大会を制し、この春も危なげない戦いを繰り広げ、鹿児島県大会を制しました。

攻守ともに、頭一つ抜けていると評価をすることができ、夏の大会を制する可能性も高いと言えます。

対抗には、鹿児島商業高校を挙げます。

春の大会では、準決勝では、鹿児島実業高校に完封で敗れましたが、その前の準々決勝までの4試合で44得点をあげ、強い攻撃力を見せました。

更に、準々決勝の鹿屋中央高校戦は3回までに7点を取られ、7-0という劣勢から粘りを見せ、最後はサヨナラ勝ちの結果を収めました。

また、投手陣については継投で勝つのがチームのスタイルです。

暑い夏の大会では、複数の良い投手を要しているチームが有利であり、対抗としてあげました。

大穴には、鹿児島実業高校を挙げます。

秋の大会はあまり見せ場もありませんでしたが、春は安定した戦いを繰り広げました。

決勝戦も6回まで一方的な展開から、粘りを見せて、最後には2点差まで追い上げる粘りを見せており、夏も粘りの試合を見せられれば、可能性は全くないわけではないと思います。

鹿児島情報高校は2年生が中心ながらも、春の県大会はまで進み、力を発揮しました。

まだまだ成長力が期待でき、将来性があります。

チーム全体の底上げが測れれば、チャンスはあるでしょう。

 

「夏の甲子園」2019年春季鹿児島大会の結果

決勝

神村学園 7-5 鹿児島実

準決勝

鹿児島実 8-0 鹿児島商
神村学園 12-6 尚志館

準々決勝

鹿児島実 9-3枕崎
鹿児島商 8-7 鹿屋中央
尚志館 16-4 れいめい
神村学園 11-1 武岡台

 

「夏の甲子園」2018年秋季鹿児島大会の結果

決勝

神村学園 6-0 鹿屋中央

準決勝

神村学園 6-5 鹿児島城西
鹿屋中央 9-8 鹿児島情報

準々決勝

鹿児島城西 4-3 鹿児島商
神村学園 5-0 川内
鹿屋中央 12-7 枕崎
鹿児島情報 4-3 武岡台

 

「夏の甲子園」過去5年の鹿児島県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 鹿児島実 1回戦敗退
2017 神村学園 3回戦敗退
2016 樟南 2回戦敗退
2015 鹿児島実 2回戦敗退
2014 鹿屋中央 2回戦敗退

 

まとめ

秋の大会に続いて、この春も鹿児島県大会を制した神村学園が、改めて夏も大本命であると感じさせる戦いを見せました。

その一方で、秋と春の大会の準々決勝以降の顔ぶれを見てみますと、準々決勝は秋と同じ学校は8校中の4校、準決勝に関してみてみますと、神村学園以外の3校は、秋と春で異なる学校となっております。

つまり、神村学園以外の学校は、実力として大きな差は無いということも言えます。

夏の大会は神村学園のマークは相当キツくなることが予想され、もしも、神村学園がどこかで足を救われるようなことがあれば、大会全体が一気に大波乱となる可能性もあります。

その辺りが見どころになると言えるでしょう。

”薩摩国”の甲子園をめぐる戦いに目が離せません!

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の鹿児島県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です