「令和元年」夏の甲子園2019年の神奈川県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の神奈川県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


スポンサーリンク

「令和元年」夏の甲子園2019・神奈川県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園神奈川県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季神奈川大会、2018年秋季神奈川大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の神奈川県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の神奈川県からの出場校はどこになるのか?

それではまず神奈川県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の神奈川県出場校の本命は横浜!

本命 横浜
対抗 東海大相模、桐蔭学園
鎌倉学園、桐光学園
大穴 弥栄

 

神奈川県の夏の大会は日本一の激戦区であり、地方大会にもかかわらず、毎年注目されています。

2019年も各試合、激戦が予想されますが、本命はやはり横浜高校であると予想します。

名門の伝統を受け継ぎ、平田新監督のもと、選手が伸び伸びと成長できる環境で多くのスター候補選手が集まっています。

中でもエースの及川君は、元中学日本代表で、サウスポーであり、さらにストレートの最速も153キロと速く、プロ注目の選手です。

その他にも、元ヤクルトの度会博文選手の息子で元中学日本代表の度会隆輝君、松本君、冨田君と力のある選手が多く、スター軍団です。

今年の選抜では、明豊相手に13-5と大敗を喫したものの、毎年横浜高校は夏までにさらに打撃、投手力を仕上げてくるので最有力校は横浜でしょう。

甲子園の四年連続となる出場なるかが注目されます。

 

対抗は、今年の春季大会を制した東海大相模高校と、去年の秋季関東大会の覇者の桐蔭学院高校です。

毎年、必ず上位まで勝ち上がり、優勝候補に挙げられる二校ですが、東海大相模は名将門間監督率いる、甲子園常連校で、今年も注目選手が多くいます。

中でも西川君は清宮に匹敵するといわれる怪物。今年の夏の活躍が期待されています。

桐蔭学園も、今年の選抜出場校であり、バッティングは森君を中心につながりのある打線で、投手陣はサウスポーの伊禮海斗君を筆頭に控えにも180cmを超える選手が揃い、盤石です。

今年の夏も、上位に勝ち上がるのはこの二校は確実ではないでしょうか。

 

穴として予想させていただいたのは、鎌倉学園、桐光学園の二校です。

こちらも、毎年神奈川大会の上位まで勝ち進む常連高校です。

鎌倉学園は春季大会で、東海大相模に準決勝で善戦し、敗れています。

また、去年の夏は決勝まで勝ち進み、あと一歩のところで横浜に敗れています。

非常に力のある高校でもあるので、この夏はリベンジに燃えているでしょう。

桐光学園も春季大会では、東海大相模に敗れるものの、今年の選抜出場の横浜相手に勝利しています。

桐光学園の中でも、横浜相手に完投、打っては4番でセンターフェンス直撃の打撃を見せた安藤君が、夏に向けどこまで成長してくるか注目です。

 

神奈川の長い夏を勝ち進むのは一筋縄ではいきませんが、大穴に指名させていただくのは公立高校の星、弥栄高校です。

強豪私立が数多くひしめく神奈川県。公立高校はしばらく甲子園から遠のいています。

弥栄高校は、公立高校でありながら、スポーツ科もあり、神奈川の公立の強豪校として知られています。

今年の春季大会でも、横浜高校を相手に0-2と善戦しました。

注目選手は、横浜高校相手に9回8安打自責点2と好投した、河野投手です。

投手の河野君を軸に、夏に向けて打撃が上がっていけば、優勝も十分狙える高校であると考えられます。

 

「夏の甲子園」2019年春季神奈川大会の結果

決勝

東海大相模 6 – 2 桐光学園

準決勝

桐光学園 5 – 3 横浜
東海大相模 4 – 1 鎌倉学園

準々決勝

桐光学園 11 – 0 相洋
横浜 2 – 0 弥栄
東海大相模 12 – 0 藤沢清流
鎌倉学園 4 – 3 向上

 

「夏の甲子園」2018年秋季神奈川大会の結果

決勝

横浜 11 – 2 桐蔭学園

準決勝

横浜 2x – 1 慶応義塾
桐蔭学園 10 – 2 厚木北

準々決勝

慶応義塾 8 – 1 横浜商
横浜 5 – 2 東海大相模
桐蔭学園 7 – 1 光明相模原
厚木北 5 – 4 湘南工大付属

 

「夏の甲子園」過去5年の神奈川県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 慶応義塾(北神奈川) 2回戦敗退
2018 横浜(南神奈川) 3回戦敗退
2017 横浜 1回戦敗退
2016 横浜 2回戦敗退
2015 東海大相模 優勝
2014 東海大相模 2回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

毎年、夏の神奈川県大会は熱戦が繰り広げられ全国から注目が集まります。

平成が終わり、令和へと変わる新たなる時代となる今年の神奈川の夏を制す高校は、果たしてどの高校になるでしょうか。

四年連続での出場を目指す横浜高校か、選抜出場の桐蔭学園か、春季の覇者東海大相模か。

それとも、穴、大穴、はたまた台風の目となるダークホースの高校が現れるのか。

スター候補たちはすでにたくさん出そろっています。

激戦区神奈川を勝ち進み、令和元年の夏の主役となるのはいったいどの高校か。どんなドラマが待っているのか。

今から今年の夏が待ち遠しいですね。

高校生は成長がとても早いものです。

どの高校も夏に向けて練習を重ねて来るため、予想は大変難しいですが、私の予想は以上になります。

高校球児の皆さんは夏に向けて、ケガに気を付けて悔いのないように頑張っていただきたいです!

夏までの各校の動向に目が離せません。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の神奈川県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


スポンサーリンク

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です