「令和元年」夏の甲子園2019年の島根県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の島根県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。

「令和元年」夏の甲子園2019・島根県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園島根県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季島根大会、2018年秋季島根大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の島根県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の島根県からの出場校はどこになるのか?

それではまず島根県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の島根県出場校の本命は大社!

本命 大社
対抗 矢上
開星
大穴 浜田

 

優勝候補の筆頭には、2季連続県大会優勝の大社を挙げる声が多そうです。

県内ナンバーワンの投球術を擁すると言われる右腕の紙田貫君だけでなく、茶山優君や1年生の恒松匠太朗君の両サウスポーの安定感も光っています。

攻撃陣は、山崎大輝君や福間卓君等の上位打線が、チームを引っ張ります。

 

優勝候補の一角に挙げられる春季県大会3位の矢上は、2002(平成14)年に捕手として広島カープにドラフト5位で指名された山本翔監督が、指揮を執ります。

がっちした体格で一発長打力のある上田寛人君の豪快に振り抜く弾丸ライナーは、一見の価値があると言われています。

 

県内屈指の強豪校として知られる開星のエースは、最速137km/hのストレートを投げるサウスポーの2年生の岡山倖樹君です。

岡山稜亮君をはじめ、控え投手の層が厚く、例年通り夏に照準を合わせて、攻撃力もアップしそうです。

 

浜田高校は、2年生から主戦を務めるスライダーのキレが良いと評判の為石大智君が、投打でチームを引っ張ります。

錦織圭伍君や1年生の波多野大愛君も注目選手として、名前が挙がっています。

 

「夏の甲子園」2019年春季島根大会の結果

決勝

大社 5 – 4 三刀屋

3位決定戦

矢上 5 – 3 出雲商

準決勝

大社 3 – 2 矢上
三刀屋 6 – 4 出雲商

準々決勝

大社 8 – 0 松江北(7回コールド)
三刀屋 2 – 0 島根中央
矢上 10 – 9 松江農林
出雲商 3 – 2 石見智翠館

 

「夏の甲子園」2018年秋季島根大会の結果

決勝

大社 8 – 7 平田

3位決定戦

開星 14 – 12 矢上

準決勝

大社 2 – 0 開星
平田 2 – 0 矢上

準々決勝

大社 3 – 1 出雲商
平田 3 – 2 浜田
開星 10 – 0 大田(7回コールド)
矢上 6 – 3 島根中央

 

「夏の甲子園」過去5年の島根県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 益田東 1回戦敗退
2017 開星 1回戦敗退
2016 出雲 1回戦敗退
2015 石見智翠館 2回戦敗退
2014 開星 1回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

島根県は、2季連続県大会優勝の大社高校が投打のバランスが取れていることで、チーム力が最も安定しています。

また、対抗に挙げた元プロ野球選手の山本監督率いる矢上高校は、攻撃力が自慢で、甲子園出場を狙える位置に十分いると思います。

 

毎年夏に好チームに仕上げてくる開星は、サウスポーの2年生の岡山君が主戦を務め、選手層の厚さは今年も県内屈指です。

 

上記の3校を追いかけるのが浜田に加え、石見智翠館や昨夏の甲子園代表校の益田東が、横一線で並んでいます。

181cmで82kgの右の大型スラッガの益田東の安田睦人君は、昨夏の県予選では打率.526を記録し、甲子園でも2本ヒットを打ちました。

伝統校と新鋭の強豪校が混在する激戦が期待される島根県の今夏の甲子園予選大会は、例年以上に盛り上がりそうです。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の島根県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です