「令和元年」夏の甲子園2019年の佐賀県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の佐賀県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


スポンサーリンク

「令和元年」夏の甲子園2019・佐賀県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園佐賀県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季佐賀大会、2018年秋季佐賀大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の佐賀県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の佐賀県からの出場校はどこになるのか?

それではまず佐賀県の出場校予想から見ていきましょう。

 

「夏の甲子園」2019年の佐賀県出場校の本命は佐賀学園!

本命 佐賀学園
対抗 佐賀商
北陵
大穴 神埼清明

 

本命には佐賀学園を推します。

今年の春の大会は佐賀商業に完敗しましたが、注目すべきは、エースの浜野翔太投手がいることです。

昨年の秋の県大会では、当時まだ1年生ながら、4試合に登板して、自責点はわずか1で防御率は0.34という完璧な投球を見せました。

制球力が非常に高く、高校生にはなかなか打てないピッチングをします。

身体はそれほど大きくなく、むしろ最近の高校生としては小さいほうかもしれませんが、まだ2年生であり、今後更なる成長も期待できることから、優勝候補筆頭と言えるでしょう。

対抗には佐賀商業を選びました。

昨年の秋の大会の準決勝で敗れた佐賀学園に対し、しっかりとリベンジを果たした形となり、チームとしてしっかり力を付けたと言えます。

しかしながら、この春の大会では秋に打つことが出来なかった佐賀学園のエースピッチャー・浜野投手との戦いはありませんでした。

それを考えれば、評価としては、佐賀学園の時点ということになるでしょう。

穴には北陵高校を挙げます。

昨年の秋の県大会では、優勝した佐賀学園に1点差まで迫り、相手を苦しめました。

甲子園の出場経験もなく、春の大会は3回戦で敗れたことから、他校からのマークも薄いと考えられ、穴として十分にチャンスはあるでしょう。

大穴としては神埼清明高校を推します。

目立った選手がいるわけではありませんが、昨秋はベスト8まで残り、準々決勝は1点差の惜敗、この春も優勝した佐賀商業に2-0という接戦を演じました。

大崩れせず、更に秋より春に良い成績を挙げており、チャンスは全くないわけではないでしょう。

 

「夏の甲子園」2019年春季佐賀大会の結果

決勝

佐賀商 7 – 1 佐賀学園

準決勝

佐賀学園 3 – 2 鳥栖商
佐賀商 2 – 0 神埼清明

準々決勝

神埼清明 2 – 0 唐津東
佐賀商 4 – 3 鳥栖
佐賀学園 12 – 5 有田工
鳥栖商 4 – 0 小城

 

「夏の甲子園」2018年秋季佐賀大会の結果

決勝

佐賀学園 7 – 6 北陵

準決勝

佐賀学園 2 – 0 佐賀商
北陵 6 – 1 佐賀工

準々決勝

佐賀工 5 – 4 神埼清明
北陵 4 – 0 有田工
佐賀学園 7 – 0 白石
佐賀商 7 – 0 鹿島

 

「夏の甲子園」過去5年の佐賀県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 佐賀商 1回戦敗退
2017 早稲田佐賀 1回戦敗退
2016 唐津商 2回戦敗退
2015 龍谷 2回戦敗退
2014 佐賀北 1回戦敗退

 

まとめ

好投手の浜野翔太投手を擁し、攻守に渡って非常にまとまった印象のある佐賀学園が優勝候補の筆頭ではありますが、大本命とは言えないと思います。

6季ぶりに春の大会を制し、かつては甲子園で全国制覇の経験がある佐賀商業も侮ることは出来ません。

また、そういった古豪とは対照的に穴に挙げた北陵高校は、秋の大会の準優勝によって、創部45年目で初の九州大会出場を果たした学校です。

このように、色々な特徴を持った学校が甲子園を狙っています。

高校数は決して多い県ではありませんが、それぞれ違った特色を持った学校が争っている形であることから、夏の大会どのような結果になるのか、非常に興味深いものがあります。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の佐賀県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


スポンサーリンク

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です