福知山成美高校野球部のメンバー2019の出身中学│注目選手は”ダブル主将”の一人!

昨年2018年の秋季近畿大会ベスト8の福知山成美高校野球部。

センバツ2019の出場は微妙でしたが、京都大会1位が評価されて選出されました。

5年ぶり3回目のセンバツ出場です。

 

そこで今回は、

「福知山成美高校野球部のメンバー2019の出身中学が知りたい!」

「福知山成美高校の春のセンバツ注目選手は?」

といった疑問と要望にお答えします。

 

ここで紹介する内容は、

  • センバツ2019の注目選手は”ダブル主将”の一人・小橋翔大投手!
  • 福知山成美高校野球部のメンバー2019の出身中学一覧
  • 福知山成美高校(私立)の学校データ紹介・卒業生には誰がいる?

です。

 

それではまず福知山成美高校野球部の注目選手・小橋翔大投手から紹介していきます。


スポンサーリンク

センバツ2019の注目選手は”ダブル主将”の一人・小橋翔大投手!

福知山成美高校の注目選手は2年生のエース、小橋翔大投手です。

福知山成美高校は全国でも珍しいダブル主将制を敷いていますが、小橋翔大投手はその主将の一人。

その右腕はストレートで最速133キロとスピード勝負ではなく、コントロールとスライダー、フォークを駆使した抜群の制球力で、エースとして、主将として、チームを引っ張っていく存在です。

福知山成美では2年秋にエースに指名されると、2018年の近畿大会では神戸国際大付から完投勝利をあげて、ベスト8進出を果たしました。

 

地元京都府福知山市立成和中学校出身で、祖父は市野球協会副会長の松井博孝さん。

両親は共働きで野球に関係してきたことはなく、幼い頃から隣の家に住む祖父博孝さんとキャッチボールをするのが楽しみだったといいます。

 

「センバツへの期待を持ちながら冬を過ごしてきました。球速を上げ、球のキレにも磨きをかけたい」

と語る小橋翔大投手。

 

地元である京都に育まれ、地元の期待を背負って大きな闘志を燃やす今大会の注目選手です。

福知山成美高校野球部のメンバー2019の出身中学一覧

ここでは前年2018年の秋季近畿大会に出場した福知山成美高校野球部のメンバーの出身中学を一覧表で紹介します。

ここでのメンバーの多くが引き続きセンバツ高校野球2019でもベンチ入りすると思われます。

 

※最新情報が入り次第随時更新していきます。

名前守備学年出身中学
1小橋 翔大3福知山市立成和中(京都)
2原 陽太3京都市立蜂ヶ岡中(京都)
3井戸 悠太2堺市立美木多中(大阪)
4岡田 健吾3長岡京市立長岡第二中(京都)
5佐藤 翔平3舞鶴市立白糸中(京都)
6東原 成悟3京都市立蜂ヶ岡中(京都)
7人知 憲蔵2大阪市立我孫子中(大阪)
8坂 優斗3鈴鹿市立天栄中(三重)
9神内 泰3綾部市立綾部中(京都)
10佐喜 将悟3東大阪市立長瀬中(大阪)
11橋本 翔生3丹波市立氷上中(兵庫)
12池田 樹希3尼崎市立小園中(兵庫)
13阪谷 奨真3丹波市立市島中(兵庫)
14小西 公一郎3野洲市立野洲中(滋賀)
15谷掛 元基3篠山市立西紀中(兵庫)
16岩田 涼雅3吹田市立山田東中(大阪)
17岡 楓馬3豊岡市立豊岡南中(兵庫)
18山口 颯哉2京都市立西京極中(京都)

(学年は2019年4月時で記載)

 

野球部メンバーの出身中学を県別に見てみると、

京都 → 7人
兵庫 → 5人
大阪 → 4人
三重 → 1人
滋賀 → 1人

になります。

 

野球部には京都府だけでなく、近畿圏の広い範囲から入学していることがわかります。


スポンサーリンク

福知山成美高校(私立)の学校データ紹介・卒業生には誰がいる?

福知山成美高校(私立)ってどんな高校なのか?

学校データと卒業生には誰がいるのかを紹介します。

 

福知山成美高校データ

【住所】
福知山市堀3471-1

【学校創立】
1871年

【生徒数】
男子537人
女子379人

【野球部創部】
1924年

【野球部監督】
井本自宣

【野球部員数】
2年生35人
3年生28人

 

福知山成美高校は過去に春2回、夏4回
甲子園出場経験がある学校です。

 

福知山成美高校の主な卒業生には、

  • 柳田殖生さん(中日)
  • 横山徹也さん(オリックス)
  • 桑原将志さん(DeNA)
  • 角谷建耀知さん(わかさ生活社長)
  • 千原せいじ(お笑いタレント)

などがいます。

 

まとめ:福知山成美高校野球部のメンバー2019の出身中学と注目選手

ここではセンバツ2019に出場する福知山成美高校野球部について、

  • メンバーの出身中学一覧
  • 注目選手の小橋翔大投手

について紹介してきました。

 

5年前のセンバツではベスト8まで勝ち進んだ福知山成美高校。

夏の甲子園もベスト8が最高成績です。

 

京都府内では同じくセンバツ2019に出場する龍谷大平安高校が古豪。

それに対し福知山成美高校は近年力をつけてきた学校という印象があります。

 

投手と野手からそれぞれ一人の主将を立てる”ダブル主将”というユニークな体制を敷く福知山成美高校野球部。

センバツ2019ではベスト8の壁を突破することができるのでしょうか?

 


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です