イチローの2度の国民栄誉賞辞退の理由が深イイ!3度目の正直で受賞は確実!?

イチローの国民栄誉賞辞退の言葉

ついに現役引退を決断したイチロー選手。

実は過去に2度の国民栄誉賞の受賞を打診されてるのですが、2度とも「お断り」してます。

 

いかにもイチロー選手らしい言葉で辞退しているのですが、いったいどんな理由で国民栄誉賞辞退したのでしょうか?

 

ガイア
次こそは辞退せずに受賞することが間違いなさそうだよ!

スポンサーリンク

イチローの2度の国民栄誉賞辞退の理由とは?

イチロー選手が最初に国民栄誉賞を打診されたのは2001年。

2度目が2004年でした。

 

それぞれ振り返ってみましょう。

 

1度目の辞退の理由「まだ現役で発展途上の選手なので」

2001年のイチロー選手はシアトル・マリナーズに移籍した1年目でした。

ご存知のようにメジャーのデビューイヤーから

  • 首位打者
  • 盗塁王
  • ゴールドグラブ賞
  • アメリカンリーグMVP

を受賞しました。

アメリカのデビュー前には懐疑的な見方もあったものの、それを吹き飛ばして余りある活躍でした。

 

この活躍に当時の小泉内閣からイチローに国民栄誉賞の打診がありました。

しかしイチロー選手はキッパリと辞退・・・。

 

1度目の国民栄誉賞辞退の理由が、

 

「まだ現役で発展途上の選手なので」

 

でした。

 

当時はまさかの国民栄誉賞辞退で驚きましたが、野球の探求者らしい「深イイ」辞退の理由でした。

 

2度目の辞退の理由「もし賞をいただけるのならば、現役を引退した時にいただきたい」

2度目の国民栄誉賞の打診があったのは2004年。

この年のイチロー選手はメジャーリーグの年間最多安打記録を更新する262安打を放って、メジャー2度目の首位打者を獲得しました。

 

1シーズンで262安打というのはアメリカでも「今後破られることがないであろう」記録のひとつとして認知されています。

 

この快挙を受けてイチロー選手に2度目の国民栄誉賞の打診が入ります。

 

しかしここでもイチロー選手は受賞を辞退!

 

辞退の理由は、

 

 

「今の段階で国家から表彰を受けると、モチベーションが低下してしまう」

 

でした。

 

「野球の探求者でありたい」
と言っていたイチロー選手らしい辞退の言葉ですよね。


スポンサーリンク

まとめ:イチローの国民栄誉賞辞退の理由

ここでは2度の国民栄誉賞受賞を辞退したイチロー選手の「辞退の理由」を紹介しました。

2度の辞退の際の理由は、

  1. 「まだ現役で発展途上の選手なので」
  2. 「今の段階で国家から表彰を受けると、モチベーションが低下してしまう」

でした。

 

国民栄誉賞は大変重い賞で、かつ誇れる賞だと思います。

イチロー選手と同時期にプレーした松井秀喜さんも国民栄誉賞を受賞しましたよね。

 

2度の辞退の言葉を紹介しましたが、2度目の辞退のときにイチロー選手はこんなことも言ってます。

 

「もし賞をいただけるのならば、現役を引退した時にいただきたい」

 

その引退の日が訪れましたね。

 

 

世間も「イチローさんにこそ国民栄誉賞を!」と期待しているようです。

次こそはイチローさんも受賞を快く受け入れるのではないでしょうか?

「3度目の正直」になりそうですよね。

 

以上、
「イチローの2度の国民栄誉賞辞退の理由が深イイ!」についてでした。

最後までごらんいただきありがとうございます。

 

2019.04.09追記

イチロー選手が3度目の国民栄誉賞の受賞を辞退しました。

辞退の言葉が、

「人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます」

でした。

まさか…でした。


スポンサーリンク

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です