「令和元年」夏の甲子園2019年の山形県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の山形県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・山形県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園山形県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季山形大会、2018年秋季山形大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の山形県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の山形県からの出場校はどこになるのか?

それではまず山形県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の山形県出場校の本命は酒田南!

本命 酒田南
対抗 羽黒
鶴岡東
大穴 山形学院

 

本命には酒田南高校を推します。

昨年の秋の山形県大会王者であり、春は準々決勝止まりでも巻き返しは可能と考えます。

エースの渡辺拓海投手は191cmで113㎏と、100kgを超す巨体から140キロ中盤の速球を投げられるプロでも注目の投手です。

上から投げ下ろすような豪快な投球は、高校生としてはなかなか打つことができず、優勝の有力候補と考えます。

 

対抗には羽黒を選びました。

春の大会は全く良いところがありませんでしたが、秋は準優勝に輝いており期待は持てます。

こちらもエースが注目であり、篠田怜汰投手に注目です。

変化球はまだ粗削りですが、本格派右腕でストレートは2年夏に既に145km/hを記録していました。

今後の成長も期待ができ、昨年の代表校ということも含め、対抗に挙げます。

 

穴には鶴岡東高校を挙げます。

春の大会では、地区予選から毎試合メンバーを変えながら勝ち上がるという選手層の厚さを見せました。

際立った選手はいないものの、総合力が高く、逆転の可能性は十分にあります。

 

大穴として山形学院を推します。

春の大会では競り合いの末、3位決定戦を制し、初の東北大会出場を決めました。

この勢いを持ったままで、夏の大会を迎えられれば一発逆転の可能性がある学校と考えます。

 

「夏の甲子園」2019年春季山形大会の結果

決勝

鶴岡東 11 – 1 日大山形

3位決定戦

山形学院 5 – 4 山形城北

準決勝

鶴岡東 6 – 5 山形学院
日大山形 4 – 0 山形城北

準々決勝

鶴岡東 11 – 2 長井
日大山形 11 – 4 山形市立商業
山形学院 5 – 2 山形南
山形城北 3 – 2 酒田南

 

「夏の甲子園」2018年秋季山形大会の結果

決勝

酒田南 6 – 4 羽黒

3位決定戦

山形城北 8 – 7 山形中央

準決勝

酒田南 10 – 4 山形中央
羽黒 11 – 2 山形城北

準々決勝

山形中央 12 – 2 九里学園
羽黒 3 – 2 日大山形
酒田南 9 – 5 鶴岡東
山形城北 10 – 2 酒田光陵

 

「夏の甲子園」過去5年の山形県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 羽黒 1回戦敗退
2017 日大山形 1回戦敗退
2016 鶴岡東 1回戦敗退
2015 鶴岡東 3回戦敗退
2014 山形中央 3回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

秋の山形県大会を制した酒田南高校、準優勝の羽黒高校は、秋の東北大会でも勝利を上げた2校でした。

しかし、その両校が春は準々決勝までに敗れるなど、秋と春のベスト4に残った学校が全く異なるという、秋から春に向けて勢力の変化が起きたとも言える山形県の勢力図でした。

また、伝統校以外に17年ぶりの春の県大会出場で初めての東北大会の出場を決めた山形学院や、秋と春共にベスト4に残った山形城北といった新興勢力も出てきている点も注目です。

絶対的な大本命と言える学校がいなかったり、秋の県大会で結果を残した学校が第5シード以下に入っているなど、波乱の要素も強いことから、大きな番狂わせが起きることも十分にあり得るでしょう。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の山形県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。



いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です