「令和元年」夏の甲子園2019年の東東京出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の東東京出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・東東京の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園東東京の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季東京大会、2018年秋季東京大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の東東京の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の東東京からの出場校はどこになるのか?

それではまず東東京の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の東東京出場校の本命は小山台!

本命 小山台
対抗 関東一
岩倉
大穴 日本ウェルネス

 

本命には小山台高校を挙げました。

私学が圧倒的有利の東京都ですが、この春は甲子園での優勝の経験もある早稲田実業をも破り、ベスト4まで進みました。

注目は、エースの安居院勇源投手です。

169cm、68kgと小柄な体格であり、威圧感などはありませんが、低めを丁寧に付くコントロールの良いピッチャーであり、変化球を有効に使って投球を組み立てられます。

先述の準々決勝の対早稲田実業戦では三度のリードを許す試合ながら粘り強く投げ、勝利を掴みました。

秋は初戦敗退でしたが、冬の間に一気に力を付けた勢いのあるチームであり、このまま夏を制す可能性も十分にあることから、本命といたしました。

 

対抗には関東一高を選びました。

谷幸之助投手と土屋大和投手というタイプの違った2人の投手がおり、春の大会ではほぼ勝ちパターンが確立されていました。

暑さ厳しく、また試合数も多い東東京大会では、1人の投手が完投することは大変なことであり、必然的に複数の投手を要することから、軸となる投手が2人いることは有利と考え、対抗に挙げました。

 

穴には岩倉高校を挙げます。

秋の大会では東海大菅生に惜敗でベスト8止まりでしたが、エースの宮里優吾投手は、最速140km/hという球速以上に威力のある球を投げることが出来ます。

体格が良く下半身が安定しており、夏に向けて更なる成長の可能性も見込めることから穴として評価しました。

 

大穴としては日本ウェルネス高校を挙げました。

目立った実績はありませんが、清水虎雅選手という強力なスラッガーがいます。

秋の大会の目白研心戦で見せた特大ホームランは目を見張るものがありました。チャンスで打点を多く稼げれば一泡吹かせる可能性も十分あると考えます。

 

「夏の甲子園」2019年春季東京大会の結果

決勝

東海大菅生 4 – 3 国士舘

準決勝

国士舘 10 – 3 小山台
東海大菅生 4 – 3 関東一

準々決勝

国士舘 7 – 5 帝京
東海大菅生 12 – 5 日大三
関東一 6 – 3 國學院久我山
小山台 7 – 6 早稲田実業

 

「夏の甲子園」2018年秋季東京大会の結果

決勝

国士舘 4 – 3 東海大菅生

準決勝

東海大菅生 3 – 0 早稲田実業
国士舘 5 – 1 東亜学園

準々決勝

東海大菅生 3 – 1 岩倉
早稲田実業 10 – 1 日体大荏原
国士舘 9 – 1 城東
東亜学園 9 – 7 國學院久我山

 

「夏の甲子園」過去5年の東東京代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 二松学舎大付 3回戦敗退
2017 二松学舎大付 3回戦敗退
2016 関東一 1回戦敗退
2015 関東一 ベスト4
2014 二松学舎大付 3回戦敗退

 

まとめ

東京大会は秋、春共に東東京の学校が決勝戦に残ることが出来ませんでした。

ベスト8に残った学校も、小山台、関東第一、帝京と共に、秋には1校もベスト8に残っていなかった学校です。

この3校が夏の大会を第一、第二シードとして各ブロックに散ることとなりますが、どこの学校も圧倒的な強さは無く、波乱要素は十分にあると考えます。

都立高ながらシード獲得となった紅葉川高校や小松川高校も含め、多くの学校にチャンスがあるという言い方は出来るでしょう。

秋から春にかけて大きく勢力図の変化があったように、この春から夏にかけて、勢いをつけて臨めるチームが甲子園出場権を獲得すると見られ、今後の各学校の成長に期待が高まります。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の東東京出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

6 件のコメント

  • 5月の段階でこの予想はすごいです。7月21日現在、ベスト4です。決勝は小山台―関東一になりそうです。予想が当たるよう祈っています。

    • スポーツマン様。
      こんにちは!
      コメントありがとうございます(^^)

      私もちょっとビックリしてます(笑)
      東京は学校も多くて激戦区なので、
      どこが出てくるかわからないとこありますよね^^;
      東京は大阪や神奈川みたいに強い学校が多いイメージあります。

      今年は波乱がいつもより多い予選になってますが、
      甲子園大会はいずれにせよ楽しみです♪

      またぜひサイト覗きに来てくださいね。
      ありがとうございます(^^)

  • 実は私は小山台のOBなのです。ほとんどの識者?が私立強豪校を候補に挙げ、4,5番手につけ足しで小山台を挙げる方が殆どです。それを正面きって優勝候補に挙げていただき、感激しました。25日準決勝は神宮に応援に行きます。27日に進めれば、後は神頼みです。どうか相手が日大豊山でありますように(笑)。

    • スポーツマン様。

      こんにちは。
      小山台高校のOBさんなんですね!
      それは力が入ります(^^)

      僕は大阪の高校出身ですが、甲子園は今までかすりもしたことないと思います(笑)

      いま見たら小山台高校準決勝も勝ち上がりましたね♪
      決勝戦での健闘を心よりお祈りしております。

  • 小山台は決勝戦で負けましたが、いろんなことを教えてもらいました。グラウンド、練習時間など「ない、ない」尽くしの学校です。でもやればできるの精神で、ここまで来たと思います。
    決勝戦は神宮へ開始の3時間前から行きましたが、1塁側(小山台側)からスタンドが埋まっていきました。学校関係者ばかりでないはずですが、スタンドの一体感はすごかったです。
    このブログ主さんばかりでなく、NHKでも全国?放映され、皆さんに知られたり、応援されたりしたようです。
    いつの日か、私の存命中に甲子園に立てるよう、私も応援しますが、皆様もよろしくお願いします。

    • スポーツマン様。
      こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      応援お疲れ様でした。
      さぞ悔しい思いをされたかと察します。

      ただおっしゃるように、強豪私学ほどの恵まれた練習環境がない中で、安定して東京都の大会で上位に進出している小山台高校は素晴らしいですし、応援したい気持ちにもなります。
      私もツイッターで小山台高校の応援の盛り上がりは見ました。
      自分の母校をあんな盛り上がりの中で応援できることを羨ましく思います。
      今回はあと一歩でしたが、近い将来小山台高校を甲子園で見れることを心待ちにしております。

      引き続きよろしくお願いいたします^_^

  • ガイア にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です