「令和元年」夏の甲子園2019年の福岡県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の福岡県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。

「令和元年」夏の甲子園2019・福岡県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園福岡県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季福岡大会、2018年秋季福岡大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の福岡県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の福岡県からの出場校はどこになるのか?

それではまず福岡県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の福岡県出場校の本命は筑陽学園!

本命 筑陽学園
対抗 西日本短大附
真颯館
大穴 小倉工業

 

本命には筑陽学園を推します。

秋の大会は投打にバランスの取れた戦いで接戦をものにし、福岡県大会のみならず、九州大会を制しました。

秋は西舘昂汰選手が27イニングを投げて、自責点僅かに3、防御率1.00と好投しましたが、春の選抜甲子園ではエースナンバーを背負ったのは西雄大投手でした。

それだけ複数の投手がいるということです。

その投手陣をリードするキャッチャーの進藤勇也選手はドラフトでも名前が挙がっており、総合的に見て一歩リードしていると言えるでしょう。

対抗には西日本短大附属を選びました。

秋の県大会では九州国際大付属に準々決勝で2-1という接戦で敗れましたが、春の大会では逆に同じ2-1のスコアで秋に敗れた相手に対し、逆転勝ちしました。

この春の大会では江崎陸投手が好投を続けており、ここまで32イニングを投げて、失点は未だに0です。

準々決勝では選抜甲子園でベスト4まで勝ち進んだ大分県の明豊高校にさえも得点を許さずに勝利、しかもコールド勝ちを収めました。

本命の筑陽学園にも逆転可能な対抗と言えます。

穴には真颯館を挙げます。

春の県大会では準優勝を収め、なんと76季ぶりの九州大会進出を決めました。

現監督の末次秀樹監督が就任して7年目で、着実に力を付けてきた学校が成果を出しました。

エースで4番を打つ武内未来選手は最速150㎞/hを投げるプロからも注目の選手です。

秋のベスト4から、春は準優勝、ステップアップしており、穴として十分に可能性はあります。

大穴には小倉工業を選びました。

強豪の私学が多い福岡県において、公立校の甲子園出場は難しいですが、2016年の夏の大会でベスト16まで残ると、その秋の県大会ではベスト4まで残り、21世紀枠の候補にも選ばれた程です。

新チームになってからも秋はベスト4、春はベスト8と力を見せています。

夏8回、春9回の甲子園出場を誇る古豪であり、チャンスは0ではありません。

 

「夏の甲子園」2019年春季福岡大会の結果

決勝

西日本短大附 7 – 3 真颯館

準決勝

西日本短大附 1 – 0 博多工業
真颯館 3 – 1 福岡大大濠

準々決勝

真颯館 10 – 4 福岡工大城東
福岡大大濠 5 – 2 飯塚
西日本短大附 2 – 1 九州国際大付
博多工業 2 – 1 小倉工業

 

「夏の甲子園」2018年秋季福岡大会の結果

決勝

筑陽学園 5 – 3 九州国際大付

準決勝

九州国際大付 5 – 1 小倉工業
筑陽学園 8 – 1 真颯館

準々決勝

真颯館 2 – 1 福岡工大城東
小倉工業 4 – 3 九産大九産業
九州国際大付 2 – 1 西日本短大附
筑陽学園 6 – 1 飯塚

 

「夏の甲子園」過去5年の福岡県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018① 沖学園 2回戦敗退
2018② 折尾愛真 1回戦敗退
2017 東筑 1回戦敗退
2016 九州国際大付 1回戦敗退
2015 九州国際大付 ベスト8
2014 九州国際大付 1回戦敗退

 

まとめ

選抜甲子園でも優勝した東邦高校には敗れたものの、ベスト8まで残った筑陽学園が本命ではありますが、甲子園出場は春夏通算でまだわずかに2回で、経験豊富とは言えず、決して順当とは言えません。

対抗に挙げた西日本短大附のこの春の躍進は見事なものですし、十分に逆転可能です。

また、この中の4校には挙げられませんでしたが、ここ5年間で3度の甲子園出場、前年春は九州大会を優勝、秋の県大会で筑陽学園に2点差まで迫るという活躍を見せた、九州国際大付属にも可能性は勿論あります。

強豪校が多く、4校に絞るのはとても難しいという激戦区であり、番狂わせも含めて、夏の県大会も非常に楽しみな大会予想です。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の福岡県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です