「令和元年」夏の甲子園2019年の三重県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の三重県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。

「令和元年」夏の甲子園2019・三重県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園三重県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季三重大会、2018年秋季三重大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の三重県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の三重県からの出場校はどこになるのか?

それではまず三重県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の三重県出場校の本命は菰野!

本命 菰野
対抗 津田学園
三重
大穴 海星

 

優勝候補の筆頭に挙げられるのが、既にストレートの最速が150km/hを超えていると言われるプロ注目の本格派右腕、岡林勇希君を擁する菰野です。

阪神タイガーズの西勇輝投手をはじめ、好投手を多く輩出する菰野だけに、投球内容に熱い注目が集まります。

岡林君は打線でも長打力のある大石竜也君等とクリーンアップを組み、攻撃力も高いチームです。

 

対抗する津田学園にも今春の選抜甲子園大会で好投を見せた、岡林君同様に同じくプロ注目の右腕の前佑囲斗君がいます。

140キロ台の速球は、スピードガン以上の表示より早く見え、ピンチになるとギアを一段上げてくる辺りは、如何にもプロ好みのピッチャーです。

前佑君に続く2番手投手の育成と、攻撃力アップで、春夏連続甲子園出場を狙っています。

 

2018(平成30)年の選抜甲子園ベスト4に進出した際に、スタメンに名を連ねた小川尚人君や前出健汰君がチームを引っ張る、三重も虎視眈々と頂点を狙っています。

サウスポーの山下遊聖君や松井健士君の左右の2本柱がいる、投手陣が巻き返しを図ります。

 

ダークホース的存在なのが、下級生の時から注目されている小柄な本格派右腕、川瀬翔理がいる海星です。

171cmで74kgながらストレートに球威があり、スライダーのキレも良くて、1年生大会の時の優勝投手です。

 

「夏の甲子園」2019年春季三重大会の結果

決勝

津田学園 10 – 9 菰野

3位決定戦

津商 5 – 4 いなべ総合

準決勝

津田学園 2 – 1 津商
菰野 10 – 6 いなべ総合(延長13回)

準々決勝

津田学園 10 – 2 近大高専(8回コールド)
菰野 11 – 2 桑名工(8回コールド)
津商 9 – 7 津西
いなべ総合 9 – 7 宇治山田商

 

「夏の甲子園」2018年秋季三重大会の結果

決勝

菰野 10 – 0 三重(5回コールド)

3位決定戦

津田学園 4 – 0 海星

準決勝

菰野 3 – 2 津田学園
三重 8 – 2 海星

準々決勝

菰野 4 – 0 木本
三重 8 – 0 暁(7回コールド)
津田学園 5 – 4 伊勢工
海星 5 – 3 近大高専

 

「夏の甲子園」過去5年の三重県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 白山 2回戦敗退(初戦)
2017 津田学園 2回戦敗退
2016 いなべ総合 3回戦敗退
2015 津商 2回戦敗退
2014 三重 準優勝

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

三重県勢はプロ注目の本格派右腕、岡林君がいる菰野と前佑君がいる津田学園の2校が、現段階で他校を頭一つリードしている感じです。

二人の投手の出来が甲子園に出場出来るかどうか、大きく左右しそうです。

また、総合力で優る菰野に対して、津田学園は如何に攻撃力を高めるか、見ものです。

ここ5年の中で、準優勝経験とベスト4進出の実績を誇る三重は、左右の2本柱の投手陣の投球に注目が集まります。

三重同様同じく名門校の海星は、小気味の良いピッチングの川瀬君が、チームを引っ張ります。

春季県大会でベスト4、3年前の甲子園でベスト16に進出したいなべ総合も優勝を狙っています。

昨年の白山のように、前評判がそれほど高くなかった学校が優勝することもあるので、今年の三重の夏の甲子園予選からも目が離せません。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の三重県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です