「令和元年」夏の甲子園2019年の秋田県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の秋田県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・秋田県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園秋田県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季秋田大会、2018年秋季秋田大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の秋田県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の秋田県からの出場校はどこになるのか?

それではまず秋田県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の秋田県出場校の本命は明桜!

本命 明桜
対抗 秋田修英
秋田中央
大穴 横手

 

秋田県は秋季大会、春季大会の両大会で共にベスト8へ勝ち残った高校が明桜と横手の2校だけという、近年稀にみる大激戦の年となりました。

実力伯仲と言えば聞こえは良いかもしれませんが、昨年の金足農と明桜のような頭一つ抜けた高校が無いだけに、他県との実力差が開いてしまった感じが否めません。

 

こうした中で、本命に挙げるのは地区大会・県大会と安定した力を発揮している明桜高校。

 

秋田県内では間違いなく実力ナンバーワンのチームです。走攻守とバランスの取れたチームで、特筆すべき点が無い分チームの団結力で補っています。

とはいえ、選手一人ひとりの個の力は他のチームと比べても見劣りするものではなく、むしろ県内トップクラスの優秀な選手が集まっています。

 

対抗に挙げる秋田修英高校の西岡海斗投手はU-18候補となった左の本格派ですが、まだまだ開発途上で良い時と悪い時の差が大きく、現状ではまだ原石といったところでしょう。

エースの出来次第というリスクはありますが、打力中心のチームでもあるため、勢いに乗った時の爆発力では明桜を上回ること間違いなしです。

 

穴に挙げた秋田中央高校は、長年に渡りあと一歩のところで甲子園に手が届かない悔しい思いをしている高校です。

近年は少々低迷が続いていましたが、今春に7年ぶりの東北大会への切符を手にしました。

 

大穴の横手高校は県内でも指折りの進学校ですが、毎回上位に食い込む実力を持っている古豪で、過去に1度だけ甲子園の土を踏んだ経験があります。

秋田中央、横手のどちらとも際立った選手がいるわけでもなく、明桜と同じくチーム力で補いながら流れをつかんでいくタイプです。

 

あえて4校を挙げるとこのようになりますが、前述のとおり史上稀にみる大激戦の年でありますので、甲子園常連校である秋田商や古豪の秋田、近年安定した実力を発揮している能代松陽、大曲工、角館など、どの高校が勝ち上がっても不思議ではありません。

 

「夏の甲子園」2019年春季秋田大会の結果

決勝

能代 3-6 明桜

3位決定戦

湯沢翔北 0-2 秋田中央

準決勝

能代 5-4 湯沢翔北
明桜 3-2 秋田中央

準々決勝

湯沢翔北 10-3 横手
明桜 8-7 角館
大曲 0-10 能代
大曲工業 2-3 秋田中央

 

「夏の甲子園」2018年秋季秋田大会の結果

決勝

横手 1-8 秋田修英

3位決定戦

秋田 3-4 秋田商

準決勝

秋田 4-6 横手
秋田商 0-7 秋田修英

準々決勝

明桜 1-2 秋田修英
大館鳳鳴 0-3 秋田
秋田商 8-1 能代松陽
横手 5-3 金足農

 

「夏の甲子園」過去5年の秋田県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 金足農 準優勝
2017 明桜 2回戦敗退(初戦)
2016 大曲工 1回戦敗退
2015 秋田商 ベスト8
2014 角館 2回戦敗退(初戦)

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

秋田県は、平成の時代は秋田経法大附(現明桜)のベスト4に始まり、金足農の準優勝に終わった甲子園。

一時は13年連続初戦敗退という不名誉な記録も残しましたが、昨年は金足農が優勝まであと一歩というところまで辿り着き、大いに秋田県を盛り上げました。

 

過疎化の速さが全国一の秋田にとって、高校野球は県民一同が期待する楽しみ・ビッグイベントです。

古くは秋田市以外の高校が出場することが稀だった時代もありましたが、近年では県全域からどの高校が出場しても不思議ではない程レベルが均衡しているため、母校だけではなく居住する近郊の高校への親しみの度合いも増してきました。

 

昨年は金足農業の活躍で大旋風を巻き起こした秋田の高校野球ですが、今年も結果はともかく県内が元気に盛り上がる試合を期待したいものです。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の秋田県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。



いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です