「令和元年」夏の甲子園2019年の福島県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の福島県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・福島県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園福島県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季福島大会、2018年秋季福島大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の福島県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の福島県からの出場校はどこになるのか?

それではまず福島県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の福島県出場校の本命は聖光学院!

本命 聖光学院
対抗 東日大昌平
ふたば未来
大穴 日大東北

 

本命には聖光学院を挙げます。

春の大会は優勝をした東日大昌平に2回戦で敗れましたが、その東日大昌平にも秋は7回コールド勝ちを収めており、十分に逆転は可能と考えます。

秋は5試合で53得点と1試合平均で10点を上回る強力な打力を見せました。

その打力を夏の大会で見せられれば、夏を制する可能性は高いと考えます。

 

対抗には東日大昌平高校を挙げます。

秋の大会ではコールドで敗れた聖光学院に対し、快勝を見せました。

特別目立った戦力がいるわけではありませんが、決勝の学法石川高校戦では、春の大会初登板となる村上椋音投手が完投勝利を見せるなど、新たな力が見られました。

準決勝の日大東北戦でも3投手を起用する等、複数の計算できる投手がおり、夏の大会は有利に戦えると見ます。

 

穴にはふたば未来を選びました。

震災と原発事故で甚大な被害を受けた双葉郡広野町に2015年に開校したばかりの創部5年目の新勢力ですが、春はベスト4と見事な活躍でした。

特に、準々決勝で破った福島商業は地区予選で、聖光学院に勝った優勝候補であり、初の甲子園の可能性も十分にあります。

 

大穴には日大東北を推します。

甲子園からはしばらく遠ざかっておりますが、聖光学院が出てくる前は福島県内の常連校でした。

新チームになってからは秋に準優勝、春に3位と安定した力を見せており、こちらにも優勝の可能性はあると見ます。

 

「夏の甲子園」2019年春季福島大会の結果

決勝

東日大昌平 2 – 1 学法石川

3位決定戦

日大東北 3 – 1 ふたば未来

準決勝

東日大昌平 11 – 5 日大東北
学法石川 9 – 2 ふたば未来

準々決勝

東日大昌平 7 – 0 相馬
日大東北 4 – 2 学法福島
ふたば未来 5 – 3 福島商
学法石川 4 – 3 福島西

 

「夏の甲子園」2018年秋季福島大会の結果

決勝

聖光学院 15 – 2 日大東北

3位決定戦

福島商 7 – 0 学法福島

準決勝

日大東北 6 – 0 学法福島
聖光学院 9 – 5 福島商

準々決勝

日大東北 1 – 0 磐城
学法福島 7 – 4 湯本
聖光学院 10 – 2 東日大昌平
福島商 4 – 2 学法石川

 

「夏の甲子園」過去5年の福島県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 聖光学院 2回戦敗退(初戦)
2017 聖光学院 3回戦敗退
2016 聖光学院 ベスト8
2015 聖光学院 2回戦敗退(初戦)
2014 聖光学院 ベスト8

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

春の福島県大会はもはや福島県の絶対的な王者とも言える、聖光学院がまさかの2回戦敗退という大波乱が起きました。

しかし、夏の大会を12年連続優勝という結果はダテではないと思います。

逆に敗れたのが甲子園出場権を賭けた夏や秋ではなく、春の大会だったことで、より引き締めて夏に臨めるものと考えます。

そういう意味で考えれば、昨年までと同様に「打倒・聖光学院」を掲げて、各校は挑戦者という気持ちを持って臨むことでしょう。

そこに挑む学校ですが、東日大昌平やふたば未来といった新興勢力も多々出てきています。

こういった学校が春の実績を自信に、どこまで更に力を付けていくか、その辺りが注目と考えます。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の福島県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です