「令和元年」夏の甲子園2019年の大阪府出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の大阪府出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。

「令和元年」夏の甲子園2019・大阪府の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園大阪府の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季大阪大会、2018年秋季大阪大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の大阪府の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の大阪府からの出場校はどこになるのか?

それではまず大阪府の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の大阪府出場校の本命は履正社!

本命 履正社
対抗 大阪偕星
近大附
大穴 大商大高

 

本命には履正社を挙げます。

今年のチームはレベルの高い選手が揃っています。

打者での注目は井上広大選手と野口海音選手、共に1年時からレギュラーメンバーとして試合に出ており、長打も打てる大砲です。

春季大会は優勝した大商大高に敗れましたが、十分に巻き返しは可能と見ました。

 

対抗には大阪偕星を推します。

このチームの注目は投手で4番も務める坪井悠太選手です。

セットポジションから最速145km/hのストレートを投げられる上に、縦のスライダー、更にはナックルも投げることができます。

三振も奪える投手であり、守りきって優勝を狙えるチームと考えます。

 

穴には近大附属を選びました。

エースの梅元直哉投手は中学時代から軟式で138km/hの直球を投げており注目されてました。

春季大阪大会では大阪桐蔭を相手に9回を完投し、4安打1失点に抑える投球を見せました。

その試合で無死満塁から力のない3つの連続フライで抑えたように、球速以上の球威がある投手であり、梅元投手の活躍を見越して穴予想とします。

 

大穴には大商大高を挙げます。

今年の春季大阪大会で初優勝した学校で、これまで目立った実績はありませんが、エースが負傷降板した中でも投打がかみ合った見事な戦いぶりでした。

勢いが続けば、夏も十分にチャンスはあります。

経験値の少なさを勢いが上回るか!?注目です。

 

「夏の甲子園」2019年春季大阪大会の結果

決勝

大商大高 8 – 2 箕面学園

3位決定戦

東海大仰星 9 – 1 大体大浪商

準決勝

箕面学園 3 – 2 大体大浪商
大商大高 4 – 0 東海大仰星

準々決勝

大商大高 3 – 2 履正社
箕面学園 5 – 4 上宮太子
大体大浪商 12 – 0 鳳
東海大仰星 4 – 1 近大附

 

「夏の甲子園」2018年秋季大阪大会の結果

決勝

履正社 5 – 2 大阪桐蔭

3位決定戦

大阪偕星 3 – 2 大商大堺

準決勝

履正社 12 – 5 大商大堺
大阪桐蔭 7 – 1 大阪偕星

準々決勝

大阪偕星 4 – 0 大体大浪商
大阪桐蔭 11 – 9 関大北陽
大商大堺 13 – 0 港
履正社 7 – 3 東海大仰星

 

「夏の甲子園」過去5年の大阪府代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 大阪桐蔭(北大阪) 優勝
2018 近大附(南大阪) 1回戦敗退
2017 大阪桐蔭 3回戦敗退
2016 履正社 3回戦敗退
2015 大阪偕星 2回戦敗退
2014 大阪桐蔭 優勝

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

過去5年間で甲子園でも春2回、夏2回の優勝と全国的に見ても、圧倒的な力を持っている大阪桐蔭が秋、春共に大阪大会を制すことができませんでした。

特に春季大阪大会は準々決勝にも進めず、5回戦敗退は16年ぶりのこととなります。

代わりに初優勝の大商大高や準優勝の箕面学園は、大会前の事前の評価を大きく覆す大健闘と言っても良いでしょう。

激戦区の大阪府ですが、4年前の大阪偕星高校は春の大会で決勝進出という大躍進を果たして、夏の大会で甲子園初出場を決めました。

春に活躍したチームが夏の大会を勝ちあがるケースもあるのも大阪府です。

勢いがあるチームに対し、ドラフト候補の選手を擁する履正社を始めとした強豪校がどこまで戦えるかが注目です。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の大阪府出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です