松山聖陵高校野球部のメンバー2019の出身中学とセンバツ注目選手は?

松山聖陵高校野球部メンバー 出身中学

2018秋の四国大会準優勝で春のセンバツ2019の出場が決まった松山聖陵高校野球部。

センバツは2年連続2回目の出場になります。

そこで今回は、

松山聖陵高校野球部のメンバー2019の出身中学が知りたい!
松山聖陵高校の春のセンバツ注目選手はだれ?

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事は松山聖陵高校野球部のメンバー2019について深く知りたい人に向けてます。

それではまず春のセンバツベンチ入りメンバーから見ていきましょう!


松山聖陵高校野球部のメンバー2019の出身中学とセンバツ注目選手

2019年春のセンバツ高校野球大会に出場する松山聖陵高校野球部。

ここではベンチ入りメンバー18人の出身中学と注目選手を順に紹介します。

 

ガイア
根本くんはプロも注目のエース!

【センバツ2019】松山聖陵高校野球部ベンチ入りメンバーの出身中学

名前 守備 学年 出身中学
1 根本 大蓮 3 松山市立拓南中(愛媛)
2 岸田 明翔 2 高槻市立芝谷中(大阪)
3 大村 侑希 3 松山市立雄新中(愛媛)
4 後藤 響 3 松山市立雄新中(愛媛)
5 坂本 幸成 2 伊予市立港南中(愛媛)
6 田窪 琉風 3 名護市立名護中(沖縄)
7 新城 健太朗 3 浦添市立浦添中(沖縄)
8 折田 玲 3 神戸市立西落合中(兵庫)
9 川口 端午 2 高槻市立第六中(大阪)
10 平安山 陽 2 名護市立大宮中(沖縄)
11 佐野 幸輝 3 守口市立梶中(大阪)
12 小川 諒大 2 岩倉市立岩倉中(愛知)
13 高松 亨有 2 精華町立精華西中(京都)
14 渡部 龍弥 3 松山市立西中(愛媛)
15 宮川 清次 3 宇治市立西宇治中(京都)
16 湧川 輝星 3 那覇市立小禄中(沖縄)
17 市川 尚樹 3 松山市立高浜中(愛媛)
18 秀平 琉晟 3 高槻市立如是中(大阪)

(学年は2019年4月時で記載)

 

野球部メンバー18人の出身中学の県内訳は、

愛媛 → 6人
沖縄 → 4人
大阪 → 4人
京都 → 2人
愛知 → 1人
兵庫 → 1人

になります。

 

近畿圏や沖縄の中学出身の部員さんが多くいますね。

 

なお、ベンチ入りメンバーは怪我など不足の事態により直前に変更になることがあります。

情報が入り次第、最新に更新します。

 

松山聖陵高校のセンバツ注目選手は身長188cmの大型右腕・根本大蓮投手!

松山聖陵高校のセンバツ大会注目選手は、根本大蓮投手です。

2年連続2度目のセンバツ出場になる松山聖陵高校で、今回から主将とエースの2役でチームを引っ張る根本大蓮投手。

身長188センチ、体重89キロの堂々とした体格の持ち主です。

 

 

根本大蓮投手は、長身から大きく投げ下ろす角度のあるストレートが魅力の投手です。

ほかにもキレのあるスライダーやフォーク、チェンジアップなどの変化球も操る制球重視タイプの投手と言えます。

 

松山聖陵高校は2018年の四国大会において、決勝で高松商に1―3で敗れ準優勝という結果に終わりました。

その後、根本大蓮投手はより良い投手へと進化するために、荷川取監督とともにピッチングフォームの変更修正、砂場での走り込みなどで、それまで弱点と言われていた下半身の強化を図りました。

 

「スピードより、球のキレを出したい」と根本大蓮投手。

責任感とますますの成長を決意してさらなる飛躍を目指します。


 

ここでは春のセンバツ2019に出場する松山聖陵高校野球部の

  • メンバー出身中学一覧
  • センバツ注目選手の根本大蓮投手

について詳細をお届けしました。

 

松山聖陵高校には冬場に「砂浜トレーニング」というのがあるそうです。

松山市内の梅津寺の砂浜でダッシュや長距離走で下半身を鍛えます。

 

部員さんいわく

「かなり過酷なトレーニング」

とのこと。

 

冬場の鍛錬が記念すべき甲子園初勝利につながるのでしょうか?

 


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です