「令和元年」夏の甲子園2019年の広島県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の広島県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。

「令和元年」夏の甲子園2019・広島県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園広島県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季広島大会、2018年秋季広島大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の広島県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の広島県からの出場校はどこになるのか?

それではまず広島県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の広島県出場校の本命は広陵!

本命 広陵
対抗 如水館
広島新庄
大穴 広島商業

 

本命には広陵高校を挙げました。

昨秋の広島県大会では接戦の末優勝し、甲子園にも出場した実力があります。

注目はエースの河野佳投手。

そこまで大柄という投手ではないですが、力強い球を投げ込むことが出来ます。

選抜大会でも常時、140km/h級のストレートを投げ込んでいました。

そのストレートに加え、フォークやスライダーも低めに投げ分けることができ、なかなか前には飛ばせない投球ができることから、本命としました。

 

対抗には如水館高校を推します。

決勝戦こそ広島商業に敗れましたが、2回戦では広陵高校を、3回戦では広島新庄高校をいずれも5-3で破りました。

ここ5年間、広島県ではこの2校しか夏の甲子園に出場しておらず、その2校を破ったことは大きいです。

また、如水館高校のキャプテンを務める山下尚選手は強肩で守備の要である他、打撃でも長打を、しかも逆方向にも放つことが出来ます。

本命校に対して逆転も可能な対抗として挙げます。

 

穴は広島新庄高校を選びました。

春の大会では早々と3回戦で敗れましたが、投手では桑田孝志郎投手、打者では木村優介選手と、プロからも注目される選手を2人擁しております。

投打がかみ合った試合が続けば、代表校を勝ち取る可能性もあると考えます。

 

大穴には広島商業を挙げます。

古豪ではあるものの、ここ何年も低迷が続きましたが、この春の県大会を15年ぶりに制しました。

準々決勝、準決勝はいずれも2桁得点の試合であり、この勢いを夏に続けられれば久しぶりの甲子園出場もあるとみます。

 

「夏の甲子園」2019年春季広島大会の結果

決勝

広島商業 5 – 1 如水館

3位決定戦

崇徳 5 – 2 広

準決勝

広島商業 11 – 2 広
如水館 4 – 1 崇徳

準々決勝

広島商業 12 – 1 沼田
広 5 – 2 尾道商業
崇徳 11 – 7 市立呉
如水館 12 – 2 井口

 

「夏の甲子園」2018年秋季広島大会の結果

決勝

広陵 2 – 1 市立呉

3位決定戦

崇徳 5 – 2 広島新庄

準決勝

広陵 9 – 1 広島新庄
市立呉 8 – 6 崇徳

準々決勝

広陵 6 – 4 武田
崇徳 11 – 3 尾道
広島新庄 7 – 5 広
市立呉 8 – 6 西条農

 

「夏の甲子園」過去5年の広島県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 広陵 2回戦敗退
2017 広陵 準優勝
2016 広島新庄 3回戦敗退
2015 広島新庄 2回戦敗退
2014 広陵 1回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

昨年夏に続き、秋も広島県大会を制した広陵高校が中心と見ますが、他の学校にもチャンスがないわけではありません。

特に広陵は、甲子園では優勝した東邦高校が相手とは言え、大きく打ち込まれたり、春も2回戦敗退と、今年に入って勢いを欠いております。

一方で、この春からプロ野球の南海ホークスでもプレーした大久保監督を迎え入れ、力強さを発揮した如水館には勢いがあります。

春優勝の広島商業高校や、秋と春連続して3位決定戦をものにしている崇徳高校辺りも、勢いという点では広陵高校を上回ると言えるかもしれません。

ここ5年、広陵と広島新庄が夏の代表校を分け合ってきましたが、今年に関しては他の学校も大いにチャンスがあると言えるでしょう。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の広島県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です