「令和元年」夏の甲子園2019年の宮崎県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の宮崎県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・宮崎県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園宮崎県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季宮崎大会、2018年秋季宮崎大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の宮崎県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の宮崎県からの出場校はどこになるのか?

それではまず宮崎県の出場校予想から見ていきましょう。

 

「夏の甲子園」2019年の宮崎県出場校の本命は日章学園!

本命 日章学園
対抗 小林西
宮崎第一
大穴 高鍋

 

本命は選抜大会にも出場した日章学園高校を挙げます。

秋の宮崎県大会は大差を付けて勝った試合は少なかったですが、点差以上に強さが見られました。

プロ注目のドラフト候補として名前が挙がっている平野大和選手を擁しており、チームに勢いを与えています。

最も甲子園に近い学校と言えるでしょう。

対抗には小林西高校を挙げます。

甲子園に出場した日章学園が不在だった今春の県大会、しっかり勝ち切り実力を見せました。

秋の九州大会は早い段階で敗れましたが、その敗れた相手は福岡県大会を優勝していた筑陽学園であり、この筑陽学園は選抜甲子園でも2勝を挙げたことを考えれば、初戦敗退とは言え、力が劣るとは言えないでしょう。

エースの鶴田投手を擁し、春季大会5試合で5失点というのも立派であり、対抗に挙げます。

穴は宮崎第一高校です。昨秋、今春共に同じ高校の小林西相手に敗れてしまいましたが、昨秋はサヨナラでの負け、今春も先制されながらも追い付き、7回までは同点で試合を進めました。

勝敗については、結果的に敗戦となりましたが、力関係としては大きな差はなく、もう一度やれば、逆の結果になる可能性も十分にあり、穴として挙げます。

大穴には高鍋高校を推します。

昨秋に行われた1年生大会を制している学校。昨秋、今春共に敗れた試合は完封負けではあったが、そこまで大差を付けられて負けたというものではありませんでした。

上手く上級生と融合して力を発揮できれば、一発穴を開けるかもしれません。

 

「夏の甲子園」2019年春季宮崎大会の結果

決勝

小林西 5 – 2 宮崎第一

準決勝

小林西 5 – 0 高鍋
宮崎第一 6 – 3 都城東

準々決勝

小林西 6 – 1 都城商業
都城東 2 – 0 富島
高鍋 9 – 2 都城西
宮崎第一 3 – 0 鵬翔

 

「夏の甲子園」2018年秋季宮崎大会の結果

決勝

日章学園 4 – 0 小林西

準決勝

小林西 3 – 2 宮崎第一
日章学園 4 – 2 富島

準々決勝

日章学園 5 – 1 都城西
富島 3 – 2 聖心ウルスラ学園
宮崎第一 1 – 0 高鍋
小林西 13 – 3 宮崎工業

 

「夏の甲子園」過去5年の宮崎県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 日南学園 2回戦敗退
2017 聖心ウルスラ 2回戦敗退
2016 日南学園 3回戦敗退
2015 宮崎日大 1回戦敗退
2014 日南学園 1回戦敗退

 

まとめ

秋季大会を制した日章学園が一歩リードと見ます。

また、秋、日章学園に敗れて準優勝だった小林西高校は、この春季大会をしっかりと勝ちました。

両校ともに、中心選手がしっかりしており守備面が良いため、大崩れすることは考えにくく、この2校を中心とした争いになるでしょう。この2校が順調に決勝まで勝ち上がるのかどうかが鍵になるでしょう。

一方で過去5年間に夏の甲子園に出場した経験がある3校は、春季大会は苦戦し、いずれの学校も準々決勝に残ることが出来ませんでした。

経験を活かして、夏の大会に合わせて来られるのかどうか、この辺りも見どころと言えるかと思います。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の宮崎県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です