「令和元年」夏の甲子園2019年の南北海道出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の南北海道出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・南北海道の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園南北海道の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季北海道大会、2018年秋季北海道大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の南北海道の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の南北海道からの出場校はどこになるのか?

それではまず南北海道の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の南北海道出場校の本命は札幌大谷!

本命 札幌大谷
対抗 駒大苫小牧
北海
大穴 札幌第一

 

まず、本命の札幌大谷高校。

昨年の選抜を賭けた秋季北海道大会で優勝、その後の神宮大会での優勝、そして、選抜での経験が選手を大きく成長させている。

昨年の秋からの実績を考えれば、本命は妥当でしょう。

春季大会では、札幌第一に敗れはしたが、ここ1年の経験と実績でいけば、優勝候補の大本命になります。

 

次に対抗の駒大苫小牧高校。

昨年の秋季北海道大会では準決勝で札幌大谷高校に敗れはしたが、春季北海道大会で優勝。

本来持っている実力を十分に発揮できれば、札幌大谷高校に勝利する可能性は十分にあります。

 

次は、穴の北海高校。

昨年の秋季北海道大会と今年の春季北海道大会には出場していないが、過去に甲子園で準優勝したことや、甲子園への出場回数を考えれば穴予想にきます。

激戦の札幌大会を勝ち抜くことが出来れば、甲子園出場の可能性も十分あります。

 

最後は大穴の札幌第一高校。春の選抜では悔しい結果に終わりましたが、昨年の秋季北海道大会で準優勝、今年の春季大会ではベスト4に入るなど、実力校の1校に挙げられます。

札幌第一は、打線が活発な試合が多く、打ち勝つことが出来れば十分に他の高校に勝って甲子園に行く可能性もあるでしょう。

 

「夏の甲子園」2019年春季北海道大会の結果

決勝

苫小牧工業 0 – 7 駒大苫小牧 

準決勝

札幌国際情報 2 – 4 苫小牧工業
札幌第一 9 – 12 駒大苫小牧

準々決勝

札幌光星 2 – 3 札幌国際情報
苫小牧工業 13 – 3 釧路湖陵
滝川西 3 – 7 札幌第一
旭川大高 3 – 6 駒大苫小牧

 

「夏の甲子園」2018年秋季北海道大会の結果

決勝

札幌大谷 9 – 6 札幌第一

準決勝

駒大苫小牧 6 – 7 札幌大谷
釧路湖陵 1 – 5 札幌第一

準々決勝

駒大苫小牧 3 – 0 札幌新川
札幌大谷 5 – 1 白樺学園
稚内大谷 0 – 10 釧路湖陵
札幌第一 10 – 8 旭川大学

 

「夏の甲子園」過去5年の南北海道代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 北照 1回戦敗退
2017 北海 2回戦敗退(初戦)
2016 北海 準優勝
2015 北海 1回戦敗退
2014 東海大四 2回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

南北海道大会は、各地区の予選から激戦が始まるので、どこの高校が出場してくるかわかりません。

その中でも、今回挙げた高校に私は期待しています。

特に札幌大谷には2期連続で甲子園に行ってもらいたい。

昨年の秋季北海道大会の優勝が運だけでないことを証明してもらいたいです。

また、駒大苫小牧高校は夏の甲子園は10年以上出場していないため、以前優勝したときのような活躍を期待しています。

正直なところ、南北海道の激戦の中で1校の枠を勝ち取るのはとても困難なことだと思うが、各高校の選手に一生懸命プレーしてほしいところです。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の南北海道出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です