津田学園野球部メンバー2019の出身中学とセンバツ注目選手は?

津田学園高校野球部メンバー 出身中学

昨秋の東海大会で準優勝の津田学園高校野球部。予想どおり春のセンバツ2019の出場が決定しました!

津田学園高校は春のセンバツは3回目の出場になります。

そこで今回は、

津田学園高校野球部メンバー2019の出身中学が知りたい!
春のセンバツの津田学園の注目選手はだれ?

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事は津田学園高校野球部の2019年メンバーについて深く知りたい人に向けてます。

それではまず春のセンバツベンチ入りメンバーから見ていきましょう!


スポンサーリンク

津田学園野球部メンバー2019の出身中学とセンバツ注目選手

2019年春のセンバツ高校野球大会に出場する津田学園高校野球部。

ここではベンチ入りメンバー18人の出身中学と注目選手を順に紹介します。

 

ガイア
三重県内では強豪校として知られてますね!

【センバツ2019】津田学園高校野球部ベンチ入りメンバーの出身中学

名前 守備 学年 出身中学
1 前 佑囲斗 3 亀山市立亀山中(三重)
2 阿萬田 琉希 3 南あわじ市立三原中(兵庫)
3 小林 世直 2 桑名市立長島中(三重)
4 前川 夏輝 3 津市立一身田中(三重)
5 松尾 夏希 3 武豊町立武豊中(愛知)
6 大音 壱汰 3 敦賀市立粟野中(福井)
7 石川 史門 3 東員町立東員第一中(三重)
8 渡邉 保育 3 名古屋市立はとり中(愛知)
9 藤井 久大 3 明石市立二見中(兵庫)
10 降井 隼斗 3 四日市市立三滝中(三重)
11 榮 龍騰 2 神戸市立高倉中(兵庫)
12 岩戸 隼樹 2 東海市立富木島中(愛知)
13 岩本 太一 3 尾鷲市立尾鷲中(三重)
14 水谷 響 3 桑名市立多度中(三重)
15 谷頭 幹太 2 若狭町立三方中(福井)
16 中村 宇亜 2 神戸市立魚崎中(兵庫)
17 伊藤 侑希 3 東員町立東員第一中(三重)
18 髙手 亮佑 3 愛西市立永和中(愛知)

(学年は2019年4月時で記載)

 

野球部メンバー18人の出身中学の県別内訳は、

三重 → 8人
愛知 → 4人
兵庫 → 4人
福井 → 2人

になります。

 

なお、ベンチ入りメンバーは怪我など不足の事態により直前に変更になることがあります。

情報が入り次第、最新の情報に更新します。

 

津田学園のセンバツ注目選手は最速148キロの右腕・前佑囲斗!

津田学園高校のセンバツ注目選手は、エース右腕の前佑囲斗(まえゆいと)投手です!

前佑囲斗投手は2年生時に打ち込まれてチームが負けたこともあり、悔しさをバネに成長を遂げてきました。

自分の力のなさを痛感した前佑囲斗投手は、ふだんの練習や日常生活での態度も夏以降変わりました。

ストイックに野球に取り組み、秋には体重が5キロ増えて、最高球速も7キロアップの148キロにまで達しました!

 

前佑囲斗投手は、身長182cmで88キロ(公称)ですから、ピッチャーとして恵まれた体格です。

 

さらに力で抑えるだけでなく「緩急をつけたストレート」も使い分けるようになりました。

この投球術は、日本ハムに入団して昨夏の甲子園を沸かせた吉田輝星投手のマネをしたそうです。

 

将来はプロを志望しているという前佑囲斗投手。

その前にセンバツ2019での活躍にも注目が集まります!


スポンサーリンク

 

ここではセンバツ2019に出場する三重県の津田学園高校野球部について、

  • 野球部メンバーの出身中学
  • センバツの注目選手・前佑囲斗投手

について見てきました。

センバツ2019を少しでも楽しむ糧となれば幸いです。

 

三重県勢は昨年の春のセンバツでは三重高校がベスト4まで進みました。

優勝した大阪桐蔭高校をあと一歩のところまで追い詰めましたが惜敗…

同じ三重県勢として昨年のセンバツの悔しさを晴らしたいところでしょう。

 

前佑囲斗投手という好投手がいるだけに躍進する可能性もあります。

津田学園高校の甲子園での最高成績は2回戦なので、まずはそれ以上を目指したいところです。

期待しましょう!

 


スポンサーリンク

いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です