「令和元年」夏の甲子園2019年の徳島県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の徳島県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


スポンサーリンク

「令和元年」夏の甲子園2019・徳島県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園徳島県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季徳島大会、2018年秋季徳島大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の徳島県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の徳島県からの出場校はどこになるのか?

それではまず徳島県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の徳島県出場校の本命は富岡西!

本命 富岡西
対抗 鳴門
徳島商業
大穴 池田

 

夏の甲子園の出場に1番近いと考えているのは富岡西高校。大本命です。

春のセンバツでは初出場ながらも、強豪の東邦相手に1-3と接戦した試合内容で1回戦敗退したとは言え相手が悪かったとしか思えない出来でした。

プロ注目のエース投手からヒットを放ち、東邦を3点で抑えた投手。

このことから夏の甲子園に出場できるのは富岡西が実力的に考えて1番近いのではと思っております。

春夏連続出場し、ベスト8を目指してほしいところです。

対して2番目に甲子園に近いと予想するのは、鳴門高校。

甲子園の徳島県といえば「鳴門の渦潮打線」とかつて言われていたぐらい多く出場している名門高校です。

安定して強く実力もあり、毎年どちらかの甲子園には出場しているのを踏まえると対戦校の弱点をうまくついて甲子園の切符を手にするのではないかと思っています。

監督の采配に期待です。

続いて穴予想の徳島商業。

春季大会の結果を見れば徳島北も来るのではと予想するのだが、ここはあえて徳島商業。

理由としては、毎年夏の出場を決めるトーナメントにてベスト16までよく来ているからというのと春季大会にて池田と対戦し点差をつけて勝っているからです。

とはいえ、富岡西と鳴門という巨大な壁があるのでよほど対戦カードのあたりがよくない限り厳しそう。

最後は大穴の池田高校。

実力はあるもののイマイチパッとしないが、対戦のあたりが良く強豪と当たらないなど条件が揃えば、もしかしたらアリかもしれません。

 

「夏の甲子園」2019年春季徳島大会の結果

決勝

徳島北 6 – 1 徳島商業

準決勝

徳島商業 6 – 2 池田
徳島北 5 – 2 鳴門渦潮

準々決勝

徳島北 7 – 1 城西
徳島商業 8 – 4 阿南光
鳴門渦潮 2 – 1 城東
池田 7 – 5 鳴門

 

「夏の甲子園」2018年秋季徳島大会の結果

決勝

川島 7 – 4 徳島商業

準決勝

富岡西 2 – 3 徳島商業
川島 6 – 2 池田

準々決勝

鳴門渦潮 2 – 3 川島
池田 9-3 阿南工・新野・阿南光
富岡西 7-0 城東
鳴門 3-12 徳島商業

 

「夏の甲子園」過去5年の徳島県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 鳴門 1回戦敗退
2017 鳴門渦潮 1回戦敗退
2016 鳴門 ベスト8
2015 鳴門 1回戦敗退
2014 鳴門 2回戦敗退

 

まとめ

今年夏の甲子園への切符を手にするのはセンバツ初出場を果たした新星の富岡西か、はたまた監督采配に期待がかかる甲子園常連校の連続出場を目指す鳴門か。

ぜひ直接対決にて決着をつけてほしいところです。

他の高校の見どころとしてあげるなら、上記に予想した通り徳島商と池田の2校と鳴門渦潮です。

鳴門渦潮高校は、甲子園常連校である鳴門と比べると引けは取るものの甲子園へ何度も行っている実力のある高校です。

今回は鳴門の方が出場に近いと予想していますが、穴予想の徳島商に比べると経験もあるためもしかしたら甲子園への切符を手に入れれるかもしれません。

今年こそは甲子園1回戦突破を目指して、ベスト4に到達するというのを富岡西ならしてくれるのではと期待しながら、日々トーナメント表を見ていきます。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の徳島県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


スポンサーリンク

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です