「令和元年」夏の甲子園2019年の北北海道出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の北北海道出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・北北海道の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園北北海道の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季北海道大会、2018年秋季北海道大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の北北海道の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の北北海道からの出場校はどこになるのか?

それではまず北北海道の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の北北海道出場校の本命は釧路湖陵!

本命 釧路湖陵
対抗 旭川大高
滝川西
大穴 遠軽

 

近年北海道大会では安定した成績を挙げている釧路湖陵を本命としました。

長打力のある打撃陣と積極的な走塁で攻撃力には自信を持っているチームです。

注目は3番を打つ堀海人選手。

ホームランを打てる長打力もありますが、走力アップのためのトレーニングも重ねるなど、仲間も驚くほどの向上心を持った選手です。

釧路湖陵高校は1学年上の先輩が少なく、現チームのメンバーは下級生のときから試合にも出場する機会に恵まれていて、実践慣れしているというのも強みです。

春のセンバツ前には21世紀枠での出場候補にも入っており、文武両道を実践する進学校の一面もあります。

春季北海道大会ではベスト8止まりでしたが、強打に磨きをかけて頂点まで上り詰めてほしい、との期待も込めての本命予想です。

 

対抗には旭川大高校を挙げます。

昨年の第100回夏の甲子園も経験している持丸泰輝君や菅原礼央君といった長打力もあるクリーンアップが攻撃陣を引っ張ります。

昨夏の甲子園メンバーからは漏れてしまいましたが、5番を打つ脇田悠牙君は昨秋から5割の打率を残していて「旭川の安打製造機」と呼ばれています。

個々のレベルアップを図って昨年夏の史上初のタイブレークで敗戦の雪辱をはらしたいところです。

 

 

穴予想には滝川西高校を挙げます。

釧路湖陵高校と同じく文武両道を掲げる公立高校で、春季北海道大会はベスト8まで勝ち上がりました。

チームの強みは「人間力・堅い守備・繋ぐ意識のバッティング」と吉田尚平キャプテン。

冬の間は野球が思うようにできない北海道ですが、逆に基礎体力の向上に努めてきたという滝川西高校野球部。

「全力疾走、全力野球」で2年ぶりの甲子園出場も十分期待できます。

昨秋の北海道大会では初戦で敗れたものの、相手は後に明治神宮大会まで征した札幌大谷高校。

チームの実力は高いレベルにあります。

 

大穴予想に挙げたのは遠軽(えんがる)高校。

注目はチームの4番で扇の要の浅野駿吾君です。

強肩強打の捕手ですが、投手としてマウンドに上がることもできるという異色のキャッチャーです。

しかも最速146kmのストレートを投げ込めるというのですから、相当な野球センスの持ち主だと感じます。

過去の甲子園出場は2013年春のセンバツのみで、夏の甲子園の出場はまだありません。

学校がある遠軽町は野球が盛んな地域で、地元からも大きな期待を寄せられています。

過去4度北北海道大会予選の決勝で涙を飲んでいる遠軽高校。

悲願の夏の甲子園初出場を目指します。

 

「夏の甲子園」2019年春季北海道大会の結果

決勝

苫小牧工業 0 – 7 駒大苫小牧 

準決勝

札幌国際情報 2 – 4 苫小牧工業
札幌第一 9 – 12 駒大苫小牧

準々決勝

札幌光星 2 – 3 札幌国際情報
苫小牧工業 13 – 3 釧路湖陵
滝川西 3 – 7 札幌第一
旭川大高 3 – 6 駒大苫小牧

 

「夏の甲子園」2018年秋季北海道大会の結果

決勝

札幌大谷 9 – 6 札幌第一

準決勝

駒大苫小牧 6 – 7 札幌大谷
釧路湖陵 1 – 5 札幌第一

準々決勝

駒大苫小牧 3 – 0 札幌新川
札幌大谷 5 – 1 白樺学園
稚内大谷 0 – 10 釧路湖陵
札幌第一 10 – 8 旭川大高

 

「夏の甲子園」過去5年の北北海道代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 旭川大高 1回戦敗退
2017 滝川西 1回戦敗退
2016 クラーク国際 2回戦敗退(初戦)
2015 白樺学園 1回戦敗退
2014 武修館 2回戦敗退(初戦)

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

北北海道地域は冬の間は豪雪のため、ボールを使った練習は思うようにできない状況にあります。

ただ、どの学校も冬の間はトレーニングで選手は個々の体力アップを図ります。

かつて南北海道の駒大苫小牧高校が夏の甲子園で2連覇したように、決して「冬のハンデ」があるからといって全国制覇できないわけではありません。

とはいえ、近年の北北海道勢は夏の甲子園での成績は初戦敗退が続き、厳しい結果となっています。

旭川大高などは安定して北海道では強さを発揮していますが、釧路湖陵のような新興勢力も虎視眈々と夏の甲子園を狙っています。

実力が拮抗しているだけに、夏の甲子園の切符を巡る戦いは激しいものとなりそうです。

「雪国パワー」を甲子園でも見たいものです。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の北北海道出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です