「令和元年」夏の甲子園2019年の沖縄県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の沖縄県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・沖縄県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園沖縄県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季沖縄大会、2018年秋季沖縄大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の沖縄県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の沖縄県からの出場校はどこになるのか?

それではまず沖縄県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の沖縄県出場校の本命は興南!

本命 興南
対抗 沖縄水産
沖縄尚学
大穴 北山

 

沖縄県の高校野球というと最近では興南高校、優勝経験もある沖縄尚学高校と甲子園ファンなら誰もが知っている常連校があります。

過去5年間の夏の甲子園出場校は、2018年、2017年、2015年が興南高校、2016年に嘉手納高校、2014年に沖縄尚学高校となっており、夏の県大会では興南高校が圧倒的な強さを発揮しています。

春季沖縄大会でも、プロ注目の宮城大弥選手をはじめとする投手陣が活躍し、優勝しました。

沖縄県出身の選手でチーム作りをしており、順当にいけば、今年の夏も興南高校は決勝まで勝ち進むでしょう。

対抗に挙げるのは、2018年秋季沖縄大会で優勝している沖縄水産高校です。

最近は、甲子園から遠ざかっていますが、過去には夏の甲子園準優勝の経験もあります。

春季沖縄大会では、ドラフト候補の目玉ともいわれる國吉吹選手や上原大那選手の活躍もあり、決勝まで進みました。

そして、興南高校と沖縄水産に続いて甲子園出場が期待できそうなのが沖縄尚学高校です。

2018年秋季沖縄大会では、ベスト4で敗退しましたが、春夏と両方で甲子園優勝経験があり、潜在能力も抜群です。

本来の力が発揮されれば、2014年以来の夏の甲子園出場も夢ではありません。

最後に台風の目となりそうなのが北山高校です。

春季大会では、興南高校に追い付け追い越せの勢いで食らいついていきましたし、昨年、夏の県大会もベスト4まで進んでいます。

うまく波に乗れれば、甲子園出場の可能性もあるでしょう。

 

「夏の甲子園」2019年春季沖縄大会の結果

決勝

興南 3 – 1 沖縄水産

準決勝

興南 2 – 1 北山
沖縄水産 11 – 1 沖縄工

準々決勝

興南 7 – 1 コザ
北山 7 – 2 知念
沖縄水産 9 –1 小禄
沖縄工 13 – 10 中部商

 

「夏の甲子園」2018年秋季沖縄大会の結果

決勝

沖縄水産 8 – 1 興南

準決勝

沖縄水産 1 – 0 沖縄尚学
興南 4 – 0 嘉手納

準々決勝

沖縄水産 10 – 0 南風原
沖縄尚学 11 – 1 具志川商
興南 7 – 0 宜野湾
嘉手納 10 – 2 普天間

 

「夏の甲子園」過去5年の沖縄県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 興南 2回戦敗退
2017 興南 1回戦敗退
2016 嘉手納 3回戦敗退
2015 興南 ベスト8
2014 沖縄尚学 ベスト8

 

まとめ

甲子園ファンの中には、沖縄の高校が出場すると応援歌として流れる「ハイサイおじさん」が楽しみという人もいるでしょう。

夏の甲子園出場校で一番最初に決まるのが沖縄県の代表校です。

ファンの多くはどこが決まるのか今から思いを巡らせているのではないでしょうか。

過去5年間で興南高校が3回出場していることもあり、「興南一強」といわれていますが、秋季沖縄大会では、沖縄水産高校が優勝しており、久しぶりに「沖水旋風」が起こるかもしれません。

また、沖縄尚学高校や北山高校と注目校も多いため、当然ながらどこが出場するかはわからない状態です。

他県に住む人も注目をする沖縄県の甲子園代表校、強豪校が多いだけに今年も気になりますね。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の沖縄県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です