「令和元年」夏の甲子園2019年の山口県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の山口県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・山口県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園山口県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季山口大会、2018年秋季山口大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の山口県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の山口県からの出場校はどこになるのか?

それではまず山口県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の山口県出場校の本命は高川学園!

本命 高川学園
対抗 早鞆
宇部鴻城
大穴 下関国際

 

本命には高川学園高校を挙げます。

新チームになって、秋と春の県大会を共に制しました。

特に春の大会は終盤までリードを許しながら、8,9回と連続得点を挙げて追い付き、最後はサヨナラで勝利という粘り強さを見せました。

特別際立った選手がいるわけではありませんが、粘り強い戦いはトーナメントを勝ち抜くために必須であり、本命として推します。

 

対抗には早鞆高校を選びました。

秋は早々と姿を消しましたが、しっかり春に向けてチームを作り直し、春は準優勝を果たしました。

特別目立った選手はいませんが、複数の投手を擁しており、暑い夏の大会は有利に進められると見て対抗と致しました。

 

穴には宇部鴻城高校を挙げます。

新チームになってからは秋、春共に結果を残せておりませんが、昨年の選手権予選の準優勝校、しかも、その昨年大会は初回に5点を失った以外は、甲子園でもベスト8に進んだ下関国際に得点を許しませんでした。

昨年も投げた池村健太郎投手は、今年の山口県ではナンバーワン級の投手とも言われており、秋と春結果を出せていなくても、甲子園出場の可能性はあると考えます。

 

大穴には下関国際高校を推します。

昨年、甲子園ベスト8の原動力となった、投打に渡りプロからも注目されていた鶴田克樹選手らの主力が一気に抜け、戦力ダウンは否めませんが、現在の坂原秀尚監督が就任以降は毎年のように夏にはチームを完成させており、侮れないと考えます。

 

「夏の甲子園」2019年春季山口大会の結果

決勝

高川学園 5 – 4 早鞆

準決勝

早鞆 8 – 0 萩商工
高川学園 8 – 1 聖光

準々決勝

早鞆 8 – 1 柳井学園
萩商工 8 – 3 桜ヶ丘
高川学園 4 – 2 下関国際
聖光 2 – 1 宇部商業

 

「夏の甲子園」2018年秋季山口大会の結果

決勝

高川学園 6 – 0 聖光

3位決定戦

岩国商業 9 – 5 柳井学園

準決勝

高川学園 6 – 3 柳井学園
聖光 2 – 1 岩国商業

準々決勝

柳井学園 11 – 3 宇部商業
高川学園 8 – 2 慶進
岩国商業 5 – 2 下関国際
聖光 1 – 0 萩商工

 

「夏の甲子園」過去5年の山口県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 下関国際 ベスト8
2017 下関国際 2回戦敗退(初戦)
2016 高川学園 1回戦敗退
2015 下関商業 2回戦敗退
2014 岩国 1回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

山口県の高校野球は圧倒的に私立の学校が優位であり、下関国際高校と宇部鴻城高校、ここに高川学園高校を加えた3校が3強の形勢を作り出してきておりました。

しかし、そのうちの下関国際と宇部鴻城が秋、春共に目立った活躍が出来ず、今年に関しては波乱の要素があるかもしれません。

特に、早鞆高校はプロ野球のダイエーホークス等でも活躍をした大越基監督が2009年に就任して以降、県大会上位の常連校となりました。

そういった学校の初の甲子園出場の可能性も捨てられませんし、秋と春共にベスト8以上に残っている聖光高校、柳井学園高校、宇部商業高校といった学校にまでチャンスはあると考えて良いでしょう。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の山口県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です