「令和元年」夏の甲子園2019年の青森県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の青森県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・青森県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園青森県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季青森大会、2018年秋季青森大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の青森県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の青森県からの出場校はどこになるのか?

それではまず青森県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の青森県出場校の本命は八戸学院光星!

本命 八戸学院光星
対抗 青森山田
弘前東
大穴 聖愛

 

本命:八戸学院光星

優勝候補筆頭は八戸学院光星。秋の青森県大会優勝に加えて、秋の東北大会も優勝して選抜出場と東北の中でも一番実力のある学校です。

今年の春の選抜初戦では、広島代表の広陵高校に手に汗握るシーソーゲームの末、敗れました。

夏はその悔しい思いを返す舞台になりそうです。

チームは強力打線が非常に魅力的です。特に3番武岡選手は少年野球世界大会で日本代表として準優勝に貢献したこともある、野球エリートです。

さらに4番近藤選手、5番大江選手といった長距離をバンバン打てる打者がクリーンナップを任されており、夏も強力打線が中心のチームになってくることは間違いないでしょう。

投手力も基本はエースの後藤投手が試合を任せられる機会が多いです。

速球は130キロ台後半ほとんどですが、打たせて取る投球スタイルでテンポよく投げ込みます。

背番号10の山田投手もゲームメイクできる投手であり、山田投手は最速140キロを超える本格派。

強力打線と2枚の投手力を活かして、甲子園出場をつかみたいところです。

 

対抗:青森山田

春の青森県大会では八戸学院光星との乱打戦を制して、そのまま頂点の座に。

夏は2年ぶりの甲子園出場を目指す青森山田高校が対抗馬です。

注目はエースの堀田投手で、球速は130キロ台中盤ながら春の県大会決勝戦の弘前学院聖愛戦では10個の三振を奪う力投でチームを東北大会へ
導きました。

打撃陣は豪快な光星とは反対に粘り強く、試合を展開していく様子。

春の決勝で、試合を決めたのは代打の西田選手の逆転タイムリーでした。

全力野球の青森山田は、ベンチ入りメンバー全員で勝利を呼び込むことができるかに注目です。

 

穴:弘前東

弘前東高校は、秋の県大会では準優勝、春の県大会では3位と2季連続で東北大会へ進出。

春夏通じて初の甲子園出場を目指します。

1番から9番まで特別長打力があるわけではありませんが、全員がつなぎの意識をもって後ろの打者につなごうとしている姿勢がよくわかります。

特に、春は1番を打った木村選手は出塁率が非常に高く、木村選手が塁に出ることによってチームの勢いがついてきます。

八戸学院光星、青森山田を追う形で夏は楽しみな存在になりそうです。

 

大穴:弘前学院聖愛

近年大きく力を伸ばしてきている聖愛が、春の県大会でも準優勝し、夏の大会へ向けて期待が高まります。

夏の甲子園初出場を果たした2013年は、ベスト16と大健闘しました。6年ぶりの甲子園出場を狙います。

注目は1番を打つ田崎選手。

1年生からベンチ入りを果たして試合にも出場し続けるなど、センス十分の遊撃手で先頭打者としてチームに勢いをつけたいところ。

さらに左腕エース下山もスタミナ十分で、夏の大会に期待がかかります。

 

「夏の甲子園」2019年春季青森大会の結果

決勝

青森山田 3 – 1 聖愛

3位決定戦

弘前東 11 – 4 青森商

準決勝

聖愛 11 – 0 青森商
青森山田 4 – 3 弘前東

準々決勝

青森商 8 – 3 大湊
聖愛 3 – 1 三沢商
弘前東 1 – 0 東奥義塾
青森山田 4 – 1 八戸工大一

 

「夏の甲子園」2018年秋季青森大会の結果

決勝

八戸学院光星 5 – 4 弘前東

3位決定戦

青森山田 15 – 0 八戸工

準決勝

八戸学院光星 17 – 1 青森山田
弘前東 8 – 3 八戸工

準々決勝

八戸工 10 – 6 五所川原商
弘前東 8 – 1 八戸工大一
青森山田 11 – 4 三沢商
八戸学院光星 10 – 0 弘前工

 

「夏の甲子園」過去5年の青森県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 八戸学院光星 2回戦敗退
2017 青森山田 3回戦敗退
2016 八戸学院光星 2回戦敗退
2015 三沢商業 2回戦敗退(初戦)
2014 八戸学院光星 ベスト8

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

青森県の優勝候補は、実力校の八戸学院光星が主体となって展開していくことになると思いますが、対抗馬としてあげた青森山田も、春の県大会では八戸学院光星を破るなど実力が拮抗していることがわかります。

一冬を超えると高校生はかなり成長するものです。

夏に向けて両チームが最高の状態で迎えることができると、夏は面白くなりそうです。

さらに、初出場を狙う弘前東、6年ぶり2度目の甲子園出場を目指す弘前学院聖愛など、2チームを追う両校はともにフレッシュな顔ぶれ。

今年は公立校が優勝候補に名を連ねていませんが、三沢商業や、青森商業といった伝統校の活躍にも期待したいところです。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の青森県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。



いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です