八戸学院光星野球部のメンバー 出身中学一覧【夏の甲子園2018】

第100回目の記念大会を迎える2018年の夏の甲子園。

今年は8月5日に開幕します。

青森県の代表は八戸学院光星高校で、2年ぶり9回目の甲子園出場になります。

ほはや甲子園の常連校となった八戸学院光星高校。

ここでは八戸学院光星野球部メンバーの出身中学一覧と、青森県大会予選の結果をお伝えします。

巨人の坂本と阪神の北條の母校だ!

スポンサーリンク

八戸学院光星野球部のメンバーの出身中学一覧【夏の甲子園2018】

2018年の夏の甲子園青森県代表、八戸学院光星高校野球部のメンバーの出身中学一覧です。

番号名前学年出身中学
1福山 優希3青森県八戸市市川中
2秋山 龍生3茨城県取手市戸頭中
3但井 智哉3鳥取県岩美町岩美中
4近藤 俊太3神奈川県横浜市秋葉中
5下山 昴大2青森県弘前市第四中
6武岡 龍世2徳島県吉野川市鴨島第一中
7東 健太郎3大阪府堺市上野芝中
8長南 佳洋3福島県郡山市安積中
9矢野 虎弥3大阪府大阪市大阪産業大附中
10中村 優雅3岩手県久慈市長内中
11後藤 丈海2大阪府大阪市城陽中
12松谷 隆誠3大阪府藤井寺市藤井寺中
13近藤 遼一2奈良県桜井市桜井西中
14島袋 翔斗2沖縄県那覇市古蔵中
15豊田 勝利3大阪府茨木市南中
16伊藤 大将2大阪府寝屋川市寝屋川第九中
17北林 英治3滋賀県甲賀市土山中
18吉田 和永3大阪府松原市松原第六中
19山田 怜卓2京都府向日市寺戸中
20太山 皓仁2大阪府大阪市加美南中
21成田 太一3大阪府柏原市玉手中

 

2018年の八戸学院光星高校野球部のメンバーの出身県内訳は、

青森県2人
大阪府9人
岩手県1人
福島県1人
茨城県1人
神奈川県1人
滋賀県1人
京都府1人
奈良県1人
徳島県1人
鳥取県1人
沖縄県1人

です。

野球留学生を非常に多く受け入れている学校です。

青森県内出身の選手はわずか2人で、大阪出身の選手が8人を占めています。

日本全国から小・中学校時代に野球が上手だった選手が集まってくる学校なので、近年甲子園でも良い成績を残しているとも言えます。

野球うまい子はみんな強いとこに行きたいよね…

 

【野球部メンバーに地元出身者が少ない学校】

 


他の代表校も合わせてごらんください♪
代表校出身中学まとめページはこちら

スポンサーリンク

八戸学院光星野球部の夏の甲子園2018、青森県大会予選の結果

2018年夏の甲子園、八戸学院光星野球部の青森県大会の予選結果です。

八戸学院光星高校は2回戦からの登場で、5試合を勝ち抜いての甲子園出場です。

2回戦(2018/07/12)
八戸学院光星 8-1 八戸工業

3回戦(2018/07/15)
八戸学院光星 7-0 五所川原

準々決勝(2018/07/18)
八戸学院光星 10-0 大間

準決勝(2018/07/20)
八戸学院光星 15-7 青森山田

決勝(2018/07/22)
八戸学院光星 6-4 弘前学院聖愛

八戸学院光星野球部のメンバー 出身中学一覧まとめ

八戸学院光星高校の出身で有名な選手といえば、読売ジャイアンツの坂本選手、阪神タイガースの北條選手などがいます。

彼らも近畿出身の選手で、八戸学院光星(当時は光星学院)高校に野球留学しています。

八戸学院光星高校といえば、おととし2016年の東邦高校との試合で大逆転負けを喫して悔しい思いをしましたね。

甲子園のスタンド全体がタオルを振っての応援で、社会現象といってもいいぐらいに話題になりました。

このときは球場全体が敵になったみたいで選手たちがかわいそうでした…

この時の悔しさを胸に秘めて今年の選手たちは甲子園にやってくるはずです。

八戸学院光星高校は毎年いい選手が揃っている実力校ですので注目です!

2019メンバーには「坂本勇人の後継者」も!

 


いいな!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です