「令和元年」夏の甲子園2019年の岩手県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の岩手県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・岩手県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園岩手県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季岩手大会、2018年秋季岩手大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の岩手県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の岩手県からの出場校はどこになるのか?

それではまず岩手県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の岩手県出場校の本命は盛岡大付!

本命 盛岡大付
対抗 花巻東
大船渡
大穴 専大北上

 

本命:盛岡大付属

優勝候補は昨年秋の岩手県大会で優勝し、東北大会でも準優勝に輝いた盛岡大付属です。

今年春のセンバツにも出場して2回戦まで進出しており、2季連続の甲子園出場を目指します。

注目はエースの阿部投手。身長は166cmながら、コーナーを丁寧につく投球と、変化球を低めに投げ分けることのできるコントロールをもっており、球速以上に球のキレが光る投手でもあります。

センバツ初戦の21世紀枠の石岡一高戦では、延長11回を投げ切るタフネスぶりも披露しています。

小さな大エースの活躍で夏も甲子園出場を目指したいところ。

打者陣は伝統の強力打線が今年もチームの売りで、1番を打つ峰選手から9番の阿部投手までつながりのある打線が武器。

一発長打がクリーンナップからは期待でき、一発でゲームの流れを決めることができる。

そんな強力打線が投手陣を援護して、甲子園出場を目指します。

 

対抗:花巻東

今春の岩手県大会では優勝と、盛岡大付属のあとを追うのが花巻東。

今年の夏もライバル対決が見られそうです。

花巻東は絶対的エースの西舘投手を擁しており、最速147kmの本格派右腕です。

1年生からベンチ入りをするなど期待も高かったのですが、腰痛などで戦列を離れていた期間が長く、実質高校3年のラストイヤーの今年が万全で望める年になります。

打線は例年より劣る部分があり、今年の花巻東は守りと投手のチーム。

2年連続の甲子園出場なるか、帰ってきたエースに期待がかかります。

 

穴:大船渡高校

最速163kmの超高校級右腕、佐々木朗希投手を擁して1984年以来の2度目の甲子園出場を狙います。

佐々木朗希投手の話題がかなり先走っているイメージもありますが、秋の県大会ではベスト4と着実に成績を伸ばして来ています。

打線が貧打なのが心配。県立だけにエースだけのワンマンチームになると岩手大会もベスト4以上の戦いは苦しくなってきます。

なんとか、打線がエースを援護できれば勝機は見えてきますね。

ワンチャンスをものにして甲子園出場をつかみ取ってほしいところです。

 

大穴:専大北上

秋、そして春と安定してベスト4に顔を出している専大北上がダークホース。

2006年以来となる久しぶりの甲子園出場を狙います。

春の3位決定戦でもホームランを放った1番打者の杉田選手から始まるつながりある打線が特徴。

ミスをすくなく最少失点で防げれば、夏の甲子園出場も見えてきます。

 

「夏の甲子園」2019年春季岩手大会の結果

決勝

花巻東 9 – 3 盛岡四

3位決定戦

盛岡大付 8 – 1 専大北上

準決勝

盛岡四 3 – 2 盛岡大付
花巻東 5 – 1 専大北上

準々決勝

盛岡大付 2 – 1 一関学院
花巻東 3 – 1 一関一
盛岡四 6 – 3 久慈
専大北上 8 – 1 久慈東

 

「夏の甲子園」2018年秋季岩手大会の結果

決勝

盛岡大付 3 – 2 花巻東

3位決定戦

専大北上 11 – 10 大船渡

準決勝

花巻東 6 – 4 専大北上
盛岡大付 7 – 5 大船渡

準々決勝

専大北上 4 – 1 千厩
大船渡 4 – 1 黒沢尻北
花巻東 10 – 6 一関学院
盛岡大付 11 – 1 花北青雲

 

「夏の甲子園」過去5年の岩手県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 花巻東 1回戦敗退
2017 盛岡大付 ベスト8
2016 盛岡大付 3回戦敗退
2015 花巻東 3回戦敗退
2014 盛岡大付 3回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

今回の岩手県大会は好投手ぞろいになりました。

盛岡大付属の阿部投手や、花巻東の西舘投手、そして日本人最速高校生の佐々木朗希投手と、他県に類を見ないハイレベルな投手が多いことに注目です。

その中でも、やはり大船渡の戦い方には注目が集まります。

昨年夏の甲子園を沸かせた秋田代表の金足農業を彷彿とさせる、公立校が私学へ挑むというような、サクセスストーリーが生まれるのか目が離せない県大会の一つになりそうです。

実力校の盛岡大付属に、花巻東が軸になると予想しますが、そこに大船渡が参戦することで夏の甲子園の切符を巡る戦いが熾烈を極めます。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の岩手県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。



いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です