盛岡大付属高校野球部メンバー2019の出身中学!わんこそば打線の注目選手は?

昨年の秋季東北大会では準優勝に終わったものの、順当に春のセンバツ2019の出場が決まった盛岡大付属高校野球部。

甲子園出場の常連校となった感もあります。

 

そこで今回は、

「盛岡大付属高校野球部メンバーの出身中学が知りたい!」

「盛岡大付属高校の春のセンバツ注目選手は誰?」

そんな疑問と要望にお答えします。

 

ここで紹介する内容は、

  • センバツで”わんこそば打線”の注目選手は峰圭哉!
  • 盛岡大付属高校野球部メンバー2019の出身中学一覧
  • 盛岡大付属高校(私立)の学校データ紹介・卒業生には誰がいる?

です。

 

それではまず注目選手から見て行きましょう。


スポンサーリンク

センバツで”わんこそば打線”の注目選手は峰圭哉!

盛岡大附属高校の注目選手は、正直全員といいたいくらいです。

2019年のチームは打力がみんな活発で、まさに”わんこそば打線が止まらない”といった印象…

ですが、中でも注目選手を挙げるとするならば峰圭哉選手です。

 

峰圭哉選手は、守備の要としても非常に期待が高い選手です。

ショートでは堅実な守備で内野を盛り立てます。

セカンドを守っていることもあり、選抜高校野球大会ではどちらのポジションを守るかも注目が集まります。

栃木県から盛岡大付属高校に進学をし二年生の夏からレギュラーをつかみ活躍していました。

しかし二年生の夏は決勝で花巻東に敗れ、聖地甲子園に行くことは叶いませんでした。

悔しさを知ったみちのくの好打者は、秋の大会でも活躍をみせ見事にチームを選抜高校野球に導きました。

東北勢悲願の甲子園初優勝は間違いなく彼の力なくしては叶わないので堅実な守備とシュアな打撃をぜひ注目してみてもらいたいです。

打席での振る舞い方も高校生とは思えないので、そこにも注目です!

盛岡大付属高校野球部メンバー2019の出身中学一覧はこちら!

ここでは前年2018年の秋季東北大会に出場した盛岡大付属高校野球部メンバーの出身中学を一覧表にまとめてます。

2019年春のセンバツでもこの一覧に挙げた選手が主となってベンチ入りすると予想されます。

 

※最新情報は随時更新していきます。

名前守備学年出身中学
1阿部 秀俊3一関市立一関東中(岩手)
2島上 眞綾3西宮市立学文中(兵庫)
3及川 温大3奥州市立水沢南中(岩手)
4佐々木 俊輔3北上市立飯豊中(岩手)
5小野寺 颯斗3奥州市立水沢南(岩手)
6峰 圭哉3上三川町立明治中(栃木)
7平賀 佑東3盛岡市立大宮中(岩手)
8小川 健成3大阪市立大正東中(大阪)
9岡田 光輝3大阪市立大正西中(大阪)
10木内 優成3雫石町立雫石中(岩手)
11石井 駿大朗2綾瀬市立綾北中(神奈川)
12松原 瑠来3仙台市立七郷中(宮城)
13竹ヶ原 大輝3栗原市立志波姫中(宮城)
14早川 公平3池田氏立渋谷中(大阪)
15小島 乃3三沢市立第二中(青森)
16村上 颯3宝塚市立御殿山中(兵庫)
17大谷 智啄3前橋市立第七中(群馬)
18坂口 恭真3伊丹市立天王寺川中(兵庫)

(学年は2019年4月時で記載)

 

野球部メンバーの出身中学を県別にわけてみると、

岩手  → 6人
大阪  → 3人
兵庫  → 3人
宮城  → 2人
青森  → 1人
神奈川 → 1人
栃木  → 1人
群馬  → 1人

となります。

 

野球の強豪校だけあって、関東や近畿圏出身の選手が多く在籍しているのが目につきます。


スポンサーリンク

盛岡大付属高校(私立)の学校データ紹介・卒業生には誰がいる?

盛岡大付属高校(私立)ってどんな高校なのか?

学校データと卒業生には誰がいるのかを紹介します。

 

盛岡大付属高校データ

【住所】
盛岡市厨川5丁目4-1

【学校創立】
1958年

【生徒数】
男子332人
女子229人

【野球部創部】
1980年

【野球部監督】
関口清治

【野球部員数】
2年生39人
3年生39人

 

盛岡大付属高校は過去に春4回、夏10回
甲子園出場経験がある学校です。

 

盛岡大付属高校の主な卒業生には、

  • 松本裕樹さん(ソフトバンク)
  • 比嘉賢伸さん(巨人)
  • 山川恵里佳さん(タレント)

などがいます。

 

まとめ:盛岡大付属高校野球部メンバー2019の出身中学と注目選手

この記事では、

  • センバツの注目選手は峰圭哉選手
  • 盛岡大付属高校野球部メンバー2019の出身中学

という内容で紹介してきました。

”わんこそば打線”という異名がついているとおり、今年も強力打線は健在です。

盛岡大付属高校は昨年夏は甲子園出場がならず、新チームは夏に40連戦で鍛え上げてきました。

関口監督は、

「まだまだ選手の体の線が細く、体力もついていない」

と課題はあるようです。

冬を越しての強化がセンバツ2019で発揮できるのか?

期待したいところです。

 


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です