智弁和歌山野球部メンバー2019の出身中学と注目選手は?

昨年の春のセンバツは準優勝だった智弁和歌山野球部。

夏の甲子園はまさかの初戦敗退でしたが、新チームとなって2019年春のセンバツに出場します。

 

そこで今回は、

「智弁和歌山野球部メンバーの出身中学が知りたい」

「春のセンバツの注目選手は?」

そんな疑問と要望にお答えします。

 

ここで紹介する内容は、

  • 智弁和歌山野球部メンバー2019の出身中学一覧
  • 注目選手は中学時代関西№1スラッガーの黒川史陽!
  • 智弁和歌山高校(私立)の学校データ紹介・卒業生には誰がいる?

です。

 

それではまず智弁和歌山野球部メンバーの2019出身中学から見ていきましょう。


スポンサーリンク

智弁和歌山野球部メンバー2019の出身中学一覧

ここでは前年2018年の秋季近畿大会に出場した智弁和歌山野球部メンバーの出身中学を一覧でまとめます。

2019年春のセンバツでもこのメンバーの多くが引き続きベンチ入りすると思われます。

 

※最新情報が入り次第更新します。

名前守備学年出身中学
1池田 陽佑3宇治市立宇治中(京都)
2東妻 純平3和歌山市立紀伊中(和歌山)
3佐藤 樹3紀の川市立貴志川中(和歌山)
4黒川 史陽3河合町立河合第一中(奈良)
5綾原 創太2和歌山市立貴志中(和歌山)
6西川 晋太郎3有田市立保田中(和歌山)
7根来 塁3紀の川市立貴志川中(和歌山)
8細川 凌平2京都市立嵯峨中(京都)
9久保 亮弥3紀宝町立矢渕中(三重)
10入江 諒3和歌山市立高積中(和歌山)
11池田 泰騎2堺市立登美丘中(大阪)
12湯浅 公貴3みなべ町立南部中(和歌山)
13川上 珠嵐2和歌山市立東和中(和歌山)
14平田 晃将2堺市立福泉南中(大阪)
15硲 祐二郎3和歌山市立東中(和歌山)
16小林 白彪2由良町立由良中(和歌山)
17山本 雄太3和歌山市立西脇中(和歌山)
18小林 樹斗2美浜町立松洋中(和歌山)

(学年は2019年4月時で記載)

 

メンバー18人の出身県内訳は、

和歌山 → 12人
京都  → 2人
大阪  → 2人
奈良  → 1人
三重  → 1人

です。

私立高校で野球強豪校ということもあって、近畿圏から幅広く野球部員が集まっている印象です。


スポンサーリンク

智弁和歌山高校の注目選手は中学時代に関西№1スラッガーと言われた黒川史陽!

中学時代には「関西ナンバーワンスラッガー」と言われていた黒川史陽(くろかわふみや)選手。

彼が智弁和歌山高校のキャプテンを務めます。

昨年2018年のセンバツ準優勝メンバーで、夏の甲子園にも出場している注目選手のひとりです。

甲子園での経験豊富なところが彼の強み。

 

甲子園ではすでに7試合に出場している黒川史陽選手の甲子園での成績はというと、

黒川史陽甲子園での成績

【打 率】.346
【本塁打】1
【打 点】7
【四死球】7
【出塁率】.485

となってます。

四死球が多いことからわかるように、選球眼がよくて出塁率が高いのが特徴です。

 

智弁和歌山高校の中谷仁監督は、

「練習量と野球に取り組む姿勢は、僕が見てきた中でもナンバーワン」

と黒川史陽選手を評しています。

彼をキャプテンに任命したのには、こういったチームの模範となる姿勢にもあると感じます。

 

強打に加えて勝負強さも兼ね備えた黒川史陽選手。

豊富な経験を糧に智弁和歌山高校を牽引する姿に注目です!

智弁和歌山高校(私立)の学校データ紹介・卒業生には誰がいる?

智弁和歌山高校(私立)ってどんな高校なのか?

学校データと卒業生には誰がいるのかを紹介します。

 

智弁和歌山高校データ

【住所】
和歌山市冬野2066-1

【学校創立】
1978年

【生徒数】
男子445人
女子341人

【野球部創部】
1979年

【野球部監督】
中谷仁

【野球部員数】
2年生12人
3年生12人

 

智弁和歌山高校は過去に春12回、夏23回
甲子園出場経験がある学校です。

 

智弁和歌山高校の主な卒業生には、

  • 西川遥輝さん(日本ハム)
  • 岡田俊哉さん(中日)
  • 東妻勇輔さん(ロッテ)
  • 林晃汰(広島)

などがいます。

 

まとめ:智弁和歌山野球部メンバー2019の出身中学と注目選手

ここでは智弁和歌山野球部メンバー2019の出身中学と注目選手についてお届けしました。

「名将」と言われた高嶋仁さんが昨年の夏の甲子園を最後に勇退し、転換期を迎えている智弁和歌山野球部。

そんな中でも春のセンバツ出場を決めたところは”さすが”と言わざるを得ません。

 

昨年の春のセンバツ決勝で破れた大阪桐蔭高校には、秋の近畿大会でしっかりリベンジしました。

このことがが新チームの自信になっているかもしれませんね。

 

ここで紹介した黒川史陽選手以外にも、細川凌平選手をはじめ好選手がチームにはそろっています。

なんといっても甲子園での経験がある選手がチームにいることが強みです。

 


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です