「令和元年」夏の甲子園2019年の京都府出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の京都府出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。

「令和元年」夏の甲子園2019・京都府の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園京都府の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季京都大会、2018年秋季京都大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の京都府の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の京都府からの出場校はどこになるのか?

それではまず京都府の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の京都府出場校の本命は京都工大京都!

本命 龍谷大平安
対抗 福知山成美
京都国際
大穴 乙訓

 

今春の選抜甲子園大会で優勝候補の一角に挙げられ、本大会でベスト8に進出した龍谷大平安が優勝候補の筆頭に挙げられます。

甲子園でも好投したクレバーなポーカーフェイスの左腕の野澤秀伍君と、球威のあるストレートを投げ込む橋本幸樹君と言った左右の安定した投手を擁しています。

野手では2年生ながらクリーンアップを任され、親子兄弟で甲子園出場の奥村真大君、強肩強打のキャッチャーの多田龍平君をはじめ、タレントが揃っています。

 

同じく今春の選抜甲子園に出場した福知山成美も、総合力や試合巧者ぶりでは龍谷大平安にひけを取りません。

エースの小橋翔大君は抜群の制球力を誇り、スライダーやカーブをコースに丁寧に投げ分けます。

選抜甲子園で3本のヒットを打った3番でショートの東原成悟君や、俊足巧打が光る神内秦君のバッテイングにも注目が集まります。

 

京都府大会で2季連続決勝進出を果たした京都国際は、安定した実績を引っ提げて臨む夏の大会で、初の甲子園出場を狙います。

Max147km/h右腕の酒井海央君の将来性の高さに、プロのスカウト数球団が春季大会に視察に訪れています。

同じくプロが注目する走攻守三拍子揃った上野響平君は、1番ショートで活躍し、高い守備力とチャンスに強いバッテイングが魅力的です。

 

大穴予想の春季京都大会準優勝の乙訓高校には、最速143km/hの速球を投げる、成長著しい本格派右腕の林君がいます。

福知山成美に春季大会で勝利しており、2000(平成12)年に鳥羽高校の主将で、選抜甲子園でベスト4に進出した立役者の一人の市川靖久監督の采配にも注目が集まります。

 

「夏の甲子園」2019年春季京都大会の結果

決勝

京都国際 4 – 3 乙訓

3位決定戦

龍谷大平安 10 – 1 鳥羽(7回コールド)

準決勝

京都国際 8- 7 龍谷大平安(延長11回)
乙訓 11 – 1 鳥羽(6回コールド)

準々決勝

京都国際 11 – 1 北嵯峨(5回コールド)
乙訓 8 – 4 立命館宇治
龍谷大平安 12 – 2 峰山(6回コールド)
鳥羽 10 – 8 立命館

 

「夏の甲子園」2018年秋季京都大会の結果

決勝

福知山成美 4 – 3 京都国際

3位決定戦

龍谷大平安 14 – 2 京都外大西(5回コールド)

準決勝

福知山成美 9 – 5 京都外大西
京都国際 7 – 6 龍谷大平安

準々決勝

福知山成美 5 – 0 京都すばる
京都国際 5 – 1 塔南
龍谷大平安 8 – 6 乙訓
京都外大西 3 – 2 京都翔英

 

「夏の甲子園」過去5年の京都府代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 龍谷大平安 3回戦敗退
2017 京都成章 2回戦敗退(初戦)
2016 京都翔英 1回戦敗退
2015 鳥羽 3回戦敗退
2014 龍谷大平安 1回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

今春の選抜甲子園出場の龍谷大平安と福知山成美が、経験値を含む総合力で2強に挙げられます。

春季京都大会の決勝進出の京都国際と乙訓が、追う展開になりそうですが、実力差は上記2校と比較しても全く遜色がありません。

プロ注目の本格派右腕の酒井君擁する京都国際は、県内では最も安定した戦いぶりを見せており、甲子園初出場が手に届くところに十分位置しています。

昨年の90回選抜甲子園大会で、ベスト16に進出した乙訓が優勝となると、夏の甲子園は初出場になります。

4年ぶりの出場を狙う鳥羽や、春季京都大会でベスト8に進出した立命館宇治の試合にも目が離せません。

龍谷大平安の原田英彦監督の采配や、最速140キロ台半ばの力強いストレート投げる、京都翔英の遠藤慎也君の投球にも注目したいです。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の京都府出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です