「令和元年」夏の甲子園2019年の石川県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の石川県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・石川県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園石川県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季石川大会、2018年秋季石川大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の石川県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の石川県からの出場校はどこになるのか?

それではまず石川県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の石川県出場校の本命は星稜!

本命 星稜
対抗 日本航空石川
小松大谷
大穴 遊学館

 

選手の個々の能力の高さは、全国屈指と言われる星稜を本命に推す声で、ほとんど一致しそうです。

そんなスター軍団を引っ張るのは、今秋のドラフト1位指名候補の奥川恭伸君ですが、最速150km/hを超えるストレートや精度抜群のスライダー等が武器です。

同じくU18高校日本代表候補の捕手の山瀬慎之助君が、豊富な投手陣を引っ張ります。

50メートル走5秒9の俊足の東海林航介君、世代最強のショートと言われる2年生の内山壮真君等の活躍も見逃せません。

 

星稜の方が一枚上と言われていますが、日本航空石川は全国的に見てもトップクラスのレベルのチームです。

昨年の選抜甲子園のマウンド経験があるMax146km/hの重吉翼君、190cmで100kgの147km/hの嘉手苅浩太君の2人のプロ注目の右腕が、打倒星稜に挑みます。

 

上記の2校を追いかける小松大谷のエースの長身左腕の山根滉太君は、昨夏予選から活躍を続け、丁寧に低めに球を集めて打たせて取る投球が信条です。

強打の星稜相手にある程度通用したので、あとは夏までにストレートの精度を上げたいものです。

 

昨秋の県大会準優勝の遊学館は、今年も総合力で上位進出を狙います。

今春の公式戦で3番捕手でスタメンデビューした、新保朋也君の活躍にも期待が高まります。

 

「夏の甲子園」2019年春季石川大会の結果

決勝

星稜 8 – 5 日本航空石川

準決勝

星稜 11 – 1 輪島(6回コールド)
日本航空石川 4 – 1 鵬学園

準々決勝

星稜 6 – 2 小松大谷
日本航空石川 10 – 7 遊学館
輪島 11 – 3 野々市明倫(7回コールド)
鵬学園 5 – 4 北陸学院

 

「夏の甲子園」2018年秋季石川大会の結果

決勝

星稜 7 – 0 遊学館

3位決定戦

小松商 5 – 3 鵬学園(延長11回)

準決勝

星稜 8 – 0 鵬学園(7回コールド)
遊学館 5 – 1 小松商

準々決勝

星稜 13 – 4 金沢
遊学館 6 – 1 金沢泉丘
小松商 5 – 1 金沢商
鵬学園 4 – 0 鶴来

 

「夏の甲子園」過去5年の石川県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 星稜 2回戦敗退
2017 日本航空石川 2回戦敗退
2016 星稜 1回戦敗退
2015 遊学館 3回戦敗退
2014 星稜 3回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

今年の石川県の夏の甲子園予選大会は、星稜と日本航空石川と言った全国屈指のレベルの学校が、大会を盛り上げることになりそうです。

総合力が高いだけでなく、今秋のドラフトの話題の中心になりそうな星稜の奥川君をはじめ、スター選手が多く登場します。

下級生にもいい選手がいるので、一般の高校野球ファンだけでなく、プロのスカウトの人たちも楽しみにしてるはずです。

星稜と日本航空石川が他校を頭二つリードする展開で、小松大谷や遊学館が追いかけます。

一発勝負の夏の大会だけに、金星を挙げるチームが出てきても珍しくありません。

中でも伝統校の金沢や2季連続ベスト4進出の鵬学園の戦いぶりに加え、最速140キロのストレートとスライダーが武器の輪島の川崎俊哲君の投球に期待したいと思います。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の石川県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です