森保一の戦術は?西野朗監督との違いを徹底分析!

サッカー

サッカー日本代表の監督就任がウワサされている森保一さん。

彼はサッカーの監督としてどのような戦術をとる監督なのでしょうか?

前日本代表監督の西野朗さんとの戦術の違いについても徹底解説します。

森保一の戦術とは?

森保一さんはサンフレッチェ広島時代にポゼッションサッカーをしてきました。

ボランチを中心としてパスを回し、前線の選手が流動的に動き回ってチャンスを作ってきた、という戦術です。

一方、守備ではしっかりとラインを作って、行けるところでプレスをかけて、奪ったら素早くパスをつないでショートカウンターを狙います。

また、フォーメーションとしては3-4-2-1でしたので3バックでの戦術を好んでいるかもしれません。

大雑把にいうとこんな感じですが、細かいところをここから触れていきます。

まず、運動量のある選手を好みます。

特に3バックでいうウイングバックの選手には相当な運動量が求められます。

守備時には5バック、攻撃時にはクロスを上げるために深い位置まで上がることが求められています。

さらに攻撃時は、片方が攻め片方が守りといった感じでバランスをとることも求められています。

また、他のポジションの選手もアタッカーはサイドを流動的に動いたり、裏への飛び出しが求められています。

ボランチも攻撃時はパスをつなぎながらペナルティーエリア付近まで上がったり、ウイングバックの上がったサイドの穴をケアしたりと運動量が求められています。

ただしポゼッション重視なので、パスはロングパスよりはショートパスの方が多いです。

攻撃時は持っていない選手の動き出しに対して運動量が求められているといった感じです。

守備時は全員が自陣に戻って相手のパスミスをカットして細かく素早くつなぐといったサッカーです。

まとめると、

  • 守備時は5バックを作り、真ん中を固めつつプレスをかけてボールを奪う。
  • 攻撃時は、ボランチを中心として細かくパスをつないでポゼッションを高めつつ、アタッカー陣が流動的に動きながら裏への飛び出しを狙う

これが森保一さんが好む戦術です。


スポンサーリンク

西野朗監督と森保一さんの戦術の違いとは?

広島での森保一監督の戦術と比べて大きく違うのはまずフォーメーションです。

西野朗監督は4-2-3-1で、森保一監督は3-4-2-1です。

実際に親善試合では西野朗監督が3-4-2-1を試していましたが、あまり3バックをやったことがなかったので失敗したのかもしれません。

また両監督ともパスを重視するのですが、それぞれ違った特徴があります。

まず西野朗戦術の特徴は、基本的にポジションを守ってプレーさせることです。

ロシアW杯で言えば乾と長友が左サイド、原口と酒井宏樹が右サイドです。

したがって、起点を作るときに左サイドは乾と長友、右サイドは原口と酒井宏樹が中心でそこに香川や柴崎が加わりチャンスを作っていきます。

一方森保一さんは、戦術は基本的にポジションが流動的です。

さっきでいえば乾や長友が右サイドに行ったり、原口と酒井宏樹が左サイドに行ったりします。

もっというと、ワントップである大迫も左右に流れて起点を作ることもあるということです。

次に両監督で違う戦術の特徴としてはワントップの考え方です。

簡単に言うなら西野朗監督は大迫、森保一監督は岡崎です。

西野朗監督は攻撃の切り替えの時に大迫にパスを出させてキープしてから上がってきた選手にパスを出すという大迫のキープ力を重宝していました。

一方、森保一監督なら攻撃の切り替え時に裏への抜けだしを求めます。

したがってワントップに対して、西野朗監督はキープ力を重視し、森保一監督は一瞬のスピードを重視します。

それ以外には守備戦術でしょうか。

西野朗監督はボランチにはサイドのケアも含めて守備をさせ、森保一監督は真ん中を固めるといった違いがあります。

W杯のベルギー戦で最後カウンターを食らいましたが、本来ならば森保一さんの戦術の方がウイングバックが上がっていたサイドを崩されてやられやすいのです。

一方の西野朗戦術は真ん中から崩れてやられやすいのです。

まとめると、大きな違いは西野戦術がポジションを守らせてしっかりとDFラインを作り、森保戦術は流動的に選手を動かしながら真ん中だけはしっかりと固めておくといったところです。

森保一さんに対するネット上の反応

戦術を不安視する声もあるけどモチベーターとしては日本屈指だし堅実な監督だから大丈夫だ
広島の監督で結構活躍してたから嫌いじゃない。どんな戦術でどんな選手使うか楽しみ
トルシエのように、オリンピック世代とA代表を一貫して指揮するのは戦術の洗練に繋がるし、特に東京五輪世代には4年後のW杯出場が期待できる才能ある選手が多い。それにJリーグ史上、日本人監督としては歴代1位の手腕だと思うんだけど。
本田は監督業に興味あるみたいだから、可能であればブレーイングマネージャーやれば面白い。FK俺!みたいな。森保氏はなんか面白くないんだよな。名波かな〜。
森保一が次期監督って良いね!安年俸のサンフレッチェの黄金期を創った。代表時代も不動のDHでしたよね。面白い!!
我が国も、森保一で6年ぐらいねやりたいね
四方八方から恫喝された揚げ句の就任だとすれば、森保一がかわいそうです。
森保一でいいかなって思ってる。戦績も良いし若いし。

森保一の戦術と西野朗監督との違いまとめ

森保一さんが好む戦術と西野朗監督との違いを紹介してきましたが、そちらの戦術にも一長一短はあります。

4年後のワールドカップはベスト8以上が目標になるサッカー日本代表。

ロシアW杯では「高齢化」が散々言われてきました。

長谷部誠選手をはじめ、日本代表から引退を宣言している選手もいますし、森保一さんが監督になればまずチームが若返ることが予想されます。

森保一さんはA代表よりも下の組織も見ていますし、そこに精通しているのは監督をやる上でメリットですよね。

4年で監督を交代させるのではなく、8年、12年と長いスパンでチームを成長させていくことも大切ですよね?

今回は予選リーグで敗退しましたが、ドイツはレーブ監督が10年以上もドイツ代表の監督を務めてます。

その過程で選手の育成システムも見直して、2014年のブラジルW杯の優勝へと繋げました。

日本代表も見習うべきですね。

サッカー日本代表がw杯の頂点に立つ日はいつくるのでしょうか?

まずは森保一さんをはじめとした監督の人選からですね。



最後までごらんいただきありがとうございます!

ハロ男

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

当サイトでは今後もスポーツの興味深い新しい情報を配信していきます♪

 

今回の記事の感想やご意見などございましたらコメント欄よりコメントをいただけたら嬉しいです!

 

LINE@にてお友達登録していただければ、いち早く情報をお届けできますので、よろしければ下のボタンからお友達登録をよろしくお願いいたします!

 

友だち追加