「令和元年」夏の甲子園2019年の長崎県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の長崎県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


スポンサーリンク

「令和元年」夏の甲子園2019・長崎県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園長崎県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季長崎大会、2018年秋季長崎大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の長崎県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の長崎県からの出場校はどこになるのか?

それではまず長崎県の出場校予想から見ていきましょう。

 

「夏の甲子園」2019年の長崎県出場校の本命は創成館!

本命 創成館
対抗 長崎商
九州文化学園
大穴 波佐見

 

まず創成館高校を優勝候補に挙げるのは、大阪府の大阪桐蔭高校と同じく全国から力のある高校球児が集まる高校だからです。

2018年には春・夏甲子園連続出場を果たし、県大会ではベスト8以上と安定した力を発揮しています。

学校内の施設は専用グラウンド、屋内練習場、トレーニングジムなどがあり、充実しています。

180センチの大型エース近藤大地、2番手の富田大道、左投手の眞崎晴那と投手陣は万全。

打つほうは気がかりですが、夏の大会は投手力で勝ち進むのではと予想します。

対抗馬は長崎商業です。

長崎商業のメンバーはほとんどが県内出身で、2年生からレギュラーであるエースの枡屋優太郎、キャッチャー谷口大也のバッテリーは強力です。

4番の左バッター青山航太朗の活躍次第では優勝が狙えるチームです。

近年力をつけている九州文化学園は、元プロ野球選手の古賀豪紀監督のもと、守りが鍛えられているチームです。

また監督の声掛けによって選手がリラックスしている姿も印象的です。

大穴は波佐見高校。

父親が元高校野球監督であり甲子園出場経験がある得永健監督のもと、佐賀県や福岡県との練習試合をこなしているため、確実に力をつけているチームです。

エースの牟田口光太郎の活躍次第ですが、期待したいチームです。

 

「夏の甲子園」2019年春季長崎大会の結果

決勝

九州文化学園 5 - 13 長崎商

準決勝

九州文化学園 9 ‐ 6 佐世保実
長崎商 2 ‐ 1 長崎日大

準々決勝

九州文化学園 2 ‐ 1 総合科学大学附属
長崎商 6 ‐ 4 創成館
長崎日大 3 - 2 島原工業
諫早農業 4 - 6 佐世保実

 

「夏の甲子園」2018年秋季長崎大会の結果

決勝

長崎商 3 – 4 長崎南山

準決勝

佐世保実 3 ‐ 4 長崎南山
長崎日大 3 – 10 長崎商

準々決勝

佐世保北 1 – 11 長崎商
九州文化学園 5 – 6 長崎日大
波佐見 6 – 8 長崎南山
佐世保実 8 ‐ 5 鎮西学院

 

「夏の甲子園」過去5年の長崎県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 創成館 1回戦敗退
2017 波佐見 1回戦敗退
2016 長崎商 1回戦敗退
2015 創成館 2回戦敗退
2014 海星 2回戦敗退

 

まとめ

2019年全国高等学校野球選手権長崎大会は例年通り、長崎県営野球場と佐世保野球場の2会場で行われると思います。

強豪校はシードされているので、概ね順当に勝ち上がって行くとは思いますが、やはり夏の大会だけに投手力がカギを握ると思われます。

以前のように一人のピッチャーだけで勝ち上がることが不可能になってきているので、継投できる投手を複数持つチームが勝ちあがることになると思います。

その点を考えるとやはり創成館高校を1番手に上げないわけには行けません。

また同じく長崎商業にも控えの投手もしっかりしています。

チームワークのよい九州文化学院の野球も見ていて楽しいですし、大黒柱のいる波佐見高校も応援したいと思います。

高校野球の選手たち、特に3年生にとっては最後の大会となります。

みんなが勝つわけではないので、力いっぱい持てる力を発揮してもらいたいと思います。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の長崎県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


スポンサーリンク

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です