センバツ高校野球2019で起きた握手拒否は問題なし!その理由とは?

選抜高校野球 握手拒否

センバツ高校野球2019で、試合後の「握手拒否」に対する論争が起こっています。

「相手が手を差し出しているのだから握手すべき!」

「規定上全く問題ない!」

一体どちらが正論なのでしょうか?

 

結論からいうと「問題なし」ということがわかりました。

その理由とは?

 

ガイア
規定の統一と徹底が必要なのかな?

スポンサーリンク

センバツ高校野球2019で起きた握手拒否論争の発端は「明豊 VS 横浜」

ネット上を賑わしているセンバツ高校野球2019の「握手拒否」論争。

事の発端は2019年3月24日に行われた「明豊 VS 横浜」の試合後の出来事です。

 

この試合は13-5で明豊高校が横浜高校を下しました。

そして、試合後の整列、礼の後…

 

明豊高校の選手たちが横浜高校の選手に手を差し出して握手をしようと歩み寄りました。

しかし、横浜高校の選手たちは礼をした後、一人の選手を除いて握手をせずにそのまま後ろを向いてベンチ前へと戻って行ったのです。

 

これが「握手拒否論争」の発端となりました。

 

実は私、この試合を現地観戦しておりました!

こちらは試合前。

 

試合終了後の整列シーン。

この直後に握手拒否が…

 

 

私が内野席で観戦してて、握手拒否が起こっているとは気づきませんでした…

こんなに物議をかもす論争になっているとは…

 

握手拒否は問題なし!神奈川高野連の規定に明記あり

試合後の握手拒否がネット上で物議をかもしている件について。

横浜高校の選手たちがとった行動には根拠があり、「規定上問題なし」ということがわかりました。

 

2013年の神奈川高野連の「選手権大会細則」には次の一文があります。

 

「両チーム選手の試合前および試合後の握手はしない。」

神奈川高野連第95回選手権大会細則より引用

 

はっきりと「握手はしない」と記載がありますね。

横浜高校の選手たちはこの規定に従ったという見方ができます。

 

「規定があるから握手しなかった。だから問題なし」

ということです。

 

規定上は握手拒否したことは問題ないとはいえ、神奈川県高野連の専務理事は今回の件に対し次のようにコメントしています。

 

「試合後に握手するなとは言っていないです」

「整列後に校歌斉唱もありますので、時間を長引かせないよう素早く動きなさいと言っているだけです」

J-CASTニュースより引用

 

2013年の大会細則に関しても「よくわからない」とコメントしています。

 

「結局どっちなの?」と思わせるところに問題があると感じます。


スポンサーリンク

握手拒否に対するネット上の反応

ネット上の握手拒否論争をいくつか採り上げます。

まずは握手拒否に嫌悪感を示している反応から。

 

握手拒否に嫌悪感を示している反応

試合が終わって、握手して健闘をたたえあうのは、とても良いことだと思いますが。むしろ、すべきことでは?と思います。両チームが健闘をたたえあっているのに、離れるように急かす審判もいるけど、すごく違和感を感じます。時間短縮の前にすべきことあると思います。
相手の選手に手を差し出されたなら、握手をした方がよかった。
握手は相手が求めてきたらするのが人としてのマナーだし、応じないのは失礼と感じるのも仕方ない。ただ、大会規定に明記してあるからしないのが正しいのかもしれないけど、横浜高校が規定を熟読していたかは疑問だけど。
横浜は代々そういった校風なら分かるが、そうなの?手を差し伸べられても出さないの?それの方がおかしいと思う。試合後の迅速な流れをそこまで大切にする必要ある?何秒早くなるのか知らないが。本当にそれが理由なのだろうか。まぁこの事を必要以上に問題化するのは、それこそ不必要だと思うけど、苦しい言い訳をすると問題化してしまう。
規則を持ち出すのではなく、相手が握手を求めてきたときに、踵を返すのは失礼すぎるだろう。もし横浜高校の選手が日常でもし相手に握手を求めた時、背中を向けて立ち去ったらどう思うか、人としての礼儀の問題と思います。ラグビーのノーサイドに当たるのは高校野球の場合は握手でしょう。観客は礼をした後、お互いに握手して健闘を称えあっているのを温かく見守ってます。
相手が求めてきたなら応じるべきだったな。するしないを大人が決めるべきではない。自然な動作から礼儀を学ぶ。

 


 

次に握手拒否を問題なしとする反応をいくつか紹介します。

 

握手拒否を問題なしとする反応

横浜高校の握手なしが叩かれているけど 私見を述べると 多分勝っているとそんなに叩かれてなかっかな いや叩かれていたかな? その辺りのことも高野連が統一していれば良かったと思うし でもやっぱ握手を求められたら握手かな 今回大人の不手際で横浜高校が叩かれすぎて気の毒
横浜高校が負けてしまった。それは仕方ないとして、握手拒否と叩かれてるのは悲しい。 東京 神奈川では握手は禁止しています。良かったらRTしてください。横浜高校の選手がこれで叩かれるのは可哀想です。これは、醜態なんかじゃない。
横浜高が握手しなかったことで批判が殺到したようだ。握手すれば「予定調和」なんだろうけど、こんなこと放っておけばいいと思う。どちらでも良いことに力を注ぐから肝心なことで思考停止してしまうのでは、とも思う。
握手したくない権利も認めてやってもいいと思うが…やる決まりがないのにやるべきだ無礼だと罵るのはハラスメントになりかねない。
自然発生的にするものだと思っていた。昔の試合では、決勝戦くらいだったような記憶がある。どちらでも良いのでは?
両チームともルール上悪くないから問題ない。変に空気を持ち出して断罪するのはナシだね。今の課題は、混乱のないよう素早くルールを明確化できるかどうかのみ。高野連頑張って。

 

まとめ:センバツ高校野球2019の握手拒否

 

今回は、センバツ高校野球2019で横浜高校の選手たちが握手拒否した、ということに対する論争について見てきました。

規定にはっきり「握手はしない」と明記がある以上、握手をしなかったことについては正論で返すことができます。

 

ただ、見ている側が違和感を感じたのは事実です。

自分が握手を求めて手を差し出しているのに無視されたら「えっ!」って誰でも思いますよね?

 

私個人としては、

「握手する、しないの明記自体をなくす」

が一番良いと思います。

 

試合後にお互いの健闘を称え合って握手して言葉を交わすことは、ごく自然な流れではないでしょうか?

「握手しない」という規定があるから今回の論争が起こったように思えてなりません。

 

握手しないという規定があるのは「時間を長引かせないように」との意図もあるようですが、握手してお互いの健闘を称え合っている姿を見て

「長い、いつまでやってるの?」って感じる人がいるでしょうか?

せいぜい1分もかからないぐらいのやりとりです。

 

握手拒否の論争が起こってしまったこと自体が残念です。

 

「握手する、しない」を規定化することにも違和感を感じます。

あなたは今回の握手拒否論争についてどのように感じましたか?


スポンサーリンク

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です