「令和元年」夏の甲子園2019年の熊本県出場校予想!本命はどこ!?

令和元年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

昨年の夏の甲子園は例年よりも大いに盛り上がり、まだ記憶に新しいところ。

私を含め、高校野球ファンなら2019年の夏の甲子園が待ち遠しくて仕方ありません。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の熊本県出場校を「本命、対抗、穴、大穴」の順に予想しました。


「令和元年」夏の甲子園2019・熊本県の出場校予想!本命はどこ!?

2019夏の甲子園熊本県の出場校を予想するに当たり、大きな判断材料となる2019年春季熊本大会、2018年秋季熊本大会の結果を合わせてご紹介します。

過去5年の熊本県の代表校も参考にしました。

 

記念すべき令和元年の熊本県からの出場校はどこになるのか?

それではまず熊本県の出場校予想から見ていきましょう。

「夏の甲子園」2019年の熊本県出場校の本命は熊本工!

本命 熊本工
対抗 熊本国府
球磨工
大穴 八代

 

本命の熊本工業は熊本県内の高校の野球部でも強豪校として有名です。

昨年の夏の熊本県大会でも準優勝しており、新体制後の秋季大会、春季大会でもベスト4まで進んでいることから、実力を出せば甲子園に最も近い位置にいると予想します。

熊本工業に対抗するのが熊本国府高校です。

昨年秋の秋季大会では、この春の選抜に21世紀枠で出場した熊本西高校を破って優勝しています。

2019年の春季大会でもベスト4まで進んでおり、こちらも実力をしっかりと出せば甲子園を狙える位置にいますし、夏の大会では台風の目になるかもしれません。

昨夏の甲子園出場校である「東海大星翔高校」や2016年、2017年と夏の甲子園に連続している「秀岳館」や2015年出場校である「九州学院」と強豪校が揃う熊本県の高校野球部ですが、春の熊本県大会で優勝している球磨工業高校も夏の甲子園に近い位置にいます。

準決勝では、本命に推した熊本工業に勝利もしていますし、秋季大会でもベスト8進出を果たしているので、投打がかみ合えば甲子園出場も夢ではありません。

大穴に選びたいのが、八代高校です。

2017年の夏の県大会では、ベスト4まで進んでいます。

八代高校の練習時間は2時間と短いことでも知られていますが、昨年の秋季大会、この春の春季大会とベスト8進出をしており、実力は折り紙つきです。

本命の熊本工業、対抗の熊本国府とも負けずとも劣らないので、対戦相手次第では、甲子園出場の可能性もあります。

 

「夏の甲子園」2019年春季熊本大会の結果

決勝

球磨工 1- 0 有明

準決勝

有明  1 – 0 熊本国府
球磨工 5 – 1 熊本工

準々決勝

熊本国府 5 – 4 八代
有明   4 – 2 菊池
球磨工  6 – 3 専大玉名
熊本工 12 – 1 城北

 

「夏の甲子園」2018年秋季熊本大会の結果

決勝

熊本国府 11- 9 熊本西

準決勝

熊本国府 2 – 1 東海大星翔
熊本西  6 – 5 熊本工業

準々決勝

熊本国府  2 – 0 球磨工業
東海大星翔 13 – 3 必由館
熊本西   4 – 2 菊池
熊本工業  9 – 2 八代

 

「夏の甲子園」過去5年の熊本県代表校と甲子園成績

年度 代表校 甲子園成績
2018 東海大星翔 1回戦敗退
2017 秀岳館 2回戦敗退
2016 秀岳館 ベスト4
2015 九州学院 2回戦敗退
2014 城北 3回戦敗退

 

まとめ

「令和」に元号が変わって最初の甲子園。

どの県でも出場校が気になるはずです。

2016年、2017年と2年連続で甲子園に出場している秀学館をはじめ強豪校が揃っている熊本県の高校野球。

しかし、2017年に夏の県大会でベスト8まで進出している八代高校や過去に甲子園出場もある熊本工業というように私立だけでなく公立も実力派が多く、令和最初の夏の県大会は混戦が予想されます。

その中でも、本命の熊本工業は一歩抜きんでた状態といえます。

また、春季大会優勝の熊本国府高校や準優勝の球磨工業にもチャンスはあります。

また、昨夏の甲子園出場校の東海大星翔高校や強豪校の九州学院も当然甲子園出場を狙っているので、県大会は多いに盛り上がるでしょう。

候補に挙げた学校はどこも甲子園出場のチャンスがあるので、どこが決まるのか今から楽しみですね。

 

以上、『「令和元年」夏の甲子園2019年の熊本県出場校予想!本命はどこ!?』でした。

なお、他府県の出場校予想もまとめてますので、ぜひコチラからごらんになってください。


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です