「令和元年」夏の甲子園2019年の宮城県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の宮城県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・宮城県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園宮城県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季宮城大会、2018年秋季宮城大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の宮城県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の宮城県からの出場校はどこになるのか?

それではまず宮城県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の宮城県出場校の本命は仙台育英!

本命 仙台育英
対抗 古川
古川学園
大穴 東北

 

 本命には仙台育英高校を選びました。過去5年のうち、3回夏の甲子園に出場しており、新チームでも秋、春共に県大会を制覇、力が一枚上と見ます。エースの大栄陽斗投手は最速145km/hのストレートを投げることが出来、プロからも注目されていますが、春の県大会の決勝はそれ以外にも3人の投手が投げ、4人の継投で強豪の東北に競り勝ちました。複数の投手に目途が立ったことも、夏に向けては好材料と言えます。

 対抗には古川を挙げます。春は準々決勝で東北と当たり、ベスト8に留まりましたが、秋は県準優勝。57年ぶり出場の東北大会でも2勝を挙げ、力があるところを見せました。秋には14点差の大敗を春には4点差まで埋めており、仙台育英に次ぐ候補と見ます。

 穴には古川学園を選びました。春の大会ではベスト8止まりでしたが、エースの佐々木繕貴がここに来て大きく力をつけています。昨年135km/hの球速を、春の大会で146lm/hまで一気に10km/h以上上げました。夏には150km/h超えも可能性があり、そうなれば十分にチャンスがある学校です。

 大穴は東北を挙げます。近年甲子園から遠ざかっていますが、県内では仙台育英に次ぐ伝統校です。昨年11月に監督が代わり、東北高校の主将として甲子園にも出場した経験がある富澤監督が就任しました。そして、春は県準優勝。その勢いで夏を戦えればチャンスは全くなくは無いでしょう。

 

「夏の甲子園」2019年春季宮城大会の結果

決勝

仙台育英 8 – 6 東北

3位決定戦

東北学院 4 – 1 聖和学園

準決勝

東北 6 – 3 東北学院
仙台育英 9 – 2 聖和学園

準々決勝

東北 5 – 0 佐沼
東北学院 6 – 1 古川学園
仙台育英 6 – 2 古川
聖和学園 9 – 3 塩釜

 

「夏の甲子園」2018年秋季宮城大会の結果

決勝

仙台育英 17 – 3 古川

3位決定戦

大崎中央 12 – 5 柴田

準決勝

古川 4 – 0 大崎中央
仙台育英 15 – 0 柴田

準々決勝

古川 4 – 3 東北
大崎中央 12 – 4 仙台城南
仙台育英 5 – 3 東陵
柴田 2 – 1 佐沼

 

「夏の甲子園」過去5年の宮城県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 仙台育英 2回戦敗退(初戦)
2017 仙台育英 ベスト8
2016 東北 1回戦敗退
2015 仙台育英 準優勝
2014 利府 2回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

 かつての宮城県勢は、プロ野球にも多くの選手を輩出している仙台育英高校と東北高校で枠を争っていましたが、近年になってその構図はやや崩れつつあります。それでも、仙台育英の強さは健在であり、今年のチームにも140km/hを超える投手が5人もいて、この仙台育英を中心に、他の各校がどこまで対抗できるかが見どころとなるでしょう。

 そこで注目となるのが、いずれももし優勝となれば初出場となる、古川地区にある2校です。古川高校は惜しくも出場はなりませんでしたが、春の甲子園の選抜大会の21世紀枠にも名前が挙がり、古川学園もドラフト候補の投手がいると、好材料はあります。こういった新興勢力がどこまで戦えるかに注目です。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の宮城県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。



いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です