「令和元年」夏の甲子園2019年の愛媛県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の愛媛県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・愛媛県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園愛媛県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季愛媛大会、2018年秋季愛媛大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の愛媛県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の愛媛県からの出場校はどこになるのか?

それではまず愛媛県の出場校予想から見ていきましょう。

 

「夏の甲子園」2019年の愛媛県出場校の本命は済美!

本命 済美
対抗 松山聖陵
今治西
大穴 宇和島東

 

夏の甲子園出場の本命として推すのは2年連続で夏の甲子園出場を果たしている済美高校。

毎年のことながら春ではパッとしないのだがいざ夏の甲子園に出場すると、エース投手がそこそこ通用することが多くチームメンバー全体で見ても身体がガッシリしている子が多い。

時々エース頼りな試合運びのときもあるが大抵は投打ともにバランスの良いチームの仕上がりとなっているため、済美が最有力候補となります。

対して春のセンバツに出場した松山聖陵は、投手は良いもののバッティングが弱い印象があります。

春を見る限りでは投手の攻略もされていると思うので、夏の甲子園の切符は遠そうな感じがします。

投手戦へと上手く持ち込んでもあと1本が出なかったり、実力では上でもワンチャンスを活かせなくて敗退しそうです。

今治西自体は弱くはないのでトーナメントのくじ運が良ければ、例えば済美や松山聖陵が早々に退散したとなったときに浮き上がる第3の高校です。

そして甲子園の切符をつかめるかもしれない大穴予想の宇和島東。

大穴というほど無名の高校ではないですが春季大会などを見ていると、強豪校にも試合では勝てているためもしかしたら来るんじゃないかなと楽しみにしている高校です。

今治西へのリベンジが成功したらもしかしたらがあるかもしれません。

 

「夏の甲子園」2019年春季愛媛大会の結果

決勝

今治西 6 – 3 八幡浜

準決勝

今治西 8 – 1 宇和島東
八幡浜 11 – 8 今治北

準々決勝

今治西 8 – 2 新居浜西
宇和島東 9 – 4 新居浜南
聖カタリナ 2 – 3 八幡浜
帝京第五 1 – 3 今治北

 

「夏の甲子園」2018年秋季愛媛大会の結果

決勝

帝京五 3 – 2 聖カタリナ

準決勝

帝京五 4 – 3 今治西
聖カタリナ 10 – 3 松山聖陵

準々決勝

今治西 7 – 0 済美
聖カタリナ 5 – 0 八幡浜
松山聖陵 8 – 7 今治北
帝京五 8 – 1 西条

 

「夏の甲子園」過去5年の愛媛県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 済美 ベスト4
2017 済美 3回戦敗退
2016 松山聖陵 2回戦敗退
2015 今治西 1回戦敗退
2014 小松 1回戦敗退

 

まとめ

最終的には今年の夏に来るのは3年連続の済美か、春夏出場を狙う松山聖陵のどちらかだと思います。

実力的にも全国で通用する強さもありますし、お互いの監督も試合経験が豊富なのでもし早々に対決することになった場合、試合の駆け引きは非常に見もので緊迫した試合運びとなりそうです。

この2校の他にも今治西など強豪校いるため、トーナメントのくじ運しだいではどの高校も夏の甲子園の切符は十分に狙える可能性があります。

予想した通りの展開で済美、もしくは優勝候補の松山聖陵が来るのか、はたまた夏特有の大波乱が起き全く予期しなかったダークホースの高校が切符を掴むのか。

今年も熱い球児たちの応援に励みつつ楽しみたいと思っております。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の愛媛県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です