「令和元年」夏の甲子園2019年の富山県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の富山県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・富山県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園富山県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季富山大会、2018年秋季富山大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の富山県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の富山県からの出場校はどこになるのか?

それではまず富山県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の富山県出場校の本命は富山第一!

本命 富山第一
対抗 高岡商
高岡第一
大穴 不二越工

 

県大会で最も安定した戦績を誇る富山第一を本命に挙げますが、184cmの長身サウスポーの浜田睦君の投球に注目が集まります。

浜田君のストレートは昨年、2年生の夏になると最速130キロ台半ばまでスピードが出ていて、今夏には140km/k超えを狙っています。

バッターで注目されるのが、一発長打力のある左バッターの辻井廉君です。

 

昨夏甲子園でベスト16に進出した高岡商は、ピッチャーを中心とした堅い守りが健在です。

中でも遠投110mで一発長打力のある堀裕貴君は、投げては140キロ台の速球を投げ込む、筋肉モリモリの二刀流です。

昨年の100回記念大会の1回戦でホームランを放った、井林泰雅君は、県内屈指のスラッガーです。

 

春季県大会優勝の高岡第一は、決勝戦で7点差を逆転しての勝利で、その勢いを夏にも見せつけたいところです。

そんな粘り強いチームを引っ張るのが、強気のピッチングが光るサウスポーの木村太哉君で、中軸を務める打撃にも注目が集まります。

 

ダークスホース的存在なのが、2年春に21回2/3を連続無失点に抑える好投を見せた、清水鴻君擁する不二越工です。

調子が良かった当時のように、左腕から繰り出すキレのあるストレートが決まれば、上記の強豪校にとってもやっかいな存在になりそうです。

 

「夏の甲子園」2019年春季富山大会の結果

決勝

高岡第一 8 – 7 富山第一

準決勝

高岡第一 7 – 0 砺波工(7回コールド)
富山第一 5 – 4 富山国際大付

準々決勝

高岡第一 3 – 0 砺波
富山第一 8 – 1 魚津(8回コールド)
砺波工 2 – 1 未来富山
富山国際大付 9 – 6 富山工

 

「夏の甲子園」2018年秋季富山大会の結果

決勝

富山第一 10 – 6 高岡商

3位決定戦

高岡第一 7 – 1 富山東

準決勝

富山第一 12 – 2 高岡第一(6回コールド)
高岡商 9 – 8 富山東(延長10回)

準々決勝

富山第一 8 – 3 高明
高岡商 14 – 2 不二越工(5回コールド)
高岡第一 14 – 8 富山商
富山東 5 – 1 砺波

 

「夏の甲子園」過去5年の富山県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 高岡商 3回戦敗退
2017 高岡商 2回戦敗退(初戦)
2016 富山第一 2回戦敗退
2015 高岡商 2回戦敗退(初戦)
2014 富山商 3回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

富山県は、秋季県大会優勝で春季大会は準優勝の安定した実績を誇る富山第一と、昨夏の甲子園出場の高岡商の2校が中心となりそうです。

富山第一は、大型サウスポーの浜田君の出来が鍵を握りそうです。

ディフェンス力に毎年定評のある高岡商の今年のチームは、一発長打力のあるタレントが何人かいます。

また、投打の柱である木村君を擁する春季県大会優勝の高岡第一が、横一線で並びます。

2年生の時からレギュラーで活躍する宮腰武君や前田幸輝君と言った注目選手がいる、富山商も優勝戦線に絡む力を十分備えています。

2年春に抜群の安定感を示したサウスポーの清水君擁する不二越工や総合力の高い富山国際大付、2季連続県大会ベスト8進出の砺波も頂点を狙っています。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の富山県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です