履正社高校野球部メンバー2019の出身中学と注目選手は?

昨年秋の近畿大会では準決勝で敗退したものの、春のセンバツ2019の出場が決まった履正社高校野球部。

そこで今回は、

「履正社高校野球部メンバーの出身中学が知りたい」

「履正社高校の春のセンバツ注目選手は?」

そんな疑問と要望にお答えします。

 

ここで紹介する内容は、

  • 履正社高校野球部メンバー2019の出身中学一覧
  • センバツ2019の履正社高校注目選手は最速145キロの左腕・清水大成!
  • 履正社高校(私立)の学校データ紹介・卒業生には誰がいる?

です。

 

それではまず履正社高校野球部メンバー2019の出身中学から見ていきましょう。


スポンサーリンク

履正社高校野球部メンバー2019の出身中学一覧

ここでは前年2018年の秋季近畿大会に出場した履正社高校野球部メンバーの出身中学を一覧にまとめてます。

秋季近畿大会でのメンバーの多くが、2019年春のセンバツでのベンチ入りすると予想されます。

 

※最新の情報が入り次第随時更新します。

名前守備学年出身中学
1清水 大成3丹波市立氷上中(兵庫)
2野口 海音3松原市立松原第四中(大阪)
3浦野 皓太3大阪市立旭陽中(大阪)
4西川 黎3神戸大付属中(兵庫)
5小深田 大地2姫路市立飾磨中部中(兵庫)
6野上 聖喜3東大阪市立長栄中(大阪)
7田上 奏大2大阪市立住之江中(大阪)
8桃谷 惟吹3神戸市立湊川中(兵庫)
9井上 広大3大東市立南郷中(大阪)
10植木 佑斗3伊丹市立荒牧中(兵庫)
11岩崎 峻典2大阪市立大宮中(大阪)
12前川 虎太郎2安堵町立安堵中(奈良)
13大西 蓮2加古川市立両荘中(兵庫)
14池田 凛2東大阪市立英田中(大阪)
15中原 雄也2八尾市立久宝寺中(大阪)
16山本 啓太3大阪市立此花中(大阪)
17坂口 敦也3尼崎市立常陽中(兵庫)
18坂本 大樹3加東市立東条中(兵庫)

(学年は2019年4月時で記載)

 

野球部メンバーの出身中学の県別内訳は、

大阪 → 9人
兵庫 → 8人
奈良 → 1人

になります。


スポンサーリンク

センバツ2019の履正社高校注目選手は最速145キロの左腕・清水大成!

履正社高校の春のセンバツ2019での注目選手はエースナンバーを背負う清水大成投手です!

1年生の夏からベンチ入りしている清水大成投手。

昨年夏の北大阪大会準決勝では悔しい思いをしました。

準決勝の相手は後に夏の大会を制した大阪桐蔭高校。

2番手ピッチャーとして登板した清水大成投手は、ひとつもアウトを奪えずに降板しました。

チームも9回に逆転を許し、大阪桐蔭高校をあと一歩のところまで追い詰めながら敗れてしまいました。

 

清水大成投手は、

「先輩たちの夏で重圧に耐えきれなかった」

と語っています。

この悔しい思いを胸に練習に励み、秋季近畿大会ではチームを準決勝まで導きました。

2019センバツでも投球が注目されます。

 

清水大成投手は、最速145キロのストレートに加えて、スライダー、カーブ、カットボールを投げ分けるピッチャーです。

左腕で145キロを投げる高校生ピッチャーはなかなかいません。

センバツ出場を確実にした秋季近畿大会の準々決勝・福知山成美戦では被安打3、12奪三振で完封勝利を収めています。

 

今秋のドラフト候補とも言われている清水大成投手。

昨夏に悔しい思いをした選手が多く残る履正社高校の中でも特に注目したい選手のひとりです。

履正社高校(私立)の学校データ紹介・卒業生には誰がいる?

履正社高校(私立)ってどんな高校なのか?

学校データと卒業生には誰がいるのかを紹介します。

 

履正社高校データ

【住所】
豊中市長興寺南4-3-19

【学校創立】
1922年

【生徒数】
男子758人
女子357人

【野球部創部】
1922年

【野球部監督】
岡田龍生

【野球部員数】
2年生32人
3年生26人

 

履正社高校は過去に春7回、夏3回
甲子園出場経験がある学校です。

 

履正社高校の主な卒業生には、

  • 山田哲人さん(ヤクルト)
  • T-岡田さん(オリックス)
  • 岸田護さん(オリックス)
  • 寺島成輝(ヤクルト)
  • 安田尚憲(ロッテ)

などがいます。

 

まとめ:履正社高校野球部メンバー2019の出身中学と注目選手

大阪府では大阪桐蔭高校とともに強豪校の1校として知られている履正社高校。

私立高校ですが、他の強豪校のように寮があるわけでなく共同生活をしているわけではありません。

野球部員の出身中学も大阪府を中心とした近畿圏に集まっています。

そんな中でもセンバツ出場を決めて有力校のひとつとして挙げられるのは、さすがといったところです。

 

注目選手として紹介した清水大成投手は、現在ヤクルトに所属している履正社高校OBの寺島成輝投手に憧れて履正社高校に入学しました。

後にドラフト1位でプロ入りした寺島成輝投手のように、甲子園での活躍が期待されます。

 

春のセンバツは準優勝が2度ある履正社高校。

3度目の正直で果たして優勝できるのか?注目が集まります。

 


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です