「令和元年」夏の甲子園2019年の滋賀県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の滋賀県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・滋賀県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園滋賀県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季滋賀大会、2018年秋季滋賀大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の滋賀県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の滋賀県からの出場校はどこになるのか?

それではまず滋賀県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の滋賀県出場校の本命は近江!

本命 近江
対抗 滋賀学園
八幡商業
大穴 彦根東

 

滋賀県の高校野球は、関西で唯一全国優勝を経験したことがありません。

そのため、「悲願達成」を目標に力を入れる強豪校がいくつか存在します。

2019年甲子園に出場が1番近いのが「近江高校」です。

春季大会では優勝を果たし、昨年の夏の甲子園ではベスト8と実力もあるため、「滋賀県に悲願の初優勝を!」と期待されています。

選手層の厚さも魅力で、県内から県外の上手な選手が集まっています。

2001年の夏には、甲子園で準優勝するなど名門のブルーユニーフォームは健在です。

 

近江高校に次ぐ実力校は「滋賀学園」で、こちらは甲子園の出場経験が2回あります。

県内で安定した成績を残すなど、「打倒近江」を掲げて日々練習に励んでいます。

春季大会では惜しくも決勝で敗れましたが、夏の甲子園目指して応援団も力を入れているようです。

 

そんな2校に、対抗出来る穴として「八幡商業」が挙げられます。

公立の雄として、甲子園ではファンも多い名門です。

過去に夏の甲子園は7回の出場経験があり、私学に対抗するなど実力はあります。

創部が明治時代という伝統は、OBからの指導などもあり今年は甲子園を目標に頑張っているようです。

 

また、大穴として「彦根東高校」を挙げます。

学校の基本は、「文武両道」という県内随一の進学校であり野球部も力を入れています。

過去に甲子園も経験していて、滋賀県で旋風を巻き起こす可能性がある学校です。

 

「夏の甲子園」2019年春季滋賀大会の結果

決勝

近江高校 4-0  滋賀学園

3位決定戦

彦根東 8-7 綾羽

準決勝

近江高校 4-2 綾羽
滋賀学園 5-2 彦根東

準々決勝

近江高校 4-0 滋賀短大付属
彦根東 6-5 光泉
綾羽 6-4 高島
滋賀学園 8-2 北大津

 

「夏の甲子園」2018年秋季滋賀大会の結果

決勝

近江高校 5-1 近江兄弟社

準決勝

近江高校 7-1 滋賀学園
近江兄弟社 12-2 水口

準々決勝

近江高校 8-2 八幡商業
滋賀学園 5-0 草津東
水口 8-0 水口東
近江兄弟社 4-3 高島

 

「夏の甲子園」過去5年の滋賀県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 近江 ベスト8
2017 彦根東 2回戦敗退
2016 近江 1回戦敗退
2015 比叡山 1回戦敗退
2014 近江 3回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

滋賀県の高校野球は、近年は甲子園の成績があまり思わしくなかったのですが、去年の夏は近江高校がベスト8に入る活躍をして地元は盛り上がりました。

2019年の夏は、滋賀県勢として全国優勝を期待する市民も多いはずです。

最有力の高校は近江は力が抜き出ていて、県の大会でも優勝するなど注目されています。

甲子園は、各都道府県の代表が集まる夢の舞台です。

猛練習から努力など、凄いチームや選手は全国にたくさんいます。

滋賀の代表が他県の強豪校に対抗するには、やはりコツコツ野球が上位進出のカギと言えるでしょう。

ホームランを多く打つような強打者は、ほとんど見かけない県なので「繋いで勝つ」「守って勝つ」を基本になるはずです。

熱い夏は、甲子園で快進撃をしてくれる滋賀の高校を応援しましょう。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の滋賀県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です