市立和歌山高校野球部のメンバー2019の出身中学│注目選手は技巧派サウスポー!

前年2018年秋の近畿大会では準々決勝で龍谷大平安高校にサヨナラ負けしたものの、センバツ2019に選出された市立和歌山高校。

同じくセンバツ高校野球に出場する智弁和歌山高校とは近年ライバル関係にありますね。

 

そこで今回は、

「市立和歌山高校野球部メンバーの出身中学が知りたい!」

「市立和歌山高校の春のセンバツ注目選手は?」

そんな疑問と要望にお答えします。

 

ここで紹介する内容は、

  • センバツの注目選手は技巧派サウスポーの岩本真之介投手!
  • 市立和歌山高校野球部のメンバー2019の出身中学一覧
  • 市立和歌山高校(市立)の学校データ紹介・卒業生には誰がいる?

です。

 

それではまずセンバツ注目選手の岩本真之介投手から見ていきましょう。


スポンサーリンク

センバツの注目選手は技巧派サウスポーの岩本真之介投手!

市立和歌山高校の注目選手は1年生のエース、岩本真之介投手!

181㎝という高身長からくり出す角度のついたストレートが武器です。

 

最速は130キロ台前半と決して速いわけではありませんが、スライダーやカーブなど多彩な変化球を頭脳的に使い分ける技巧派の投手。

さらに1年生でありながら抜群のマウンド度胸を持っています。

市立和歌山高校は秋季近畿大会の一回戦、近江兄弟社戦で2-3でリードを許す展開の4回、4安打と相手の失策などから4得点で逆転します。

その後は打線の援護を受けて岩本真之介投手の粘りのある投球が試合を引っ張っていき、8-4で勝利しました。

 

傑出した選手はいなくても、攻守のバランスでここまで上がってきた市立和歌山高校。

打たせて取るピッチングスタイルの1年生左腕岩本投手を要に擁したことによって、これからも一試合ごとにさらなる成長を見せてくれそうです。

 

センバツ高校野球2019でも岩本真之介投手およびセンターラインを中心とした、粘り強いチーム一丸野球に注目です。

市立和歌山高校野球部のメンバー2019の出身中学一覧

ここでは前年2018年の秋季近畿大会に出場した市立和歌山高校野球部のメンバーの出身中学を一覧表にまとめてます。

センバツ2019でも引き続きこのメンバーの多くがベンチ入りするものと思われます。

 

※最新情報が入り次第随時更新していきます。

名前守備学年出身中学
1岩本 真之介2広川町立耐久中(和歌山)
2米田 航輝3岸和田市立山直中(大阪)
3片上 柊也3熊取町立熊取北中(大阪)
4下井田 知也3和歌山市立紀伊中(和歌山)
5山野 雄也3和歌山市立西浜中(和歌山)
6緒方 隆之介3和歌山市立明和中(和歌山)
7瀧谷 侑斎2有田町立金屋中(和歌山)
8上原 拓海2和歌山市立伏虎義務教育中(和歌山)
9柏山 崇3田辺市立新庄中(和歌山)
10奴田 宗也2橋本市立高野口中(和歌山)
11鈴木 大陽3かつらぎ町立妙寺中(和歌山)
12南出 椋生3和歌山市立高積中(和歌山)
13壹岐 有翔2泉佐野市立第三中(大阪)
14山田 叶夢3和泉市立郷荘中(大阪)
15松山 敦紀3和歌山市立日進中(和歌山)
16榎田 玲也2田辺市立東陽中(和歌山)
17近藤 陽樹2和歌山市立日進中(和歌山)
18丸野 秀晃3熊取町立熊取南中(大阪)

(学年は2019年4月時で記載)

 

野球部メンバーの出身中学の県別の内訳は、

和歌山 → 13人
大阪  → 5人

となっております。


スポンサーリンク

市立和歌山高校(市立)の学校データ紹介・卒業生には誰がいる?

市立和歌山高校(市立)ってどんな高校なのか?

学校データと卒業生には誰がいるのかを紹介します。

 

市立和歌山高校データ

【住所】
和歌山市六十谷45

【学校創立】
1951年

【生徒数】
男子282人
女子492人

【野球部創部】
1957年

【野球部監督】
半田真一

【野球部員数】
2年生20人
3年生20人

 

市立和歌山高校は過去に春5回、夏5回
甲子園出場経験がある学校です。

 

市立和歌山高校の主な卒業生には、

  • 藤田平さん(元阪神)
  • 正田耕三さん(元広島)
  • 川端慎吾さん(ヤクルト)
  • 益田直也さん(ロッテ)

などがいます。

 

まとめ:市立和歌山高校野球部のメンバー2019の出身中学と注目選手

ここではセンバツ2019に出場する市立和歌山高校野球部の

  • 2019メンバーの出身中学一覧
  • 注目選手の岩本真之介投手

について紹介しました。

市立和歌山高校は昭和40年の春のセンバツで準優勝。

この当時は「市和歌山商」時代で、これが甲子園の最高成績です。

秋の時点ではケガ人が多くいて万全の状態ではなかった市立和歌山高校。

”粘りの野球”でセンバツではどこまで勝ち進むことができるのか?

冬の間のチーム力の底上げが課題です。

楽しみにしたいと思います!

 


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です