クリンスマン監督の戦術と経歴は?評価まとめ「好みがはっきりした監督?」

次期サッカー日本代表監督就任が「決定的」とウワサされているユルゲン・クリンスマン氏。

現役時代を見ていて好きな選手の一人だった私にとっては感慨深いものがありますが、半面「まさか日本がクリンスマン監督になるの?!」という思いもあります。

現役時代は「点取り屋」だったクリンスマン。

クリンスマン監督としての経験も豊富なので、彼の好む戦術や経歴、評価をここではご紹介します。




クリンスマン監督が好む戦術と評価

監督としてのユルゲン・クリンスマン氏は、2004年からドイツ代表、バイエルン・ミュンヘン、アメリカ代表を歴任し、若手や欧州クラブで活躍する選手を積極的に起用するなど、大胆な改革を進める傾向があります。

華やかな実績とは裏腹な堅実な生活ぶり、真面目で勤勉な性格、指導方法はスパルタ式の厳しいもので、選手やメディアに対する心理的アプローチの手法が優秀、しかしながら戦術的な精巧さには欠けるという評価を受けています。

その一方で、苦戦しながら批判を受けたり成績不振で解任されることもありましたが、W杯2006年ドイツ大会では代表を3位、2014年ブラジル大会ではアメリカをベスト16進出と、それなりの結果を残しています。

「どの監督にも好みの選手とそうでない選手がいる」

と語っており、選手の好みがはっきりした監督のようです。

現ドイツ監督のレーヴ監督は、クリスンマン氏がドイツ代表監督時代のコーチで右腕だった人物で、外見上は陽と陰のような対照的な印象です。

元浦和レッズ監督のブッフバルト氏とは親しい関係です。

このような素晴らしい方が果たして本当に日本に来るのでしょうか…。




クリンスマン監督の経歴

2022年W杯カタール大会を目指すサッカー男子日本代表監督として、前ドイツ代表監督ユルゲン・クリンスマン氏(53)の就任が決定的という報道がされています。

真偽はともかく、日本サッカーの監督ならば初めてのドイツ人となるクリンスマン氏。

その経歴はどのようなものでしょうか?

現役時代

ユルゲン・クリンスマン氏は、旧西ドイツ出身の元サッカー選手です。

現役時代(1978-1998)のポジションは、センターフォワード。

VfBシュトゥットガルトで得点王に輝き、その後セリエA・インテル・ミラノ、モナコ、トッテナム、バイエル・ンミュンヘンと有名クラブを渡り、数々の得点記録や所属クラブでの優勝経験を持つ選手でした。

クリンスマンは代表経験も豊富で、3度のW杯に出場し、2大会ともゴールを決めており総得点数は11点、通算成績は108試合47得点です。

長年主将も務め、2016年はドイツ代表の名誉キャプテンとして選ばれています。

監督として

クリンスマンの監督としてのキャリアは、2004年のドイツ代表(2006年ドイツ大会:3位)から、バイエルンミュンヘン、アメリカ代表(2014年ブラジル大会ベスト16)、現在に至ります。

ドイツとアメリカ合衆国の二重国籍で、奥様はアメリカ人、1年のほとんどはカルフォルニアで過ごしている方です。

クリンスマンの現役時代のプレースタイルと獲得タイトル

プレースタイル

ユルゲン・クリンスマン氏の現役時代のプレースタイルは、“黄金の隼”と呼び名が付くほどの力強さ、スピード感と跳躍力、ダイナミックなヘディングでも有名で、決定力のあるストライカーでした。

常に冷静で決断力もあり、長年キャプテンを務めた人です。

現役時代の獲得タイトル

クラブ
UEFAカップ優勝:2回(1991年・1996年)
ドイツ・ブンデスリーガ優勝:1回(19997年)
ブンデスリーガ得点王:1回(1988年)

ドイツ代表
W杯イタリア大会優勝:1回(1990年)
欧州選手権優勝:1回(1996年)
ソウルオリンピック銅メダル:(1998年)

個人タイトル
ドイツ年間最優秀選手賞:2回(1988年・1994年)
FWA年間最優秀選手賞:1回(1995年)
20世紀の偉大なサッカー選手100人 33位 (ワールドサッカー誌:イギリス 1999年)

ネット上の評価と反応

クリンスマンジャパンは言いにくいな。焼きたてジャパンやな。(クリンスマンの実家はパン屋さん)
日本人監督がいいけどクリンスマンなら仕方ないっていう人材だと思うよ
ベンゲルにはフラれ続け、エメジャケにも断られた。ヒディングも金銭面で折り合いがつかないんだろうし。クリンスマンが来てくれたら悪くないと思うけど。西野が続投するよりも。
西野がせっかく日本サッカーの未来を見せたのに戦術もないフィジカルサッカーしかできないクリンスマンは無いわ
名前で選ぶのは危険。ドイツ代表以降はアナーキーな言動や行動で行く先々で批判も少なくなかった人物。
クリンスマンってそこまで評判良くないな笑 ドイツW杯でドイツを3位に導いたのも彼じゃなくて、当時コーチだったレーブの功績って聞いたし
日本サッカー協会の外国人監督好きはブランド志向の成金みたい。普通に日本人監督でいいと思うけど。
クリンスマンが良いのかな?それならベンゲルの方がいいような…。
協会は理解してるのか?クリンスマンなら間違いなく若手に切り替える。それで勝てなければまた難癖つけて解任するの?
この人選手時代は好きだったな。90年大会の時のインタビューで「普段はボーッとしてるのが好き」とか言ってて、ピッチ上とのギャップを感じた。

クリンスマン監督の戦術と経歴・評価まとめ

ロシアW杯のベスト16の余韻が冷めやらない日本ですが、はやくもクリンスマン監督誕生か?という報道が出ました。

西野監督が短い期間でチームを立て直してベスト16まで導いたので「西野監督が続投すればいいのでは?」という評価が多いのも事実です。

クリンスマンは世界的にも名の知れた選手であり監督です。

ネット上の反応にもありましたが「ブランド志向」と言われるのは、協会がなぜクリンスマンを推しているのかが明確ではないからでしょう。

ハリルホジッチ監督の二の舞にならなければいいのですが・・・と思ってしまいます。

もしクリンスマン監督が誕生すれば、なぜ協会がクリンスマンに白羽の矢を立てたのかに注目したいです。

それよりもまず4年後のワールドカップに向けて、どのようにチームを作っていくのかを明確にしてほしいですね。