【結果速報】村田諒太がブラントに敗れて王座陥落!反応まとめ「ゴロフキンとはレベルが違いすぎる」

ボクシング

ラスベガスで日本時間の10月21日に行われた村田諒太のWBAミドル級のタイトル防衛戦の結果速報!

村田諒太はロブ・ブラントに12R判定負けでミドル級王座陥落…

チャンピオンベルトを失いました。

ファンの反応をまとめます。



結果速報!村田諒太が12R判定負けでミドル級王座陥落!

これまで日本人が入ってくることができなかった「超ハード」なミドル級という階級。

この階級ではタイトルを獲得することはもちろん、タイトルを防衛することもカンタンではありません。

しかも相手は村田諒太にとって「史上最強」とも言えるロブ・ブラント。

タイトルマッチの開催地もアメリカ・ラスベガスとあって、村田諒太にとっては「アウェー」に近い状態。

そして村田諒太はブラントの前に12R判定負けを喫し、ミドル級王座から陥落しました…

手数で明らかに上回っていたブラント。
村田諒太をよく研究していたのが納得のボクシングでした。

村田諒太の調整不足もささやかれている今回のミドル級タイトルマッチ。

村田諒太の王座陥落に「引退か?」との声も!



村田諒太判定負けへの反応まとめ



まとめ

1Rから手数が多かったロブ・ブラント
ブラントの積極的な戦いぶりが印象的でした。

序盤からパンチを受けながらもときおり笑みを見せていた村田諒太。

余裕を見せていた?ようにも見えましたが、ファンはからは「ニヤニヤしててチャンピオンらしくない」という反応もありました。

逆に「カッコイイ」という声もありましたが、手数ではブラントが上回っていました。

逆に村田諒太はパンチの重さで勝っていたように見えました。

しかし結果は村田諒太の敗北…。

  • 手数の少なさ
  • 目立ったクリーンヒットなし
  • 村田諒太にとってはアウェー

といったこともあっての判定負けだったように感じます。

ここから再びミドル級王座を奪還するのは至難の業です…

これから村田諒太はどこに向かっていくのか?
ゴロフキンとの対戦も幻に?
ボクシング引退か?
注目です。



最後までごらんいただきありがとうございます!

ハロ男

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

当サイトでは今後もスポーツの興味深い新しい情報を配信していきます♪

 

今回の記事の感想やご意見などございましたらコメント欄よりコメントをいただけたら嬉しいです!

 

LINE@にてお友達登録していただければ、いち早く情報をお届けできますので、よろしければ下のボタンからお友達登録をよろしくお願いいたします!

 

友だち追加