「令和元年」夏の甲子園2019年の山梨県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の山梨県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


スポンサーリンク

「令和元年」夏の甲子園2019・山梨県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園山梨県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季山梨大会、2018年秋季山梨大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の山梨県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の山梨県からの出場校はどこになるのか?

それではまず山梨県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の山梨県出場校の本命は山梨学院!

本命 山梨学院
対抗 東海大甲府
駿台甲府
大穴 甲府工

 

本命は豊富な投手陣を擁し、全国屈指の攻撃力を誇る山梨学院です。

野村健太君と菅野秀斗君は今春の選抜甲子園で本塁打を放ち、1回戦では24得点するなど破壊力を全国に見せつけました。

野村君は「山梨のデスパイネ」と呼ばれる超高校級スラッガーで、今秋のプロ野球のドラフト候補としても有名です。

選抜でもマウンドに立った左右4人の投手がいるので、夏の連戦で有利になります。

 

東海大甲府には、Max140キロ台のストレートが武器の鈴木虎我君と、加藤匠君と言った2人の快足右腕の存在が頼もしいです。

攻撃陣は俊足巧打の齊藤龍成君や広角に打ち分ける打撃センスが魅力の川口航弥君、長打力のあるキャッチャーの関口歩夢君をはじめ、タレントが揃っています。

山梨学院に秋季県大会は準々決勝、春季は決勝で惜しくも敗れた駿台甲府の安定した戦いぶりも光ります。

主将でセカンドを守る杉田大貴君は、公式戦で3試合連続ホームランを放ちました。

 

春季県大会Aシードで登場したのが、緩急をつけたピッチングが持ち味のエース小林駿太君がいる甲府工です。

打撃陣では、声を出してチームを引っ張る主将の中島碧斗君や、元楽天・山村宏樹氏の長男である2年生の山村貫太君に注目が集まります。

 

「夏の甲子園」2019年春季山梨大会の結果

決勝

山梨学院 3 – 0 駿台甲府

準決勝

山梨学院 12 – 2 甲府商(7回コールド)
駿台甲府 7 – 6 東海大甲府

準々決勝

山梨学院 8 – 1 帝京三(7回コールド)
駿台甲府 10 – 0 富士北稜(5回コールド)
甲府商 8 – 5 富士学苑
東海大甲府 6 – 1 都留

 

「夏の甲子園」2018年秋季山梨大会の結果

決勝

東海大甲府 5 – 2 山梨学院

3位決定戦

甲府工 6 – 1 甲府城西

準決勝

東海大甲府 9 – 2 甲府城西(7回コールド)
山梨学院 7 – 5 甲府工

準々決勝

東海大甲府 11 – 4 日本航空(7回コールド)
山梨学院 2 – 1 駿台甲府
甲府工 10 – 8 都留
甲府城西 5 – 1 甲府一

 

「夏の甲子園」過去5年の山梨県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 山梨学院 1回戦敗退
2017 山梨学院 1回戦敗退
2016 山梨学院 2回戦敗退
2015 東海大甲府 3回戦敗退
2014 東海大甲府 1回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

今年の山梨県の夏の甲子園予選大会は、近年県内では他校を頭一つ以上リードする山梨学院と東海大甲府に加え、安定した力を持つ駿台甲府の3校が中心となりそうです。

山梨学院は左右4枚の豊富な投手陣、東海大甲府は2人の速球投手がいる構成でそれぞれ特徴があり、野手は共にタレント揃いです。

この2強の牙城を崩そうとしている駿台甲府は、エースナンバーをつける躍動感溢れる2年生の大須賀秀人君の投球が楽しみです。

また、甲府商に甲府工や甲府城西、甲府一と言った甲府市内の公立高校も県大会で上位に進出しており、地元のファンから甲子園出場の期待も大きそうです。

また、都留のエースの根上真君のストレートと変化球を上手に出し入れする、クレバーなピッチングも見逃せません。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の山梨県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


スポンサーリンク

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です