「令和元年」夏の甲子園2019年の香川県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の香川県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。

「令和元年」夏の甲子園2019・香川県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園香川県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季香川大会、2018年秋季香川大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の香川県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の香川県からの出場校はどこになるのか?

それではまず香川県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の香川県出場校の本命は高松商!

本命 高松商
対抗 三本松
英明
大穴 尽誠学園

 

やはり2019年春の選抜に出場した高松商業への期待は大きいと思います。

しかし春の選抜高校野球大会では、ピッチャーはダブル看板でしたが、控えピッチャーが相手打線に捕らえられ、結局逆転のないまま4-6という結果でした。

2016年の選抜でも高松商業は準優勝という結果に終わりました。

この2回の雪辱は必ず晴らさないといけません。

そこで対抗校の三本松高校です。

一昨年は出場出来ていない高松商業ですが、その三本松高校に敗れ、甲子園出場の夢が叶いませんでした。

高松商業と三本松高校。学校の場所や学科も全く異なるこの二校ですが重大な関係があります。

それは二校ともにスタメンに東かがわ市の硬式リトルシニア野球クラブ出身者がいることです。

このリトルシニアに入っていた子たちは大体香川県の高校野球界を盛り上げるに違いありません。

穴に挙げたのは英明高校です。

最近はあまり飛び抜けた印象はありませんが、私立校にしては珍しく部員がほとんど県内出身です。

また今年は注目されていた選手の兄弟が何人もいる印象です。

今年も期待しながら観れることが本当に嬉しいです。

尽誠学園を大穴にした理由は、彼らがとっても緻密で計算して打開策を打ってくるからです。

彼らは徹底的に優勝候補を潰しに来るプロの集団だと思っています。

さて、今年はどの高校が魔の甲子園へやって来るのか、期待が高まります。

 

「夏の甲子園」2019年春季香川大会の結果

決勝

四学大香川西 6 – 2 尽誠学園

準決勝

高瀬 0 – 6 四学大香川西
尽誠学園 16 – 1 藤井

準々決勝

藤井5 – 3 多度津
尽誠学園 4 – 3 寒川
四学大香川西 8 – 2 大手前高松
高瀬 8 – 6 志度

 

「夏の甲子園」2018年秋季香川大会の結果

決勝

高松商業 7 – 4 志度

準決勝

高松商業 7 – 2 英明
志度 7 – 6 寒川

準々決勝

英明 6 – 1 尽誠学園
高松商業 8 – 1 小豆島中央
寒川 8 – 2 香川中央
志度 9 – 7 大手前高松

 

「夏の甲子園」過去5年の香川県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 丸亀城西 1回戦敗退
2017 三本松 ベスト8
2016 尽誠学園 2回戦敗退
2015 寒川 1回戦敗退
2014 坂出商 1回戦敗退

 

まとめ

ここ数年、選抜や神宮大会では成績を残している香川県の高校球児たちですが、未だ夏の甲子園で華々しいと言った記録は残せていないのが現実です。

三本松高校の怒涛の快進撃にはとても感動しましたが、あと少しのところで注目されずに終わってしまっている印象です。

四国はかつて野球大国だった…。そう今も言われています。

かつてではなく今、ここに野球大国四国が復活したと令和の新しい時代に刻みつけて欲しいと思っています。

地方大会まであと3ヶ月ほどですが、どのチーム、どの学校も一生懸命に甲子園を目指す気持ちは本物です。

どうか腐ることなく自分たちは特別なんだと思って高校野球を全うしてほしいと切に願います。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の香川県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です